S-MAX

dアカウント

NTTドコモ、スマホなどから手軽に少額の贈り物ができるソーシャルギフトサービス「ギフトコ」を12月1日に提供開始!キャンペーンでローソンプレミアムロールケーキが無料に


ソーシャルギフトサービス「ギフトコ」が12月より提供に!

NTTドコモは11日、スマートフォン(スマホ)などで日常のちょっとしたお礼や励ましの気持ちなどを少額のギフトとして手軽に贈ることができるソーシャルギフトサービス「ギフトコ」を2015年12月1日(火)から提供すると発表しています。

利用にはWebサイトおよびアプリで行い、アプリの対応プラットフォームはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)以上およびiOS 8.1以降。各アプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」からアプリをダウンロード・インストールして利用します。

また、2016年2月以降にはスマホなどに加えて、パソコン(PC)からもギフトが贈れるように対応する予定です。なお、ギフトコはNTTドコモの携帯電話を使っていない場合でも利用できる"キャリアフリー"サービスとなっています。

ギフトコの提供開始を記念して、「友達に無料でローソンプレミアムロールケーキを贈ろう」キャンペーンおよびギフトコで「dポイント3倍」キャンペーンが実施されます。

続きを読む

NTTドコモ、dポイントがいよいよ12月にスタート!ドコモポイントから11月25日より順次自動移行――マクドナルドとも提携で、加盟店でも貯まるように


「ドコモポイント」が「dポイント」にリニュアール!

NTTドコモは11日、すでに発表していた契約者向けポイントサービス「ドコモポイント」を「dポイント」に2015年12月1日(火)にリニューアルするにあたって詳細を発表しました。ドコモポイントからdポイントは2015年11月25日(水)から11月30日(月)までの間に自動移行されます。

ドコモポイントではNTTドコモの料金支払いごとに貯まるだけでしたが、dポイントになることでローソンや新たに提携したマクドナルドといった全国約11100店のdポイント加盟店、そして、DHCオンラインショップやソニーストアなど14のdケータイ払いプラス加盟店でポイントを貯めたり、使うことができ、今後も順次拡大予定です。

また、dポイントへ移行することに合わせてポイントを貯めたり、使ったりするための専用カード「dポイントカード」(入会金・年会費無料)を新たに発行するほか、NTTドコモがこれまで提供してきたクレジットサービス「DCMX」もリニューアルし、dポイントカードにクレジット決済機能を搭載した「dカード」を新たに発行します。dカードおよびdカード GOLDは2015年11月20日(金)に受付開始、dポイントカードおよびdカード miniは2015年12月1日(火)に提供開始。

さらに、dカードでの決済なら100円あたり1ポイントが貯まり、2重にdポイントを貯めることが可能で、全世界約3960万店舗のVisa/MasterCard加盟店やiD加盟店(リーダ/ライタ設置数約59万台)がクレジット決済の対象店舗となり、dカードの決済でより多くのポイントが貯まる「dカード特約店」や「dカード ポイントUPモール」ならdカードの利用額に応じたdポイントが通常の決済時のポイント以上に貯まるお得な施策も実施されます。

貯まったdポイントは、dマーケットでの買い物だけでなく、dポイント加盟店やdケータイ払いプラス加盟店での買い物に1ポイント1円(税込)として使うことができ、さらにNTTドコモの回線を契約している人なら携帯電話機などの商品購入、グルメカタログなどの商品などへの交換に使うこともできるほか、毎月の携帯電話利用料金への充当もできるというように使える用途が拡充されます。

なお、dポイントの提供開始に合わせて、約5400万人が加入されているNTTドコモの利用者向け会員プログラム「ドコモプレミアクラブ」は「dポイントクラブ」へと改定され、dポイント獲得数やNTTドコモ回線の継続利用期間、dカードまたはDCMXの契約内容からステージ(4段階)を決定し、ステージに応じた優待特典が提供され、ポイント保有数やお得なキャンペーン情報、優待クーポンなどを一元的に見ることができる「dポイントクラブアプリ」も新たに提供されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。