S-MAX

dキッズ

NTTドコモ、スマホなど向け「dマーケット」の契約数が1000万を突破!月額制のdマガジンおよびdヒッツ、dビデオ、dアニメストア、dキッズの5サービス合計で


NTTドコモの「dマーケット」が1000万契約突破!

NTTドコモは13日、スマートフォン(スマホ)やタブレット向けサービス「dマーケット」で提供する「dマガジン」(月額400円)および「dヒッツ powered by レコチョク(以下、dヒッツ)」(月額300円もしくは500円)、「dビデオ powered by BeeTV(以下、dビデオ)」(月額500円)、「dアニメストア」(月額400円)、「dキッズ」(月額372円)の5つのサービスの契約数が2015年1月11日(日)に合計1000万を突破したと発表しています。

dマーケットではこれらの5つの月額利用料が発生するサービスを中心に提供されており、5つの合計契約者数は2011年11月18日にdビデオを開始以降、2013年3月23日(491日後)に500万契約を突破していたので、サービス開始から約3年ちょっと(1150日後)、500万から1000万までは約2年弱(659日後)で到達しています。価格はすべて税抜。

続きを読む

NTTドコモ、スマホ・タブレット向け「dマーケット」を6月より他社ユーザーにも無料期間提供!31日間無料の子供向けサービス「dキッズ」をau版GALAXY S5で試してみた【レポート】


AppComing(アップカミング)

NTTドコモ(以下、ドコモ)のスマートフォン(スマホ)およびタブレット向けコンテンツサービス「dマーケット」は、ドコモ以外のユーザーでも使えるように認証サービス「docomo ID」とクレジットカード決済によるオープン化を進めている。

昨年より、dゲームおよびdトラベル、dクリエイターズ、dアプリ&レビューが利用できていたが、2月26日からはdブック、dミュージック(月額コースを除く)、dショッピング、d fashion、そして、4月1日からはdビデオ、dヒッツ、dアニメストア、dキッズが対応と、ほぼすべてのdマーケットのコンテンツが回線契約の有無が関係ないキャリアフリーで利用できるようになった。

さらに、6月1日からこれまで各コンテンツごとに設定されている初回無料が利用できなかったdビデオ(7日間)、dヒッツ(7日間)、dアニメストア(7日間)、dキッズ(31日間 )についても、ドコモユーザーと同様にお試しで利用できるようになった。

他社のサービスよりも圧倒的にコンテンツが豊富と言われているdビデオやdアニメストアは、他キャリアのユーザーからすると、回線契約せずに試すチャンスが到来ということで、無料期間対応は他社ユーザーの獲得に有効といえるだろう。

また、0歳から9歳の子供向けコンテンツサービスの「dキッズ」は、31日間の十分な試用期間があり、他社にはない豊富な知育コンテンツを提供している。

時間制限や、dキッズを開始するとスマホやタブレットの他のアプリや機能を勝手に使うことができない仕組みがあり、安心して子供にスマホを渡せるというメリットもある。そこで、今回は無料期間を活用し、au版「GALAXY S5」を用いてdキッズを試してみたのでその模様を紹介する。



続きを読む

NTTドコモ、dビデオやdアニメストア、dヒッツ、dキッズを4月1日からキャリアフリーに対応!他社スマホ利用者などでも利用可能に


dビデオやdアニメストア、dヒッツ、dキッズがキャリアフリー化!

NTTドコモは1日、スマートフォン(スマホ)やタブレット向けポータルサービス「dマーケット」において2014年4月1日(火)より動画配信サービス「dビデオ」やアニメ配信サービス「dアニメストア」、定額制音楽配信サービス「dヒッツ」、子ども向けサービス「dキッズ」をキャリアフリー化するとお知らせしています。

これにより、NTTドコモの回線契約の有無に関わらず、NTTドコモ以外のスマホや・タブレット、パソコンでサービスを利用できるようになります。

すでに以前より4月1日より提供予定としていましたが、予定通り他社スマホなどを利用している人でも認証サービス「docomo ID」を利用することで各サービスが利用できるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、子供向け知育サービス「dキッズ」を11月29日から開始!月額390円でタカラトミーやベネッセ、小学館などのコンテンツを利用可能――機能制限できる「キッズモード」も提供


NTTドコモが子育て家族向け知育サービス「dキッズ」を月額390円で11月29日から開始!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、スマートフォンおよびタブレット向けポータルサービス「dマーケット」の新たなサービスとして、子育て家族向け知育サービス「dキッズ」を2013年11月29日(金)から提供開始すると発表しています。利用料は、月額390円。

dキッズは、ぬりえや絵本、図鑑など、子供の力を育む豊富な知育コンテンツをスマートフォンやタブレットを使って安心して楽しみながら学ぶことができるサービスです。

コンテンツには、タカラトミーエンタメディア「とびだす☆おえかき」で子供が色を塗ったぬりえにスマートフォンをかざすと、AR技術で絵の中の「トミカ」や「リカちゃん」などのキャラクターが3Dアニメとなって動き出したり、ベネッセコーポレーション「しまじろうパーク」で「こどもちゃれんじ」のしまじろうと一緒に、旗上げゲームや間違い探し、迷路などが楽しめるほか、小学館「プレNEOくいずかん」で大人気図鑑プレNEOシリーズのコンテンツを初めてデジタル化し、子供の疑問を解決するなどが用意されています。

さらに、1回の利用時間や子供が利用できるコンテンツを保護者の方が設定できる「キッズモード」を用意。子供がスマートフォンやタブレットを操作する場合も安心できるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。