S-MAX

dケータイ払いプラス

2次元バーコードで簡単決済支払は携帯電話料金合算払いの「d払い」は便利なの?!NTTドコモの新決済サービス発表会を写真と動画で紹介【レポート】


バーコードやQRコードでかんたん決済「d払い」が4月からスタート!

NTTドコモは17日、都内にて「新決済サービスに関する記者説明会」を開催し、新たなスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「d払い」を2018年4月(予定)から提供すると発表した。

d払いは、スマホなどに表示させたバーコードやQRコードを使った決済方法で、買い物代金は毎月の携帯電話料金と合算して支払うことができる。さらに同社のポイントサービス「dポイント」を貯めることや使うことも可能だ。

d払いはおサイフケータイ(FeliCa)やApple Payの機能を持たない機種でも利用可能であり、NTTドコモでは従来通り、電子マネーサービス「iD」などの他の決済サービスと合わせてキャッシュレス化を推進していく。

一方でiDなど、おサイフケータイなどと同じことができることから新たな決済サービスの登場で混乱してしまいがちだが、d払いはこれまでおサイフケータイを利用していないユーザーをターゲットとしたサービスであると理解すれば良い。

もちろん、プリペイド式のチャージが必要な電子マネーより使い勝手が良いこともあり、うまく使い分けるのも良いだろう。また既存の決済サービスも名称を変更して整理されており、いわゆる「キャリア決済」の「dケータイ払いプラス」は「d払い」に統合される。

逆に「ドコモ ケータイ払い」は「ドコモ払い」となり、これらの変更は2018年2月下旬(予定)からとなっており、各加盟店におけるサービス名称表記についても順次変更を行なっていくとしている。

今回はそんなNTTドコモの決済サービスに関して説明会を写真と動画で紹介していき、新たに提供されるd払いの狙いと利用方法を解説する。

続きを読む

NTTドコモ、キャリア決済の毎月の上限額を自分で設定していない場合には最大10万円まで自動変更に!現在の最大5万円から3月より変更


docomoのキャリア決済上限額の一部仕様が3月より変更に!

NTTドコモは9日、毎月の携帯電話などの利用料金と一緒に支払う決済サービス(いわゆる「キャリア決済」)において利用できる金額(ご利用限度額)を自分で任意の金額に変更している場合を除いて2018年3月より上限(設定可能ご利用限度額)と同額になるとお知らせしています。

対象の決済サービスは「ドコモケータイ払い」および「dケータイ払いプラス」、「spモード コンテンツ決済」(Google PlayやApp Store、 iTunes Storeなどでを含む)、dマーケットなどの同社が提供するサービスの電話料金合算払いとなります。

なお、対象となる契約者には事前にメッセージRでお知らせするとのことで、未成年および利用者情報として同社に登録されている年齢が未成年者の場合の上限は月額1万円から変更はないということです。ただし、20歳を超えて以降にこの変更の対象となる場合があるのでご注意ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。