NTTドコモが10.1インチAndroidタブレット「dtab d-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)液晶を搭載したHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製Android 5.1(開発コード名:Lollipop)採用タブレット「dtab d-01H」を発表しています。2015年11月下旬に発売開始予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

dtabシリーズでは2013年1月に発表され、同年3月に発売された初代「dtab」に続く10.1インチモデルで、今年2月に発表・発売された第2弾の8インチタブレット「dtab d-01G」に続く第3弾で、同様にお手頃な価格ながらさらに一体型メタルボディーによる高級感・高品質になりました。

また、基本性能もディスプレイのWXGA(1280×800ドット)からWQXGAへの高解像度化に伴ってオクタコアCPUや2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどと向上しているほか、新たにワンセグおよびフルセグに対応した地上デジタルテレビも視聴可能になっています。

続きを読む