S-MAX

eスポーツ

秋吉 健のArcaic Singularity:日本の未来はeスポーツが変える!ダイバーシティへの可能性について構造的メリットや雇用から考える【コラム】


eスポーツとダイバーシティについて考えてみた!

みなさんは「eスポーツ」と聞いてどんなものを想像するでしょうか。「ただのゲーム大会だろ」と思う人もいるでしょうし、「新しいスポーツとして育てていきたい」と未来を語る人もいるでしょう。しかし、eスポーツを「社会の多様性を支える場」や「新たな雇用の場」として考えたことがある人はどの程度いるでしょうか。

今年1月、東京ビッグサイトで「東京eスポーツフェスタ」というeスポーツの祭典が開催されました。モンスターストライク(モンスト)やパズル&ドラゴンズ(パズドラ)、太鼓の達人など、おなじみのゲームによるトーナメント大会が開催されたほか、eスポーツ関連企業によるブース出展なども行われる中、「eスポーツにおけるダイバーシティの可能性」と題されたステージトークも行われました。

eスポーツとダイバーシティ(多様性)。今までこの組み合わせでeスポーツを考えたことがある一般人はなかなかいないのではないかと思います。しかし、eスポーツは“真の意味”でダイバーシティへの福音となる可能性を大いに秘めた分野なのです。

今年はオリンピックイヤーでもあり、東京オリンピックと並んで東京パラリンピックも開催されます。スポーツにおけるダイバーシティの素晴らしさがクローズアップされる中、eスポーツが示すべきダイバーシティの姿とはどういったものなのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はeスポーツとダイバーシティ、そして「パラeスポーツ」という在り方について、その意義や未来を考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:ビデオゲーム・クライシス!香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案から規制のあり方や正しい関わり方について考える【コラム】


香川県の条例案問題からゲームと子どもの関わり方について考えてみた!

香川県議会は1月20日、子どもたちのネット依存やゲーム依存を防ぐ目的で、コンピューターゲーム(ゲーム)の利用時間を1日60分までとするルールなどを遵守させるよう、保護者に努力義務を課す「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」の素案をまとめました。

このニュースはすでに多くのメディアで伝えられており、みなさんもよく知るところかと思います。当初はスマートフォン(スマホ)利用やインターネット(ネット)依存も含めた対策として「スマホの利用を60分までとする」という内容でしたが、反響の大きさやさまざまな意見が寄せられた結果、20日に「ゲームの利用は1日60分、スマホ利用は義務教育終了前(中学生)までが午後9時まで、それ以外の子ども(高校生以上18歳未満)は午後10時まで」とする形に修正されたものです。条例は4月1日の施行を目指しています。

2018年、WHOによってゲーム依存症(またはゲーム症/ゲーム障害)が疾病として採用されたことをきっかけに、日本国内でもゲームをどのように取り扱うのかについて大きな議論が度々起きていますが、今回の香川県の条例は非常に極端な例だと言えます。世論や多くのメディアの反応は「やりすぎだ」、「時代に逆行している」といった意見が多いように見受けられますが、この条例の何が問題であり、ゲーム依存症とどのように向き合うのが適切なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は香川県の条例案を中心に、ゲーム依存症との向き合い方や子どもたちにとってゲームがどのようなものであるべきかを考察します。

続きを読む

東京ゲームショウ2019:NTTドコモが「FOR GAME CHANGERS」を旗印にブース展開!こっそり置かれていた“5Gスマホ”の試作機も発見【レポート】


5Gでゲームの世界は変わるかも!?巨大ゲームアリーナを思わせたdocomoブースをレポート

千葉県・幕張メッセにて2019月年9月12日(木)から15日(日)の4日間に渡って国内最大を誇るゲームとその関連製品などの展示会「東京ゲームショウ2019(TGS 2019)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました(12日・13日はビジネスデイで、14日・15日が一般公開日)。

東京ゲームショウではコンシューマー向けゲーム機やパソコン(PC)向けの各種ゲームタイトルなどを幅広く扱う一方で、AndroidやiOSを搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットに対応したゲームアプリやサービスなども数多く展示されています。

そうしたことから当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも特にモバイル系を中心に毎年レポートをしてきており、今年も取材へ行ってきましたので何回かに分けて気になったブースを紹介していたいと思います。まずは「オフィシャル5G・通信スポンサー」としても今回のイベントに大きく関わっていたNTTドコモについてお送りします。

続きを読む

スマホでもeスポーツ!auゲームで先行配信中の「ハチャメチャ STARJAM」イベントで田村淳さんがeスポーツを熱く語る――2020年オリンピックアジア大会では正式種目に【レポート】


スマホでもeスポーツ!auゲーム配信の「ハチャメチャ STARJAM」イベントで田村淳さんが熱く語る

Team STARJAMが日本eスポーツ協会(以下、JeSPA)主催としては初となるeスポーツイベントを11月11日に開催し、イベントのメインとなるトーナメント戦には優勝賞金100万円と豪華賞品が用意された。

渋谷区が開催する「Dive Diversity Summit Shibuya(以下、DDSS)」サテライトプログラムの一環として実施されたこのイベントでは、JeSPA公式イベントで初起用されたスマートフォン(スマホ)など向けモバイルゲーム「ハチャメチャ STARJAM」が正式発表された。

medibaが運営するゲームプラットフォーム「auゲーム」で配信された本作だが、大会開催前にスペシャルサポーターであるロンドンブーツ1号2号の田村淳さん、X-GUNの西尾季隆さん、渋谷区観光協会 理事長の金山淳吾氏、JeSPA 事務局長の筧誠一郎氏、Team STARJAMエグゼクティブプロデューサーの枝廣憲氏によるトークセッションが行われた。

今回はこのトークセッションで語られたeスポーツの魅力について紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。