S-MAX

freetelmobile

プラスワン・マーケティング、SIMフリー「freetel」シリーズのケータイ「Simple」とスマホ「freetel priori2」の発売時期を案内!LTE対応「LTE XM」の新色ホワイトや「nico」スペシャルパックも


SIMフリーのケータイ「Simple」とスマホ「Priori2」が発売!

プラスワン・マーケティングは28日、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などをラインナップしている「freetel」ブランドにシンプルなストレート型ケータイ(フィーチャーフォン)「freetel Simple」(以下、Simple)およびスマホ「freetel priori2」(以下、Priori2)の2機種を発売すると発表しています。

発売時期および店頭予想価格はSimpleが2015年1月下旬に5,980円(税抜)、Priori2が2014年12月中旬に9.980円(税抜)となっています。

また、すでに販売している上位モデルのLTE対応スマホ「freetel LTE XM」(以下、LTE XM)の新色ホワイトおよび3GデュアルSIM対応スマホ「freetel nico」(以下、nico)に予備バッテリーとSDカードがセットになったスペシャルパックを2014年12月中旬に発売するということです。

さらに、新製品発売を記念して、今月13日に開始したNTTドコモの回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)としての携帯電話サービス「freetel mobile(フリモバ)」と新製品を含む全機種対象にSIMカードと同時に購入することで1年間の間月額基本料が割り引かれるお得なキャンペーンを年内限定で実施するとのこと。中にはセットで月額基本料が12 ヶ月無料になるプランも登場しています。なお、キャンペーンの開始は2014年12月2日(火)15:00からを予定しています。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、MVNOによる携帯電話サービス「freetel mobile」を開始!データ通信のみが月額670円から、通話+データ通信が月額1270円から――オープン記念キャンペーンも実施


月額670円からの格安SIMサービス「freetel mobile」がスタート!

既報通り、プラスワン・マーケティングは13日、NTTドコモの回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)としての携帯電話サービス「freetel mobile(フリモバ)」を提供開始しています。

価格はデータ通信のみの「ネットし放題」プランなら月額670円(月当たり1GBまで)から、音声通話にも対応した「ネットし放題 電話プラス」なら月額1,270円(月当たり1GBまで)からとなっています。直営Webストア「freetel eSHOP」( http://www.freetel.jp )にてSIMカードパッケージ(初期費用3,000円)を購入することで利用できます。価格はすべて税抜。

また、freetel eSHOPのリニューアルオープン記念として「freetel」ブランドのスマートフォン(スマホ)などとフリモバのお買い得なセットを提供する期間限定キャンペーンも実施されています。期間は2014年11月30日(日)まで。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、NTTドコモ回線のMVNOによるSIMサービス「freetel mobile(フリモバ)」を11月13日に提供開始!リニューアルする公式Webストア「freetel eSHOP」にて販売


格安SIMサービス「freetel mobile(フリモバ)」がスタート!

プラスワン・マーケティングは11日、公式Webストア「freetel eSHOP」を2014年11月13日(木)にリニュアールするとお知らせしています。

リニューアル後は現在のWebアドレス( http://www.plusonejapan.com )から新しいアドレス( http://www.freetel.jp )に変更されるほか、NTTドコモの携帯電話網を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する音声通話およびデータ通信サービス「freetel mobile(フリモバ)」を提供していくとしています。

なお、オープン記念として特別なキャンペーンを実施する予定だとのこと。リニューアルに伴い、旧freetel eSHOPでは11月11日(火)13:00より商品購入ができなくなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。