S-MAX

iOS

Apple、iOS 11を提供開始!iPhone 5s以降およびiPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能


AppleがiPhoneやiPadなど向け最新バージョン「iOS 11」を配信開始!

既報通り、Apple(アップル)は19日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズ、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11」へのアップデートを提供開始したとお知らせしています。

アップデートは、各機種本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても行えます。

対応機種はiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計17機種となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

なお、iOS 10が提供されているiPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となっているのでご注意ください。同時に発表された新しいスマホである「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。

続きを読む

いよいよ日本時間9月20日2時頃から配信開始の「iOS 11」では32bitアプリが利用できないので注意!確認方法を再度紹介――駆け込みアップデートもあるものの、一部アプリは配信終了へ


iOS 11で使えなくなる32bitアプリを確認する方法を再度チェック!ついに正式版配信間近

いよいよこの後の日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)よりアップルから配信開始されるiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」。みなさん、アップデートに向けて準備は整いましたでしょうか。

iOS 11ではiPadではマルチタスクがかなり強化されて、macOSと同じようなランチャー「Dock」が導入され、ドラッグ&ドロップでマルチウィンドウにできるようになるほか、iPhoneも含めてコントロールセンターなどの操作性が変わるなど、多くの機能追加や仕様変更が実施されます。

また何度か紹介しているようにiPhone 7やiPhone 7 Plus、iPad Proシリーズ、iPad(第5世代)では新しく写真や動画の撮影ファイルがHEIF形式(.heic)およびHEVC/H.265形式(.mov)が追加されたりもします。

便利で快適になる一方、アプリ配信マーケット「App Store」もリニューアルされ、新たに32bitのみに対応したアプリが配信停止され、すでにインストールしているアプリでも32bitのみに対応したものは利用できなくなります。

そこで今回は、以前にも紹介したようにiOS 10.3以降ではインストールしているアプリのうちで32bitのみに対応しているアプリを確認できますので改めて説明しておきたいと思います。

続きを読む

iPhone 7・7 PlusやiPad ProなどのiOS 11では写真やムービーの新ファイル形式(HEIF・HEVC)に対応!GoogleフォトやDropboxなどでは対応済みながらWindowsやAndroidでは未対応なので注意


いよいよiOS 11の正式版が日本時間9月20日2時頃から提供開始!iPhone 7などではHEIF・HEVCに対応

Dropboxは18日(現地時間)、アップルから日本時間9月20日未明に提供開始されるiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版において導入される新しい画像および動画のファイル形式について対応しているとお知らせしています。

同社ではiOS 11およびmacOS High Sierra(10.13.x)で導入されるこれらの画像用「HEIF形式」および動画用「HEVC(H.265)形式」に対応し、通常通りに同期できるほか、dropbox.comやDropboxのiOSアプリおよびAndroid アプリではプレビューできるとしています。

一方で、HEIF形式はWindowsやAndroid、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応しておらず、HEVC形式もWindows 8.1以下およびAndroid 4.4.4以下、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応していないため、表示・再生ができないと案内しています。

iOS 11では既存のJPEG形式やH.264形式の画像・動画も継続して利用でき、iCloudやiTunesで自動的にこれらの形式に変換して転送・同期するできるようになっていますが、メールに添付したりするなどで利用する場合には注意が必要になりそうです。なお、Dropbox以外でもGoogle フォトやAmazonプライムフォトなどの主要なサービスはすでに対応済みとなっています。

続きを読む

iOS 11でiPhone 7・7 PlusはFLACやHEIF、HEVCに対応!HDR 10やDolby Visionなどに対応しないものの、機能差わずか――新機種のX・8・8 Plusとマルチメディア関連を比較


iPhone 7・7 Plusなどの既存機種はiOS 11でどう変わる?マルチメディア関連をチェック

Appleが現地時間9月19日(日本時間では9月20日未明)より配信予定のiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」。みなさん、導入に向けてデータのバックアップやパソコンを使う場合には「iTunes」の12.7へのバージョンアップなどはすでに済ませているでしょうか。

iOS 11では大きな変更点として32bitのみに対応しているアプリが利用できなくなるほか、コントロールセンターのデザインや操作性が変更になるなど、さまざまな機能追加や仕様変更があります。

そんな新機種に買い換えない人には特に楽しみiOS 11のリリースですが、既存機種でどの新機能が使えるのかわからなかったりします。そこで今回は特にマルチメディア関連で導入されるFLACやHEIF、HEVCなどの対応状況を新機種の「iPhone X」や「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」とともにチェックしてみたいと思います。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 11」を9月19日に提供開始!iPhone 5s以降およびiPad 5以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能――iPhone 5・5cやiPad 4は対象外に


AppleがiPhoneやiPadなど向け「iOS 11」の正式版を9月19日に提供開始!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、今年6月に発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットなどのモバイル製品向け最新プラットフォーム「iOS 11」を2017年9月19日(火)より提供開始すると発表しています。

恐らく日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)より配信開始されると見られます。対応機種は既存のiOS 10からiPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホである「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、iOS 11では新たに32ビットアプリが使えなくなるようなのでご注意ください。

続きを読む

Apple、iPhoneなど向け次期OSのリリースに向けてサポート情報「iOS 11 に備える」を公開!使えなくなる32ビットアプリは約18万7千本に


iPhoneなどでiOS 11に備える!32ビットアプリの大体はどうする?!

Appleが公式Webサイトのサポートページに今秋に正式版がリリースされる予定のiPhoneやiPadなどの次期OSバージョン「iOS 11」に向けて「iOS 11に備える」ための情報を掲載しています。

このiOS 11に備える情報には「iOS 11と互換性のあるデバイス」や「バックアップを作成する」、「パスコードを確認する」、「Apple ID を確認する」の4つの項目が紹介されています。

また調査会社のSensor Towerは今年5月の時点でiOS 11で使えなくなる予定の32ビットアプリが約18万7千本あることを明らかにしています。一方で同社は8月16日時点でその後に64ビットをサポートしたアプリが増えているとしています。

今年5月に260本だったのが、6月に389本、7月に345本となり、過去1年間では1900本でその間の前半6ヶ月間より後半6ヶ月間のほうが229%増加し、過去1年間のうちに64ビットをサポートしたアプリの約42%(820本)がゲームであったと発表しています。

とはいえ、できればiOS 11にするに当たって出来る限り32ビットアプリを使っている場合には同じようなアプリで64ビットをサポートしているものに変えておきたいところです。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3.3」を提供開始!BroadcomのWi-Fiチップによる「Broadpwn」を含むカーネルやWebKitなど多岐に渡る脆弱性修正や不具合改善


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3.3をリリース!

Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3.3」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正およびセキュリティーの問題の改善などで、カーネルやSafari、WebKit、Safari、CoreAudio、libarchive、libxpcなどの多岐に渡る脆弱性などが修正されおり、先日紹介したBroadcomのWi-Fiチップ「BCM43xx」シリーズを搭載した製品における脆弱性「Broadpwn」(CVE-2017-9417)についても修正されています。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Apple、次期プラットフォームのiPhoneなど向け「iOS 11」のパブリックベータ版を提供開始!パソコン向け「macOS High Sierrra」はまもなく配信予定


AppleがiOS 11の一般向けベータ版を提供開始!

Apple(アップル)は26日(現地時間)、iPhoneやiPadなどのスマートフォン(スマホ)およびタブレット向け「iOS」の次期バージョン「iOS 11」の一般向けベータ版(パブリックベータ版)を提供開始したとお知らせしています。

なお、MacBookなどのパソコン向け「macOS」の次期バージョン「macOS High Sierra」パブリックベータは近日中に提供予定とのこと。それぞれ今年6月5日に行われた開発者向けイベント「WWDC 2017」にて発表され、今秋にも正式版がリリース予定です。

すでにWWDC 2017の基調講演終了後から開発者向けベータ版(デベロッパーベータ版)が提供されていましたが、今回新たにiOS 11については一般向けベータ版が提供開始されました。

一般向けベータ版を利用するには「Apple Beta Software Program」( https://beta.apple.com/sp/betaprogram/ )にApple IDで登録し、同意した後、利用したいOSを選び、それぞれ手順に従って導入します。例えば、iOSにおける流れは https://support.apple.com/HT203282 のようになります。

続きを読む

Apple、WWDC 2017にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!iPhone 5s以降などで無償アップデート可能で、App Storeが刷新――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!

Appleは5日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」に合わせて基調講演「Apple Special Event June 5, 2017」( https://www.apple.com/apple-events/june-2017/ )を実施しました。

その中でスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 11」を発表し、開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今月後半から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 10とは異なり、iPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、アップデート料は無料となっています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3.2」を提供開始!カーネルやWebKit、SQLiteなど多岐に渡る脆弱性のセキュリティー修正や不具合改善など


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3.2をリリース!

Appleは15日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3.2」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正およびセキュリティーの問題の改善などで、カーネルやSQLite、WebKit、Safari、iBooks、CoreAudio、AVEVideoEncoderなどの多岐に渡る脆弱性などが修正されるということです。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。