S-MAX

iPadケース

新タブレット「9.7インチiPad Pro」は同じ画面サイズの既存機種「iPad Air 2」はどこが変わった?ケースは流用できるか試してみた【レビュー】

9.7インチiPad ProとiPad Air 2どうちがう?

新たに3月31日に販売が開始されたタブレットの9.7インチ「iPad Pro」。日本でもAppleのほか、Wi-Fi+CellularモデルをNTTドコモおよびau by KDDI、SoftBankが取り扱うほか、SoftBankや各家電量販店でWi-Fiモデルも販売されている。

9.7インチiPad Proは約9.7インチ2048×1536ドット広色域True Toneディスプレイを搭載。初のペン入力「Apple Pencil」に対応した12.9インチのiPad Proと同じく64ビットA9Xチップやステレオサウンドが楽しめる4スピーカーを搭載するほか、4K動画撮影可能な12メガピクセルiSightカメラ、Retina Flash対応5メガピクセルFaceTime HDカメラに強化されている。

また内蔵ストレージも新たに256GBが加わり、32GBと128GBの3モデルがラインナップされた。カラーバリエーションも従来までのシルバーやゴールド、スペースグレイに加え、iPadシリーズ初のローズゴールドが追加された。

すでに紹介したように9.7インチiPad ProのWi-Fiモデルを購入し、前回は開封して同梱物や外観を紹介した。そこで今回は、同じく9.7インチタブレットの既存モデル「iPad Air 2」(2014年発売)との外観比較、そして、iPad Air 2用のケースが使えるのかを検証してみたいと思う。

続きを読む

フェルト素材がお洒落でバッグの中身にも優しい!スタンドにもなる使いやすいドイツのInateck製iPad Air 2やAir、mini 3、mini 2など用保護ケースを写真で紹介【レビュー】

スタンドにもなるiPad Air 2やAir、mini 3、mini 2など用スリーブケースを紹介!

Apple製最新タブレット「iPad Air 2」は前機種よりも薄く・軽くなりより使いやすくなった。また、より小さいサイズが良いなら「iPad mini 3」もある。今回はそのiPad Air 2およびiPad Air、そして、iPad mini 3、iPad mini 2などに最適なInateck製保護ケースを紹介したい。

同社はパソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)、タブレット向けの周辺機器を販売するドイツの企業でHDDスタンドやUSBハブ、Bluetoothスピーカーなどの多数の製品を開発・販売しており、日本市場では2013年より大手Webストア「Amazon.co.jp」などで販売されている。

今回紹介するiPad Air 2およびAir用保護ケース「TPB-IA」やiPad mini 3およびmini 2用保護ケース「TPB-IM」のほかに、Surface Pro 3用やMacBook Air用、2.5インチHDD用などの保護ケースがラインナップされており、モバイルユーザーが欲しいと思う商品が取り揃えられている。

iPad Air 2やiPad Air、iPad mini 3、iPad mini 2はそれぞれ薄く軽く持ち歩きやすいのだが、移動時に背面が傷つくのも気になるところだ。そこで、これらのiPadシリーズの良さを活かしつつ持ち運びの際に傷つけないようにするには、スリーブケースが有効となる。

もちろん、TPB-IAとTPB-IMは背面保護カバーを使っている人もディスプレイの傷保護目的や後述するスタンドとして使える点も要チェックだ。なお、両製品はほぼ同じグレーのフェルト素材を用いた保護ケースとなっており、主にiPad Air 2を中心に写真で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。