S-MAX

iPhone6sPlus

NTTドコモ、iPhoneで高音質通話サービス「VoLTE」の海外対応を提供開始!iPhone SEを含むiPhone 6以降で利用可能――対象国は韓国で今後拡大予定


NTTドコモがiPhone 6以降でVoLTEの海外対応がスタート!

NTTドコモは23日、Apple製スマートフォン(スマホ)の「iPhone 6」以降の機種において高音質通話サービス「VoLTE(Voice over LTE)」の海外対応を2016年3月22日(火)より提供開始したとお知らせしています。

利用するには最新プラットフォーム「iOS 9.3」にアップデートされている必要があるほか、キャリア設定がドコモ24.1となっていることを確認するように案内されています。なお、ビデオコール(テレビ電話)は非対応。

続きを読む

NTTドコモやau、SoftBankのiPhone 6sやiPhone 6s PlusのSIMロック解除は3月23日以降順次可能に!各社の条件や解除手順をおさらい


もうすぐiPhone 6sシリーズのSIMロック解除が可能に!

データ通信のみで月間500MBまでなら月額0円(ユニバーサル料除く)で利用できる「0 SIM by So-net」の登場など、毎月の利用料が安くなることから仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス、いわゆる「格安SIM」が注目されています。

多くのMVNOがNTTドコモの回線を利用しているため、NTTドコモの機種ならそのまま使えますが、一方、auやSoftBankなどの機種ではそのままでは使えない状況です。

それに対し、auやSoftBankなどの機種でも格安SIMを使えるように「SIMロック解除」が用意され、2015年5月の総務省によるガイドラインの改定によってこれまで対応していなかった「iPhone」や「iPad」シリーズでも利用できるようになりました。

各社のSIMロック解除の条件は例外はありますが、基本的には購入後約半年後から行えるため、2015年9月25日に発売された「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」については早い人なら2016年3月23日(水)から順次解除が可能となります。

そこで今回は、主にiPhone 6sシリーズを対象に各社のSIMロック解除の条件や手順などをまとめておきたいと思います。

続きを読む

iPhone 6s・6s Plusなどのスマホの動画をWindowsやMacのパソコン用プロ向け無料ソフトで簡単に映画っぽくする方法の紹介【ハウツー】

無料で使えるプロ向けソフトで本格的な映像編集を

Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」は本格的な4K(3840×1920ドット)で動画撮影が可能です。また、以前から4K動画撮影可能だったAndroidスマホも対応機種がさらに増えてきました。せっかく撮った4K映像ですが、"そのまま"観るためには4Kテレビ(TV)が必要と言うこともあり、あまり実用性を感じてない人もいますよね。

そこで今回は、業務用のカメラや編集機を扱うBlackmagic DesignのWindowsやMacといったパソコン(PC)用ソフト「DaVinci Resolve 12」(以下、DaVinci Resolve)の無料版を使い、iPhone 6sなどの4K動画をTVやPCにちょうど良いフルHD(1920×1080ドット)に変換しつつ、このソフトの大きな特徴の「カラーグレーディング」機能を使って映画のような色合いに調整する方法を紹介します。

続きを読む

iPhoneやiPadなどで「1970年1月1日」に設定して再起動すると再起不能になるので要注意!iPhone 5s以降などの64bit対応機種が対象で、各所の追試実験でお亡くなりに


iPhoneで1970年1月1日にしちゃ駄目、絶対!

コミュニティーサイト「Reddit」にてvista980622氏がiPhoneやiPadなどのiOS搭載機種で「1970年1月1日」に設定して再起動すると、起動しなくなるだけでなく、復元もできなくなるとして各所で注意喚起が行われています。

条件としては、64bit対応のApple A7およびA8、A8X、A9、A9Xプロセッサーを搭載したiOS搭載製品がすべて対象で、当初は13時という時間指定も含まれていましたが、現時点では1970年1月1日であれば何時でも起こることが判明しています。

なお、この不具合を悪用してすでに「1970年1月1日に設定すればiPhoneの動作が軽くなる」などのデマも流れており、Apple Storeのジーニアスバーに持ち込んでの修理となってしまうため、試さないように周囲の人も含め注意したいところです。

続きを読む

KDDI、au向けiPhoneシリーズ利用者が最新の「iPhone 6s」または「iPhone 6s Plus」に機種変更する場合に下取りで最大3万2400円割引などの特典「ゼロから交換キャンペーン」を実施


今年もauのゼロから交換キャンペーン」が実施!

KDDIおよび沖縄セルラーは13日、au向け「2016年春キャンペーン」として対象機種を利用している人が「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」に機種変更した場合にお得になる「ゼロから交換キャンペーン」を2016年1月14日(木)より実施すると発表しています。

特典は最大32,400円の端末割引と事務手数料相当の3,240円をWALLETチャージ(入金)の2つ。キャンペーン期間は2016年5月31日(火)まで。

続きを読む

コペックジャパン、iPhone 6s・6s Plus・6・6 PlusのWi-Fiを高速化できるクリアケース「LINKASE CLEAR(with WIFI) for iPhone6/6s・6+/6s+」を発売!ステンレス製EMWアンテナ内蔵

04
Wi-Fi EMWアンテナ内蔵のクリアケース!

コペックジャパンは16日、無線LAN(Wi-Fi)の2.4GHz帯の電波強度(シグナル)を拡張する機能を有するケース「LINKASE CLEAR(with WIFI) for iPhone6/6s・6+/6s+」(ABSOLUTE technology製)の発売を発表した。

製品名にあるようにApple製スマートフォン(スマホ)の最新モデル「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」、そして昨年モデル「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」に対応し、クリアケースにスライド式のWi-Fiアンテナを内蔵することで最大10倍の速度でデータ通信を可能にするというケースだ。

iPhone 6・iPhone 6s用モデルとiPhone 6 Plus・iPhone 6s Plus用モデルの2種類が用意されており、2015年10月15日(木)よりAmazon.co.jpやヨドバシカメラ、ビックカメラ、専門店などで販売されている。価格はAmazon.co.jpではどちらのモデルも3,218円。

続きを読む

噂のiPhone 6sと6s Plusのチップセット「A9」の製造メーカーを調べてみた!Appleはコンポーネントによって電池持ちが2〜3%違うとしつつ、通常利用では大差ないとコメント


あたなのiPhone 6sのA9チップはどっち?

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」にはパフォーマンスが向上した最新の64ビットアーキテクチャーを持つ「A9」チップが搭載されており、iPhone 6シリーズよりCPU全体のパフォーマンスが70%、GPUは90%高速になっています。

しかしながら、このA9チップには製造メーカーがサムスン電子(以下、Samsung)と台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー(以下、TSMC)の2社あり、Samsungが製造したA9チップを搭載した製品のほうがバッテリーが持たないとして話題となっています。

そこで筆者も気になったので、App Storeにあるアプリ「Battery Memory System Status Monitor」で調べてみました。

続きを読む

ソフトバンク、iPhone 6sやiPhone 6s Plusの機種変更が実質0円になる「タダで機種変更キャンペーン」を実施!家族が指定機種にMNPで2万5560円割引にーーすでに機種変更した人も対象


早くもソフトバンクがiPhone 6sの実質0円になるキャンペーンを開始!

ソフトバンクは9日、先月25日に発売したばかりのApple製最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」についてこれまで実施していた「機種変更下取りプログラム」の特典(利用中の指定機種を下取りで通信料金から最大35,640円割引)に加え、家族がソフトバンクの指定機種に他社から乗り換える(MNP)とさらに25,560円(1,065円/月×24ヵ月)を月々の通信料金から割引される「タダで機種変更キャンペーン」を2015年10月9日(金)から実施すると発表しています。

これにより、これまでもiPhone 6sの16GBであれば機種変更時にiPhone 6やiPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4sを下取りすれば実質負担額0円でしたが、さらに家族が指定機種にMNPすることでiPhone 6sの64GBや128GB、iPhone 6s Plusの16GBや64GBも実質負担額0円となるほか、逆に下取りしなくてもiPhone 6sの16GBなら家族が指定機種にMNPすれば実質負担額0円になります。

家族がMNPする場合の指定機種はiPhone 5以降のiPhoneシリーズまたは4G スマートフォン。なお、本人のiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusへの機種変更は発売日の9月25日以降となっているため、すでに機種変更した人も対象となりますが、機種変更先取りプログラム(月額300円)およびデータ定額パックまたはパケットし放題フラット for 4G LTEに加入している必要があります。

続きを読む

スマホゲーマーは要注意?話題のスマホ「iPhone 6s」の新機能「3D Touch」とゲーム操作の微妙な関係を紹介【ハウツー】

3d-001
便利なはずのiPhone 6sの3D Touch機能が悪さをする?

Apple製スマートフォン「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」が発売されてから約2週間経ちましたが、みなさん購入できましたでしょうか。すでに購入された方ならiPhone 6sシリーズから新たに追加された「3D Touch」機能も試されたかと思います。

すでに紹介しているように3D Touchは画面を"押し込む"ことでさまざまなメニューを呼び出せる機能で、現在実装されているホーム画面での操作やメール操作以外にも今後用途が広がっていく予感がしますが、便利さの裏でちょっとした不便さも見つけてしまったのでその内容と対応策などを紹介します。

続きを読む

カッチカチなアイツでも3D Touchは反応する?話題のスマホ「iPhone 6s」でガラス保護シートを貼って使ってみた【レビュー】

spigen-001
最近流行のピッカピカでカッチカチなアレ!

先日遅ればせながらようやく話題のスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」を手に入れた筆者ですが、いやーやっぱり新しいスマホはイイですね!クルマとスマホは新しい方が良いって昔から言いますもんね!(あれ?言いませんでしたっけ?)

spigen-002
派手好きなので今回もゴールドモデルを購入!

新しいスマホを購入したら、やっぱり欲しくなるのは画面保護シート。スマホは毎日持ち歩くのに画面がむき出しになっているガジェットなので、ディスプレイが傷つかないように保護するものが欲しくなります。

画面保護シートも現在は数え切れないほどの種類があちこちのメーカーから発売されていますが、その中でも最近流行となっているのがガラス製のもの。主に強化ガラスを用いた製品が多く、高い透明性や多少の衝撃では傷1つ付かないことなどが好評を得ているようです。

しかしここで気になるのは、このiPhone 6sと「iPhone 6s Plus」には初搭載された「3D Touch」という機能。すでに紹介しているようにディスプレイを「押し込む(軽い押し込み操作を"ピーク"、さらに1段深い押し込み操作を"ポップ"と呼ぶ)」ことでポップアップメニューを呼び出したりできる操作方法で、画面の裏側に配置された感圧センサー(距離センサー)でプレスの有無を感知するのですが、これが硬いガラス製の保護シートを使っていても反応するのか非常に気になります。

そこで今回は、筆者も実際にガラス製画面保護シートを試してみることにしましたのでその模様を紹介したいと思います!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。