S-MAX

iPhoneXSMax

楽天モバイル、楽天回線のeSIM対応製品を案内!動作保証外ながらiPhone XS以降およびPixel 4・4 XLが利用可能


楽天回線のeSIM対応製品が案内!Rakuten Mini以外は動作保証外

楽天モバイルは8日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における「eSIM」の対応製品を案内しています。

同社が販売するオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」以外では、動作保証外ではあるものの、Apple製「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone XR」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、Google製「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」としています。

なお、iPhone XR・XS・XS MaxはiOS 12.1以降としている必要があり、NTTドコモやau、SoftBankなどで販売されているSIMロックがかけられている製品については事前にSIMロック解除をしておく必要があるとのこと。

またあくまで2020年4月時点で確認が取れた製品であり、同社が販売しないことから動作保証をしないため、利用する場合は自己責任でとなります。利用はeSIMを申し込み、後日に届くQRコードにアクセスし、開通手続きを完了して使います。

続きを読む

iPhone XS MaxのSIMフリー版がヨドバシカメラとビックカメラの公式Webストアで販売開始!特別価格の9万3800円から。最大11%還元も


SIMフリー版iPhone XS Maxがヨドバシ.comやビックカメラ.comで販売開始!

ヨドバシカメラは7日、同社の公式Webストア「ヨドバシ・ドット・コム」( https://www.yodobashi.com/ )にてSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「iPhone XS Max」(Apple製)を2020年3月7日(土)から特別価格で販売開始するとお知らせしています。

現在、予約販売を行っており、3月中旬に発売されるとのこと。またビックカメラでも公式Webストア「ビックカメラ・ドット・コム」( https://www.biccamera.com/ )にて同じく販売を開始しており、3月中旬以降入荷次第の配送となるということです。

すでにAppleではiPhone XS MaxのSIMフリー版を昨年秋に販売終了しているので単純な比較はできませんが、ヨドバシ・ドット・コムでは特別価格としており、価格(税込)はともに64GBが93,800円の1%(938ポイント)還元、256GBが109,800円の1%(1,098ポイント)還元、512GBが129,800円の1%(1,298ポイント)還元となっています。

なお、ヨドバシ・ドット・コムではクレジットカード「ゴールドポイントカード・プラス」による決済で買い物をすると通常ポイントに加えて最大+10%ポイント還元となる「【第3弾】ゴールドポイントカード・プラスでキャッシュレス決済キャンペーン」を実施しており、iPhone XS Maxも最大11%ポイント還元となります。

続きを読む

Appleが「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施!充電されない問題で対象製品なら無償交換に


iPhone XS・XS Max・XR 用のバッテリー拡張ケース「Smart Battery Case」に充電されない不具合!

Appleは10日、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の専用バッテリー搭載ケース「Smart Battery Case」の一部で充電に問題が起きる可能性があることが判明したとして「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施しています。

対象となるSmart Battery Caseでは「電源に接続してもSmart Battery Caseが充電されないまたは断続的にしか充電されない」や「iPhoneがSmart Battery Caseから充電されないまたは断続的にしか充電されない」という症状のいずれかまたは両方が見られることがあるとのこと。

この問題が確認されているのは2019年1〜10月に製造されたiPhone XS・XS Max・XR用のSmart Battery Caseで、安全性に関わる問題ではないものの、プログラムの対象となるSmart Battery CaseについてはAppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償交換するということです。

続きを読む

どこでどれを買う!?iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max・XR・XS・XS Max・X・8・8 PlusのNTTドコモ・au・SoftBank・Appleにおける価格をまとめて紹介


最新のiPhone 11・11 Pro・11 Pro Maxと既存のiPhoneの価格を比べてみた!

日本時間9月11日未明に発表されたAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」。昨年の「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」と同様に6.1インチ液晶、5.8インチ有機EL、6.5インチ有機ELの3モデルを継承し、リアカメラの強化やチップセット(SoC)「A13 Bionic」による高性能化のほか、Wi-Fi 6やUWBなどの新機能も追加されました。

そんなiPhone 11シリーズの3機種ですが、日本では例年通りにAppleの直販(直営ストアと公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」によるオンラインストア)やNTTドコモおよびau、SoftBankといった大手携帯電話会社から販売され、すでに9月13日(金)21時より各社ともに予約受付を開始し、9月20日(金)に発売されます。

iPhone 11シリーズについては予約開始に合わせて各社における価格やオンラインによる予約ページなどを紹介しました。一方、Apple直販は新製品の発表とともに既存製品の価格改定による値下げも案内されましたが、その後、NTTドコモやau、SoftBankでも既存製品の値下げが相次いで実施されましたので、本記事では「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」を含めた「iPhone」シリーズの各社の価格をざっくりとまとめて紹介しておきます。

なお、NTTドコモおよびau、SoftBankについては公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店での本体価格総額となりますが、au Online Shopでは分割払いのみでの購入となるほか、ドコモオンラインショップやソフトバンクオンラインショップも分割払いでの購入はできますので、その場合は月当たりの支払額は分割回数で割ったものとなります。またすべて消費税8%で揃えているため、9月末までに購入する場合での価格です。

続きを読む

SoftBank向け人気スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone XR」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」が値下げ!本体代8万640円からに


SoftBankのiPhone 8・8 Plus・XR・XS・XS Maxが値下げ!

ソフトバンクは13日、昨年発売した携帯電話サービス「SoftBank」向けスマートフォン(スマホ)「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」(ともにApple製)の本体価格を値下げしたとお知らせしています。

これにより、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」における本体価格(金額はすべて税込)はiPhone XRが93,600円から、iPhone XSが124,320円から、iPhone XS Maxが137,280円から、iPhone 8とiPhone 8 Plusが80,640円となっています。

なお、値下げはソフトバンクショップや量販店といった店舗などでも実施されていますが、頭金や店舗独自割引などが設定されていることもあるため、店舗によって価格は異なる場合があります。また合わせてソフトバンクオンラインショップでは「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の販売を終了しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。