S-MAX

kddi

本日開幕!国内最大級のモバイル・通信関連イベント「WIRELESS JAPAN 2014」の概要をチェック

2e15291f.jpg
ワイヤレスジャパンが東京ビッグサイトで開幕!

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2014(ワイヤレス ジャパン 2014)」が、本日28日(水)から30日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催される。

今回は、(1)スマートデバイスソリューション、(2)モバイルクラウド/データセンターソリューション、(3)スマートデバイスマーケティング、(4)ケータイショップ向け周辺商材、(5)IOT/M2M、(6)近距離ワイヤレス、(7)次世代モバイルインフラ、(8)新規チャレンジ分野の8つのテーマに注力したイベントになるという。

続きを読む

【主要3キャリアが揃い踏み!大阪の新名所「グランフロント大阪」にオープンにしたNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルのフラッグシップショップ特集】


ケータイ主要3キャリアの旗艦店が大阪にオープン!

大阪駅北地区「うめきた(梅北)」に大阪の新名所といえる「グランフロント大阪」が4月26日(金)にオープンしました。北館の「ナレッジキャピタル」には、国内主要3キャリア(通信事業者)である、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルがそれぞれ関西初の大型旗艦店(フラッグシップショップ)を出店しています。

それぞれ独自の特色が見える店舗ですが、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では、26日のオープン直前に報道関係者向けに公開されたナレッジキャピタルで、各店の取材を行いレポートしてきました。そこで、今回は「ドコモショップ グランフロント大阪店」(愛称:docomo OSAKA)、「au OSAKA」、「ソフトバンク グランフロント大阪」に関する記事をまとめて一気に紹介します!

関西エリアの方はもちろん大阪に行った際には一度は立ち寄りたい店舗として是非チェックしてみてください!

続きを読む

関西エリア初のKDDI直営店「au OSAKA」が4月26日にオープン!――利用中のキャリアを問わず全てのお客様に楽しんでもらいたい


いよいよ「au OSAKA」がオープン

既報の通り、KDDIは4月26日に関西エリアでは初となる同社の直営店舗「au OSAKA」を大阪駅北地区「うめきた(梅北)」に位置する「グランフロント大阪」の「ナレッジキャピタル」内にオープンする。

au OSAKAは、最新のスマートフォンやアプリ、サービスが自由に試すことができる「ショールーム」スペースを併設し、東京の「KDDI デザイニングスタジオ」、名古屋の「au NAGOYA」に続く、関西地域での情報発信拠点の役割を担う店舗となる。

26日のオープンに先立ち、報道関係者向けに一足早く公開されたau OSAKAを取材したのでレポートをお届けする。

続きを読む

KDDI、関西エリア初の直営店舗「au OSAKA」を4月26日にオープン!ショールームやカスタマーサポートなどを設置

7ed616ce.png

au OSAKAがオープン!

KDDIは21日、関西エリアでは初となる同社の直営店舗「au OSAKA」を2013年4月26日(金)に開設すると発表した。大阪駅北地区「うめきた(梅北)」に位置する「グランフロント大阪」の「ナレッジキャピタル」内にオープンする予定。

続きを読む

【デザインケータイの元祖“INFOBAR”の最新モデル「INFOBAR A02」特集】

6c35679e.jpg

ついに発売!「INFOBAR A02」特集

KDDIおよび沖縄セルラーが、2013年春モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を15日に発売しました。発売当初は、関東と沖縄地域のみ、さらに本体カラーも「NISHIKIGOI」「ICE GRAY」の2色が先行発売されることとなり、全国、全色一斉に発売とはなりませんでしたが、デザインケータイとしは長きに渡って人気の「INFOBAR」シリーズの最新モデルがついに登場しました。

今回のA02は、INFOBARとしては初めての海外メーカーとなるHTC製で、先に発売され人気の高いモデル「HTC J butterfly HTL21」をベースに、最新の「iida UI 2.0」を搭載。独自のホーム画面やアニメーションが印象的で、かつハイスペックな仕様がサクサク操作を実現しています。

そんなA02ですが、今回は、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」で、これまでに紹介してきたA02関連の記事を一気にまとめて紹介します!細部まで追求されたデザインスマホを写真や動画を交えて是非チェックしてください!

続きを読む

関東・沖縄で本日発売!新しい「INFOBAR」はここが凄い!auのデザインスマホ「INFOBAR A02」を写真と動画でチェック!~使い勝手・デザイン編~【レポート】

b9723e28.jpg

いよいよ本日発売開始の「INFOBAR A02」は買いだ!

KDDIおよび沖縄セルラーは1月24日に、2013年春モデルとしてHTC製の「INFOBAR A02(インフォバー・エーゼロニ)」(以下、A02)を発表した。

既報の通り、関東・沖縄地域において、本体カラーが「NISHIKIGO」および「ICE GRAY」の2色については、本日2月15日(金)から発売を開始した。

今回は、そんなA02をさらに知るべく「INFOBAR発表会」において、展示機で試したINFOBARらしい使い勝手や追求されたデザイン、専用ケースを紹介する。前回の外観編と合わせて参考にして欲しい。

続きを読む

KDDI、内部ストレージ容量が128GBの「iPad Retinaディスプレイ Wi-Fi+Cellularモデル」を2月6日から発売開始

7d4a7854.jpg

auがiPad Retinaディスプレイ 128GBモデルを2月6日に発売

KDDIおよび沖縄セルラーは5日、アップル製のタブレット「iPad Retinaディスプレイ モデル」(以下、第4世代iPad)の内部ストレージ容量を128GBにしたWi-Fi+Cellularモデルを2月6日(水)から、一部のau取扱店およびオンラインショップで発売することを発表した。

価格は77,800円、24回の分割購入の場合は月々3,240円。毎月割(2,110円割引)適用で月々の実質負担額は1,130円となり総実質負担額は27,120円。

続きを読む

KDDI、au向け「Windows Phone IS12T」を最新OSバージョン「Windows Phone 7.8」にするためのソフトウェア更新を提供開始

aecfe10e.jpg

Windows Phone IS12TがWindows Phone 7.8に!

KDDIおよび沖縄セルラーは1月31日、国内初のWindows Phone 7.5(Mango)を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)にOSバージョンアップを含むソフトウェア更新の提供を開始したことをお知らせしています。

ソフトウェア更新は1月31日から順次開始されているということで、今回のアップデートによってWindows Phone 7.x系向けの最新OSバージョン「Windows Phone 7.8」が提供されるということです。

WindowsR Phone 7.8へのアップデート
(OSバージョン7.10.8858.136)

詳しくは下記をご覧ください。
Microsoft社WindowsR Phone 7.8機能紹介/主な変更点


続きを読む

auスマートフォンの一部機種が値下げ!冬モデル機種もあり

3dd34f1f.jpg
ゼロから始めるスマートフォン

2月1日よりauスマートフォンの一部機種が値下げされています。値下げ対象機種は「URBANO PROGRESSO」(京セラ製)、「AQUOS PHONE SL IS15SH」(シャープ製)、「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン電子製)、「DIGNO S KYL21」(京セラ製)、「ARROWS ef FJL21」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、「VEGA PTL21」(パンテック製)、「Xperia VL SOL21」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。冬モデルも含まれています。

続きを読む

そんなにいるの?アップルが128GBの大容量内部ストレージを搭載した「iPad Retinaディスプレイ モデル」を発表!国内ではソフトバンクとKDDIから発売予定

7d4a7854.jpg

アップルが128GBのiPad Retinaディスプレイ モデルを発表!

1月29日にアップルが「「iPad Retinaディスプレイ モデル」(以下、第4世代iPad)の内部ストレージ容量を128GBにしたモデルを2月5日から発売することを発表した。これを受け、1月30日にはソフトバンクおよびKDDI・沖縄セルラーが、この128GBモデルの第4世代iPadを販売する予定であることを発表をした。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。