S-MAX

livedoor

旧NHN Japan、4月1日付けで「LINE株式会社」へ社名変更!ゲーム事業は新設する「NHN Japan 株式会社」へ

615a1309.jpg

ついに社名もLINEに!エイプリルフールネタっぽいですけど本当です

LINE(旧NHN Japan;以下、LINE Corp.)は1日、2013年4月1日をもって、社名を「LINE株式会社」に商号変更したことを発表した。LINE Corp.では、旧NHN Japanで運営していたウェブサービスに関する事業を引き続き行っていく。

同社が無料通話・無料メールとして展開する「LINE(ライン)」を機軸事業に、キュレーションサービス「NAVERまとめ」を主体とした「NEVER」、ブログサービス事業、ポータル・ニュース事業の「livedoor」の3つを主な事業体として展開する。

続きを読む

IT系ニュースを効率よく収集できるビジネス必須ニュースアプリ「ITニュース by livedoorニュース」【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】

59522df5.jpg
もちろん、S-MAXも読めますよ!

NHN Japanは17日、同社が運営するニュースサイト「livedoorニュース」におけるIT(インターネット・テクノロジー)系ニュースカテゴリページに掲載されているニュース記事をまとめて一気に読むことができるニュースビューアアプリ「ITニュース by livedoor」のiOS版およびAndroid版をリリースしたことを発表しています。

今週はKDDIやNTTドコモといった携帯電話事業者からスマートフォンの新機種が発表され、ますます盛り上がるITニュースではありますが、多数のニュースをインターネット上で読むのには意外と骨が折れます。

そこで、このITニュース by livedoorニュースでは400以上の媒体から厳選されたITニュースを効率よく読むことができるようになっているのです!

それでは、実際に試してみましたので、詳細に機能を紹介していきたいと思います。
続きを読む

ビジュアル面刷新で新機能も追加!位置情報アプリ「ロケタッチ」がバージョンアップ【Androidアプリ】

58fb3990.jpg

ロケタッチがバージョンアップ!

ライブドアは、2日、位置情報サービス「ロケタッチ」のAndroid向けアプリがバージョンアップしたことをお知らせしています。すでにAndroidマーケットからダウンロードできるようになっています。

最新バージョンは、Ver.3.0で、ビジュアル面が刷新され、見やすく、使いやすくなっているほか、スポットの「カテゴリ検索」でぽちぽち探したり、お知らせ機能でコミュニケーションがスムーズにできるようになっていたり、眺めるだけで楽しい「スポットのきろく」機能といった新機能が追加されています。

続きを読む

移動が遊びになる!「ロケタッチ」で世界にタッチしよう!便利機能レクチャー編

a8db8ed0.png

ロケタッチ便利機能レクチャー編!

位置情報サービスが盛り上がる中、ライブドアが提供中の位置情報サービス「ロケタッチ」はゲーム性を取り込んだ遊べるサービスとして人気を博しています。

「ロケタッチ」では現在地をTwitterやmixi、Facebookなどで共有することや、登録している友達の居場所が確認できます。さらには、場所に応じた店舗のクーポンをゲットすることができるお得なサービスでもあるのです。

「ロケタッチ解説前編」では基本操作をお伝えしました。今回は、友達を登録する方法・スポット作成・リーダーとは?などなど、もう一歩進んだ使い方をお伝えいたします。楽しいだけではない、便利な機能でタッチの達人になりましょう!

続きを読む

“タッチ”すると何が変わる?次世代コミュニケーションツール「ロケタッチ」 活用方法

top

静かな流行となりつつある位置情報サービス「ロケタッチ」をみなさんは活用されてますでしょうか。

友達との会話で「こないだ◯◯に行ってきたよ」「あそこのレストラン美味しかったよ」という話題は会話のメインになりますが、ロケタッチを使うとネット上でリアルタイムにコミュニケーションすることができます。

ロケタッチで「今ここに居るよ」とお店や観光地を教えあうと、普段の生活はガラリと変わります!それでは、具体的になにが変わるのでしょうか?

ここでは、ロケタッチを使ったいろんな楽しみ方を紹介していきましょう。続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。