S-MAX

microUSB

使い慣れたmicroUSBケーブルをiPhone 5で利用可能! 国内未発売の「Lightning to Micro USB Adapter」を試す【レビュー】

9646ebc5.jpg
国内でもぜひ販売して欲しい一品

iPhoneiPadなどAppleのデバイスに従来用いられていた充電・通信インタフェース「Dock」に変わり、iPhone 5からは小型化された新インタフェース「Lightning」が導入されています。iPhone 5を購入するとLightningのケーブルが1本付属しており、Apple純正品のLightningケーブルやDockとの変換アダプタが販売されていますが、従来Dockに対してはサードパーティから提供されていたリールケーブルやmicroUSBとの変換アダプタなどは今のところ存在せず、ユーザーの選択肢が限られている現状です。

そこで今回は、Appleが地域限定で提供している、LightningをmicroUSBに変換するアダプタ「Lightning to Micro USB Adapter」を試してみます。これを使えばmicroUSB用の多彩なケーブルをiPhone 5で使うことが可能になります。

続きを読む

Interop Tokyo 2012:ACUBE・AMDブースにて、スマートフォンやタブレットから映像などを外部ディスプレイに出力するMHLコンバータケーブルを参考出展【レポート】

628cb546.jpg

これならHDMI端子のないスマートフォンも外部出力できる!

クラウドコンピューティングなどの仮想化やIT技術やビジネス関連の展示会としてINTEROP TOKYO2012(併催イベントとしてデジタスサイネージジャパン他)が2012年6月13日~15日まで千葉の幕張メッセにて開催されました。

今記事ではACUBE・AMDブースにて参考出展されていたスマートフォンのmicroUSB端子をHDMI端子へと変換し外部ディスプレイに出力する「MHLコンバータケーブル」が展示されていましたので紹介します。

続きを読む

iPhoneをmicroUSBで接続! DockコネクタをmicroUSBに変換できるケーブルを試す【レビュー】

b9a7f124.jpg
これさえあればmicroUSBケーブルがiPhoneで使える

iPhoneやiPadなどAppleのデバイスは「Dock」と呼ばれる独自形状のコネクタを採用しています。いっぽう現在販売されている多くのスマートフォンで使用されているコネクタは「microUSB」です。今回紹介するのは、iPhoneのDockコネクタをmicroUSBに変換できるアダプターが付属したケーブルです。iPhoneと他のmicroUSB機器が混在する環境で便利に使える一品です。

続きを読む

USBホスト機能対応!ドコモスマートフォン「GALAXY S II SC-02C」にUSB機器を接続してみた【レビュー】

GALAXY S IIでUSB機器が使える?!

高速CPUでキビキビとした動作をするGALAXY S II SC-02Cだが、どうやらマイクロUSB変換ケーブルを使ってUSB機器を繋ぐとUSBホスト機能が使えるとのことなので、早速試してみた。

続きを読む

1,000円前後のケーブルと違いはある?100円ショップの「microUSBケーブル」を試した

c51e3efc.jpg
ついに100円ショップでもmicroUSBケーブルが売られる時代に!
先日、近くの100円ショップをチェックしたところmicroUSBケーブルが売られてました!電気店などで販売されている1,000円前後の商品との違いはあるのでしょうか?動作確認も含めたレビューをします。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。