S-MAX

novalite

ファーウェイが1月30日に新しいスマホを日本で発表へ!公式Twitterアカウントで予告。低価格なエントリーモデル「HUAWEI nova lite 3」を投入か


ファーウェイ・ジャパンが1月30日に新スマホを発表!2019年第1弾

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は25日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にて2019年1月30日(水)に日本市場向けの新しいスマートフォン(スマホ)を発表すると予告しています。投稿内容から低価格なエントリーモデル「HUAWEI nova lite 3」ではないかと予想されます。

同社は昨年2月に「HUAWEI nova lite 2」を発売しており、低価格ながら機能や性能が整っているとして好評でしたし、その後継機ではじめてファーウェイを使ってみたいという人にもおすすめということで、HUAWEI nova lite 3が順当に投入される可能性が高いと見られます。

一方、総務省が公開している「技術基準適合証明等を受けた機器」でもHUAWEI nova lite 2と同等機種である「HUAWEI P smart」の後継機種「HUAWEI P smart 2019」となる型番「POT-LX2J」が2018年12月6日に認証通過しており、その裏付けになりそうです。

続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI nova lite」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月20日16時より順次提供開始


SIMフリー「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI nova lite」がAndroid 8.0 Oreoに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は20日、同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10 lite」および「HUAWEI nova lite」(ともにHuawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年7月20日(金)16時より順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI P10 liteに対しては、今年5月よりHUAWEI Mate 10 liteにAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供し、正式版を7月中旬以降に提供予定としていましたが、予定どおり提供開始され、合わせてHUAWEI nova liteも同時に提供開始されました。

各機種ともに約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。なお、ファーウェイ・ジャパンのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは「HUAWEI P10」や「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」、「HUAWEI Mate 10 lite」に続いてとなります。

また更新によってAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 8.0」になるなどするということです。更新内容は以下の通り。

・EMUI8.0+Android8.0 へのアップデート
・システムの最適化、安定性向上
など


続きを読む

携帯電話サービス「ワイモバイル」にてSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite for Y!mobile 608HW」が10月12日に発売!事前予約受付中で、価格は本体代2万6460円の実質540円から


Y!mobileからSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite for Y!mobile 608HW」が発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite for Y!mobile(型番:608HW)」(Huawei Technologies製)を2017年10月12日(木)に発売すると発表しています。

発売に先立ってワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて10月6日(金)より事前予約受付を実施しており、価格(税込)はワイモバイルオンラインショップでは本体代金が26,460円で、月額割引を引いた実質負担額が540円からとなっています。

続きを読む

約2万円でガラスボディーやオクタコアCPU、3GB RAMなどを搭載したファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」の操作性を動画やベンチマークで紹介【レビュー】



2万円の低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」の操作感を紹介!

前回は華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から2月24日に発売された新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite(型番:PRA-LX2)」を購入したので開封して同梱品や外観などを紹介しました。

約2万円という価格ながら表裏ともにガラスの質感が良いボディーで、現時点では基本的に仮想移動体通信事業者(MVNO)からのみ販売される形ながら各社で人気モデルとなっており、先日発表会を行なった「LINEモバイル」でも出荷が間に合わないほどになっていることも語られました。

一方で、開封レポートでは外装やセンサーの搭載状況などで細かなコストカットされた点についても紹介しましたが、今回は主に操作感について動画やベンチマークで紹介していきたいと思います。

続きを読む

約2万円で質感高い両面ガラスボディーを搭載したファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を購入したので開封!外観や同梱品などを紹介【レビュー】


ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」を購入!

仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社から2月24日より順次発売されている華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)の新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite」(以下、nova lite)。

日本では、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の若者や女性などに向けた新しい「HUAWEI nova」シリーズの低価格モデルとして販売され、当面はMVNOからのみの販売となっています。

特長は約2万円ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)、1画素1.25μmの約1200万画素リアカメラなどを搭載し、前面だけでなく背面もガラスを採用した質感の高い外観をまとったコストパフォーマンスが高い点でしょう。

今回は筆者もさっそく発売直後にnova liteを購入していましたので、開封して外観やサイズ感、同梱品などを写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。