S-MAX

rafre

KDDI、ハンドソープやボディーソープで洗えるau向けスマホ「rafre KYV40」を2月24日に発売!価格は本体代4万3200円で実質1万6200円から


au向けスマホ「rafre KYV40」が2月24日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、今春に発売されるau向け「2017年春モデル」のうちの約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したスマートフォン(スマホ)「rafre(型番:KYV40)」(京セラ製)を2017年2月24日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)も案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

お風呂でも安心して使える!ハンドソープとボディーソープで洗えるau向けスマホ「rafre KYV40」を写真と動画で紹介【レポート】

ハンドソープだけではなくボディソープでも洗えるスマホ「rafre」登場

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、都内にて「au発表会 2017 Spring」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したスマートフォン(スマホ)「rafre(型番:KYV40)」(京セラ製)を2017年3月上旬に発売することを発表した。

前モデル「DIGNO rafre KYV36」(2015年12月発売)と同様に本体をハンドソープで洗えるほか、新たにボディソープにも対応した(国内メーカーの泡タイプのハンドソープとボディソープのみ。キッチン用や業務用などは利用できない)。また43℃までの温水防水対応でお風呂での利用も可能だ。

今回はそんな新たに「DIGNO」が取れて新たに「rafre」シリーズとなったrafre実機に発表会併設のタッチ&トライ会場で触れることができたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む

KDDI、au向け新スマホ「rafre KYV40」を発表!洗えるスマホがさらにパワーアップして泡ボディーソープにも対応し、OSもAndroid 7.0 Nougatに


au向け洗える新スマホ「rafre KYV40」が3月上旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「rafre(型番:KYV40)」(京セラ製)を発表しています。

世界初のハンドソープで洗えるスマホとして2015年12月に発売された「DIGNO rafre KYV36」(京セラ製)の後継機種で、従来の洗える性能を強化し、泡ハンドソープだけでなく泡ボディーソープで洗うことが可能になりました。

また、43℃までの温水防水対応でお湯がかかっても利用可能なため、くつろぎのバスタイムをより楽しく過ごせるほか、近接センサーを利用したジェスチャー操作に対応し、料理中に画面に触れなくても手を動かすだけでレシピが閲覧できる「クックビュー」機能を新たに搭載しています。

発売時期は2017年3月上旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格43,200円(分割1,800円/月×24回)、毎月割900円×24回(総額21,600円)で実質負担額21,600円(分割900円/月×24回)などを予定しているということです。

その他、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からDIGNO rafreでも好評だった純正の洗えるケース「Washable Case」を本体色に合わせて用意したとのこと。撥水加工で水に濡れても安心で、rafre KYV40を装着したままでもケースの汚れが気になったときには水や温水で洗えるほか、利用者からの「キッチンでの油はねが気になる」といった要望に応え、表生地に防汚加工を施すことで油汚れも付きにくい仕様に改善し、より便利に使えるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。