S-MAX

spモードメール

NTTドコモ、Xperia SO-01BとLYNX SH-10Bにて「spモードメールアプリ」でメールの送受信が12月7日以降できなくなると案内!ブラウザー版ドコモメールで代用可能


Xperia SO-01BとLYNX SH-10Bでspモードメールアプリが利用不可へ!

NTTドコモは10日、2010年に発売したAndroidスマートフォン(スマホ)「Xperia SO-01B」(ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ製)および「LYNX SH-10B」(シャープ製)の2機種にて「spモードメールアプリ」でメールの送受信が2017年12月7日(木)以降はできなくなるとお知らせしています。

引き続き、これらの機種でNTTドコモのメールアドレス(@docomo.ne.jpドメイン)を使ってメールの送受信をするにはWebブラウザー版ドコモメールを利用するよう案内しています。移行方法は「「Xperia SO-01B」/「LYNX SH-10B」spモードメールアプリ提供終了について」にて詳細をご確認ください。

続きを読む

NTTドコモ、Android向け「spモードメールアプリ」を2018年4月23日に配布停止およびサポート終了!以降も送受信は可能ながら継続利用は保障せず、ドコモメールへの移行方法を案内


docomoのAndroid版spモードメールアプリが2018年4月23日に

NTTドコモは24日、Android向けに提供している「spモードメール」を利用するための「spモードメールアプリ」を2018年4月23日(月)に配信停止し、サポートも終了するとお知らせしています。

同社では、現在もspモードメールを利用している人で引き続きキャリアメールサービス(@docomo.ne.jp)を利用する場合には「ドコモメール」への移行をオススメしています。

続きを読む

NTTドコモ、spモードメール利用者が2月10日以降に電話番号の変更などを行った場合にドコモメールへのアップデートもしくはspモードメール利用再開が必要になると案内


NTTドコモが「spモードメール」の仕様を変更!

NTTドコモは8日、現在「spモードメール」を利用している人で2016年2月10日(水)以降に「電話番号の変更」および「長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除」、「契約名義の変更および引継ぎ」のいずれかの手続きを行った場合に「ドコモメール」へのアップデートもしくはspモードメール利用再開の手続きが必要になるとお知らせしています。

ドコモメール対応機種でspモードメールを利用している場合は、ドコモメールへのアップデートを実施して欲しいとのこと。spモードメールアプリでメール問い合わせ実施後に受信するメール「ドコモメールからお知らせ」に記載されている手順に従って手続きして欲しいとしています。

また、ドコモメールに対応していない機種でspモードメールを利用中の場合は、「spモードメール利用再開の手続き」が必要となり、同様にspモードメールアプリでメール問い合わせ実施後に受信するメール「ドコモメールからのお知らせ」に記載されている手順に従って手続きするように案内しています。

続きを読む

NTTドコモ、4月1日よりメールアドレス変更の仕様を変更!1日3回上限に加え、月10回の上限を追加


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモは27日、メールアドレス変更の仕様を2015年4月1日(水)より変更すると案内しています。

メールアドレスの変更はこれまでは1日当たりの変更可能回数に上限が設けられていましたが、4月1日以降はこれに加えて1ヶ月当たりに変更可能な回数の上限も追加されます。

具体的には、メールアドレス変更を実施した際、メールアドレスの変更回数が日の上限(3回)、もしくは月の上限(10回)に達していない場合に限り、メールアドレスの変更ができるようになります。

続きを読む

NTTドコモ、マルチアカウント対応Android向けメールアプリ「spモードメール対応CommuniCase」を11月28日に一部機種への配信停止に!「ドコモメール対応CommuniCase」は継続配信


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモは27日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインのメールが利用できるAndroid向けメールアプリ「CommuniCase」において旧版の「spモードメール対応CommuniCase」アプリを2014年11月28日(金)午前10時をもって一部機種に対する配信を停止するとお知らせしています。

CommuniCaseは同社が提供するマルチアカウント対応のメールアプリで、spモードメールの後継サービスである新しいクラウドメールサービス「ドコモメール」に対応した「ドコモメール対応CommuniCase」アプリが先月より提供開始されています。

今回、これに伴い、ドコモメールへの対応が済んだ機種に対しては、旧版であるspモードメール対応CommuniCaseアプリの配信が停止されることになりました。

なお、すでにスマートフォン(スマホ)などの本体にインストール済みのspモードメール対応CommuniCaseアプリはそのまま継続して利用することが可能だということです。

続きを読む

NTTドコモ、spモードメールなどの既存のローカルメールを「ドコモメール」のサーバーにコピーできる機能を提供開始


ドコモメールでローカルからサーバーにコピーできる機能が提供開始!

NTTドコモは27日、iモードメールと同じ@docomo.ne.jpドメインのメールアドレスが利用できるスマートフォン(スマホ)など向けクラウドメールサービス「ドコモメール」においてローカルメールからクラウド(サーバー)にコピーする機能を提供開始したとお知らせしています。

ドコモメールのAndroid向けアプリでは過去の「spモードメール」アプリから移行した場合やiモードケータイからSDカードなどを利用して移行した場合にローカル(スマホなどの機種本体)にメールが保存されていましたが、これをさらにドコモメールのサーバー上にコピーすることが可能となりました。

これにより、今後、さらに機種変更などをした場合にすでにサーバー上にメールが保存されているため、ドコモメールを利用できる環境であれば特に移行作業をしなくてもそのまま過去のメールの閲覧なども含め使い続けることが可能となりました。

続きを読む

NTTドコモ、@docomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」のWebサービスやIMAP4の対応を12月17日から開始


ドコモメールのWebメールとIMAP対応を12月17日に提供!

NTTドコモは16日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインが使えるクラウド型メールサービス「ドコモメール」を2013年12月17日(火)からパソコンなどのWebブラウザーから利用できるサービスや、IMAP4対応のメールソフトから利用できる機能拡充すると発表しています。

ドコモメールのWebブラウザー版およびIMAP4メールソフト対応は、NTTドコモのサービスを便利に使いこなす鍵となる「docomo ID」を利用して実現します。そのため、利用するには事前にdocomo IDを取得しておく必要があります。

なお、NTTドコモでは同日に「iPhone 5s」および「iPhone 5c」といったドコモ版「iPhoneシリーズ」にもドコモメールを対応させる予定となっています。

続きを読む

NTTドコモ、@docomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」を「iPhone 5s」および「iPhone 5c」向けに12月17日から提供開始


iPhone向けドコモメールが12月17日に開始!

NTTドコモは12日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインが使えるクラウド型メールサービス「ドコモメール」を2013年12月17日(火)から「iPhoneシリーズ」向けに提供開始するとお知らせしています。対応機種は、NTTドコモの「iPhone 5s」および「iPhone 5c」。

iPhone向けの「ドコモメール」は、iPhoneにプリインストールされている標準メールアプリで利用できます。iPhone向けドコモメールではユーザーが設定する最短15分間隔でメールの自動受信を行うほか、メールが届いたことを通知する「新着メールお知らせ設定」を利用可能。

なお、従来のiPhone向け「spモードメール」も2013年12月17日より同通知機能に対応します。

続きを読む

NTTドコモ、@docomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」の対応予定を更新!Xperia Zなど22機種では11月27日から利用可能――パソコンなどでは12月中旬に


ドコモメールの各機種の対応時期が更新!

NTTドコモは22日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインが使えるクラウド型メールサービス「ドコモメール」の機種ごとの対応時期を更新しています。これによると11月対応予定だった「Xperia Z SO-02E」など22機種が11月27日(水)から対応します。

また、「docomo ID」を利用してパソコンやNTTドコモ回線以外のスマートフォンなどでも利用できるマルチデバイスでの利用については11月以降としていましたが、12月中旬に提供されることが案内されています。

続きを読む

NTTドコモ、docomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」のAndroid版を提供開始!さっそく使ってみた――spモードメールに戻せる?【レビュー】


NTTドコモがdocomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」のAndroid版を試した!

NTTドコモが昨日10月24日(木)に提供を開始したiモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」。まずは、Android向けに提供され、対応機種も同日発売開始された「2013-2014冬春モデル」のスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」や「ARROWS NX F-01F」をはじめ、2013年夏モデルのスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」や「ARROWS NX F-06E」、「Xperia A SO-04E」などの10機種を加えた合計12機種となっています。

一方で、すでに発売されている2013-2014冬春モデルの「G2 L-01F」や「GALAXY Note 3 SC-01F」が現状では非対応だったりと少しこれらの機種を購入した人には残念な状況となっており、これらの機種を含め今後、順次対応機種を増やしていく予定で、詳細はすでに提供開始の案内時にまとめていますので参照してください。

また、ドコモメールは11月以降に「docomo ID」を利用してパソコンやNTTドコモ回線以外のスマートフォンなどでも利用できるようにするほか、12月中旬にNTTドコモの「iPhone 5s」および「iPhone 5c」に対応予定、2013年度中にはメールシステムの1つであるIMAP方式に対応予定となっています。

今回、発表からおよそ1年、ようやく提供開始されたこのドコモメールについて対応機種の1つの「GALAXY S4 SC-04E」を用いてさっそく試してみましたので、簡単にファーストインプレッションをお伝えしようと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。