S-MAX

sureare

NTTドコモとトライエースのスマホなど向け新作RPG「Heaven×Inferno」の発表会が開催!杉山紀彰さん、椎名へきるさんも参加――事前登録受付中で今春サービス開始予定【レポート】


スマホ向けゲーム「Heaven×Inferno」は今春配信開始予定!

NTTドコモは1日、トライエースが開発するスマートフォン(スマホ)など向けアクションロールプレイングゲーム(RPG)アプリ「Heaven×Inferno (ヘブン×インフェルノ)」の記者説明会を開催した。すでに紹介しているようにゲーム事前登録はすでに開始されており、2016年春にサービス開始を予定している。

説明会にはゲーム中に登場するキャラクターの声優として、ガブリエル役の杉山紀彰さんとラファエル役の椎名へきるさんも参加した。今回は説明会の模様を紹介する。

続きを読む

さくらインターネット、1万円以下のエイビット製データ通信モジュールとソラコムやソフトバンクの回線を使ったIoTプラットフォームを発表!ArduinoやRaspberry Piにも対応【レポート】


さくらのIoT Platformが発表!写真はさくらインターネット 田中邦裕社長

さくらインターネットは9日、モバイルデータ通信モジュールと同社の処理やデータ保存システムを一体的に提供するIoT(Internet of Things)対応プラットホーム「さくらのIoT Platform」( https://iot.sakura.ad.jp/hc/ja )を正式発表した。2016年4月よりα版サービスを提供し、9月のベータ版を経て今年度中に正式サービスを提供する。

同日には発表会が開催され、同社代表取締役社長の田中邦裕氏がサービスの内容や戦略について紹介した。なお、α版サービスについては、2016年3月15日(火)まで申し込みを受付中だ。

続きを読む

海外スマホ導入やベッキーは?ケイ・オプティコムが携帯電話サービス「mineo」の事業戦略説明会を実施【レポート】


mineoの新しいステートメント「Fun with Fans!」

ケイ・オプティコムは25日、都内にて「MVNO市場の現状とmineoの今後の取り組み」と題する事業戦略説明会を実施した。同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )の今後について解説した。

冒頭、同社 取締役 経営本部副本部長の橘俊郎氏は、MVNO事業の状況について「まだ価格差はあるが、大手携帯電話会社の低価格化や新規のMVNOによる競争の激化で、これからは淘汰の時代に入る。」と説明。

今後は「安さ、サポートの充実だけでは差別化が難しい。新しい競争の軸を提案したい。」として、「楽しい!」という新しい価値を象徴しする同社の新しいステートメント「Fun with Fans!」を発表した。今回はCMに起用していたベッキーさんの契約解除などについても飛び出た説明会の模様を紹介する。

続きを読む

KDDIが家庭向け電力サービス「auでんき」を発表!ほぼ全国で提供し、スマホとセットで5%還元、関西ではさらにお得に――発表会ではソフトバンクでんきの欠点も指摘【レポート】


auでんきが発表!KDDI 代表取締役 執行役員専務 石川雄三氏とCMで鬼ちゃんを演ずる菅田将暉氏

KDDIは19日、家庭向け電力サービス「auでんき」のサービスと料金プランに関する発表会を開催した。沖縄と一部離島を除く全国で2016年4月1日(金)から利用できる。

特長は一般的な電気料金から電子マネー・ポイントサービス「au WALLET」で5%分のキャッシュバックを受けられる料金プランと電力の利用状況を確認できるアプリだ。

事前申し込みは2016年1月20日(水)から開始し、auショップのほか、専用Webサイトや電話で受け付ける。今回は同日に行われた「auでんき発表会」にて語られたサービスの内容や狙いについて紹介する。

続きを読む

KDDI、auのiPhone 6sとiPhone 6s Plusに向けた戦略説明会を開催!今度のiPhoneは下り最大225MbpsやSIMロック解除にも対応ーー"スーパー"なカケホとキャンペーンでお得に【レポート】


auがiPhone 6sとiPhone 6s Plusに向けた新サービスなどの説明会を開催!

KDDIは11日、先日発表された新しいAppleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の発売を前にau向けの新サービスと戦略について記者説明会を開催した。

説明会ではKDDI代表取締役執行役員専務の石川雄三氏が登壇。iPhone 6sとiPhone 6s Plusが対応する下り(受信時)最大225Mbpsのネットワークの説明と、既報の新料金プラン「スーパーカケホ」、12ヶ月目以降の機種変更がお得になる「スーパーアップグレードキャンペーン」について発表した。

なお、発表会時点ではiPhone 6sとiPhone 6s Plusの価格発表は間に合わなかったが、予約開始日である翌日の朝に発表された。本記事ではiPhone 6sとiPhone 6s Plusの発売に合わせてauが準備してきた新サービスと戦略について紹介していく。

続きを読む

スマホやタブレットがすぐに充電できる!安くなった急速充電「Quick Charge 2.0」対応の充電器3モデルをまとめて紹介【レビュー】


低価格でコンパクトなQC2.0対応急速充電器3製品をまとめてチェック!

最新のAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットは「Quick Charge 2.0(急速充電2)」という対応充電器を使った最新の急速充電に対応しています。ただ、少し前の「Xperia Z2」など、初期のQuick Charge 2.0対応機種が出た当初は、対応充電器が2,000円台とやや高額で大きい製品しかなく購入を見送った人も多いのではないでしょうか。

ですが、ここ最近になって各メーカーから1,000円台で購入できる低価格で、しかもコンパクトなQuick Charge 2.0対応の充電器が増えてきました。また、Quick Charge 2.0対応のモバイルバッテリーや車載用の充電器などとバリエーションも増えつつあります。

そこで、実際に大手Webストア「Amazon.co.jp」で購入してみたQuick Charge 2.0対応機器のレビューをお届けします。

続きを読む

今後のSIMロック解除やガラケーはどうなる?NTTドコモ加藤社長が見解示すーー決算説明会で気になった話題を簡潔に紹介【レポート】


NTTドコモのSIMロック解除やフィーチャーフォンの今後は?

既報通り、NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

この説明会では先日発表された5月以降の総務省によるSIMロック解除義務化に対する同社の対応や、一部報道で取り上げられた2017年以降にフィーチャーフォン(いわゆる「ガラケー」とも呼ばれる従来型携帯電話)が生産終了するといった話題についても取り上げられた。

今回は説明会においてこれらの気になった話題をまとめて紹介する。

続きを読む

NTTドコモ、2014年度決算説明会を開催!成長の軸を顧客獲得から他社コラボの「協創」に移行ーー各種サービスを「d」ブランドに統一【レポート】


NTTドコモが2014年度決算説明会を開催!写真は加藤社長

NTTドコモは28日、都内にて「2014年度(2015年3月期)決算説明会」を開催し、2014年度決算と中期目標に向けた新たな計画を発表した。

同社代表取締役社長の加藤薫氏は今後のNTTドコモの取り組みとして顧客獲得競争から付加価値の「協創」を重視すると明らかにし、コーポレートスローガンを「いつかあたりまえになること」へと変更すると語った。

また、現在提供している各サービスもドコモポイントを「dポイント」、DCMXを「dカード」などのように今後は「d」ブランドへの統一を進めていく。

今回はまずこれらの中期目標に向けた新計画や各サービスのdブランドへの統一について説明会の模様をまとめて紹介する。

続きを読む

設定しなきゃ損!今すぐiPhone 6とiPhone 6 Plusを「VoLTE」設定で高音質&快適通信にすべき3つの理由


ついにiPhone 6および6 PlusでVoLTEが利用可能に!大事なポイントを紹介

既報通り、Apple(アップル)から日本時間の2015年4月9日(木)よりiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 8.3」がリリースされ、日本国内でもNTTドコモおよびauソフトバンクの3社で利用する「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に、高音質な通話が可能になる新機能「VoLTE」が追加されました。

すでに紹介しているようにVoLTEの利用には設定が必要ですが、VoLTEを有効にすることで高音質な通話以外にも、通話中のLTEデータ通信対応や通話接続の高速化などの機能も改善されます。そこで、今回は無料のVoLTE設定だけで利用できる機能についてまとめてチェックしてみましょう。

続きを読む

ファーウェイ、日本国内でも12月に発売が決まった8コアハイエンドSIMフリースマホ「Ascend Mate7」の説明会を開催!CEATEC 2014にて展示【レポート】


ファーウェイ「Ascend Mate7」をアピールする副社長の呉波氏(中央)

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は6日、SIMロックがかかていないSIMフリースマートフォン(スマホ)の第3弾としてフラッグシップモデル「Ascend Mate7」(Huawei Technologies製)を日本国内にて今年12月よりU-NEXTなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)や全国の量販店などを通じて発売することを発表した。

6インチのフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したファブレットクラスの大型モデルで、価格はまだ未発表だがハイエンド製品の価格帯(一般的に5〜9万円)になると予想される。

同日、同社は2014年10月7日(火)から千葉・幕張メッセで開催される家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」に合わせてAscend Mate7の日本投入についての説明会を開催。今回はその模様とAscend Mate7の魅力を紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。