S-MAX

willcom

ウィルコム、PANTONEモデルとしては初となるストレートタイプのPHS端末「PANTONE(WX03SH)」を発表!4月25日発売、18日から予約開始

4598db7b.png

ストレートタイプのPANTONEがキタ!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は1日、PANTONE(パントン)モデルとしては初めて、本体形状にストレートタイプを採用したシャープ製のPHS電話機「PANTONE(WX03SH)」(以下、WX03SH)を4月25日(木)から発売開始すると発表した。発売に先立ち、18日から予約受付を開始する。

続きを読む

フリスクサイズの極小PHS「ストラップフォン2 (WX06A)」を開封!極小サイズを分かりやすくするために色々な端末とサイズ比較してみた【レポート】

3b57552c.jpg

ストラップフォン2が登場!

既報の通り、ウィルコムおよびウィルコム沖縄は、2012年1月に発売を開始した清涼菓子の「フリスク」サイズの超小型PHS電話機「ストラップフォン(WX03A)」(以下、WX03A)の第2弾モデルとなる「ストラップフォン2(WX06A)」(以下、WX06A)を3月21日(木)から発売を開始した。

エイビット製のこのWX06Aは、12,000台の限定販売で、本体カラーは「ホワイト」「ピンク」「ブラック」の3色が用意された。前モデルのWX03Aには実装されていなかった「Eメール」機能にも対応し、通話や「ライトメール」だけでなく、他社携帯電話やパソコンとのメール送受信が可能になったほか、より電波の掴みを向上すべく「可動式アンテナ」も搭載する。

価格はオープンだが「W-VALUE SELECT」での一括購入は35,520円、分割購入は月額1,480円×24ヵ月(合計35,520円)で、毎月の利用料金から値引く「W-VALUE 割引」が月額980円×24ヵ月(合計23,520円)となり、24ヶ月利用した場合の実質負担額は月額500円×24ヵ月(合計12,000円)となる。店舗により条件などは異なるので購入前には価格や条件をしっかり確認してほしい。なお、ウィルコムの公式オンラインショップ「ウィルコムストア」においては既に売り切れとなっている。

今回は、このWX06Aの開封レポートとともに、他端末とのサイズ比較を通して、本体サイズがいかに小さいかをお伝えしていこうと思う。

続きを読む

固定回線にもつながってさらに家の電話らしく!ウィルコムが「イエデンワ」の第2弾となる「イエデンワ2(WX05A)」を発表!5月下旬に発売予定

24c33240.jpg

イエデンワ2が登場!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は5日、2011年11月に発売を開始した据え置き型PHS電話機「イエデンワ(WX02A)」(以下、WX02A)の第2弾モデルとなる「イエデンワ2(WX05A)」(以下、WX05A)を5月下旬から発売を開始する予定と発表した。

前モデルのWX02Aと同じく、今回のWX05Aもエイビット製。現時点で、発売日や価格は未定だが、別途アナウンスされるという。

続きを読む

なんと可動式アンテナ付き!ウィルコムがフリスクサイズの「ストラップフォン」第2弾となる「ストラップフォン2 (WX06A)」を発表!台数限定で3月21日発売、5日から予約開始

319dd967.jpg

ストラップフォン2が登場!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は5日、2012年1月に発売を開始した清涼菓子の「フリスク」サイズの超小型PHS電話機「ストラップフォン(WX03A)」(以下、WX03A)の第2弾モデルとなる「ストラップフォン2(WX06A)」(以下、WX06A)を3月21日(木)から発売を開始すると発表した。

前モデルのWX03Aと同じく、今回のWX06Aもエイビット製。販売台数は12,000台の限定販売で、発売に先立ち、本日5日から予約受付を開始している。

続きを読む

ウィルコム、通話に特化したシンプルな京セラ製のケータイ「STOLA (WX08K)」を発表!2月7日から発売開始

532d00ec.jpg

ウィルコムに新機種が登場!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は17日、軽量&コンパクトで8色のカラーバリエーションを揃えた京セラ製の音声端末「STOLA(ストラ)<WX08K>」(以下、STOLA)を発表した。2月1日(金)から予約受付を開始し、2月7日(木)に発売する予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。