S-MAX

楽天モバイル、楽天回線エリアにおける関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大に!共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和により


楽天モバイルが関東地方の5G(Sub6)を2024年内に最大1.6倍まで拡大!

楽天モバイルは18日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において通信品質向上の取り組みとして関東地方(栃木県および群馬県、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)における5G(Sub6)エリアの広さを2024年5月から年内を目途に2024年1月比で最大1.6倍まで順次拡大することをお知らせします。

同社では共用帯域における衛星通信との干渉調整条件の緩和によって関東地方における既存の5G基地局の電波出力を上げることが可能となったことに伴い、今回の取り組みを通してSub6(3.7GHz帯)の5Gエリアを順次拡充して高品質な通信サービスを提供していくとのこと。

また楽天モバイルではすでに2023年に東海地方(岐阜県および静岡県、愛知県、三重県)や近畿地方(滋賀県および京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)でも同様の対策を推進し、これらの地域では2023年8月比で2023年12月までに東海地方では約1.7倍、近畿地方では約1.1倍の5Gエリア拡大を行うなど、Sub6における5Gエリア拡大に取り組んでいるとしています。

なお、同社では2020年9月に5Gサービスの提供を開始し、2023年12月末時点で全47都道府県に合計1万1592局の5G屋外基地局(Sub6マクロ基地局のみ)を展開しており、グローバル分析会社のOpensignalが2023年10月に発表した「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」では日本市場の「モバイル・ネットワーク・ユーザー体感レポート」における「5Gアップロード・スピード」で単独受賞、「5Gダウンロード・スピード」では他社と共同受賞するなどと通信速度においても高い評価を獲得しています。

続きを読む

SoftBank向け5G&FeliCa対応エントリースマホ「Redmi 12 5G」が発表!4月25日発売、4月19日予約開始。価格は2万1984円で割引&返却で実質24円から


SoftBankから5G&FeliCa対応エントリースマホ「Redmi 12 5G A401XM」が登場!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」の新商品として5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したエントリースマートフォン(スマホ)「Redmi 12 5G(型番:A401XM)」(Xiaomi Communications製)を発表しています。発売日は2024年4月25日(木)で、発売に先立って4月19日(金)に事前予約受付を開始するとのこと。

販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では21,984円(分割払いでは1〜12回:790円/月、25〜48回:126円/月)となっています。

また販売施策「新トクするサポート(スタンダード)」の対象機種となっており、25カ月目以降に返却して特典を利用した場合は分割金のうちの残りの最大126円/月×24回(総額3,024円)が免除され、実質負担額が790円/月×24回(総額18,960円)となるとのこと。さらにソフトバンクオンラインショップなどでは「オンラインショップ割」が適用されて他社から乗り換え(MNP)の場合には18,936円割引となり、新トクするサポート(スタンダード)と合わせると実質負担額24円からとなります。

なお、Redmi 12 5Gはすでに昨年10月より日本でもオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)とKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」からも販売されており、内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージはメーカー版が4GB RAM+128GBストレージモデルと8GB RAM+256GBストレージモデル、au版およびUQ mobile版が4GB RAM+128GBストレージモデルで、本体色は各モデルともにスカイブルーおよびポーラーシルバー、ミッドナイトブラックの3色展開となっていました。

これに対してSoftBank版は4GB RAM+128GBストレージモデルで、本体色はスカイブルーとミッドナイトブラックは共通ですが、ポーラーシルバーの代わりにSoftBank版の限定カラーとしてムーンライトホワイトが用意されています。またメーカー版およびau版、UQ mobile版は発売時にOSがAndroid 13ベースの独自ユーザーインターフェース(UI)「MIUI 14」がプリインストールされており、すでに各モデルともにAndroid 14ベースの独自UI「HyperOS」へのソフトウェア更新が提供されていますが、SoftBank版は発売時からAndroid 14ベースのHyperOSがプリインストールされています。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 8・8 Pro・Fold・7a・7・7 Pro」にソフトウェア更新が提供開始!まれに電話着信やデータ通信などが失敗するなどの不具合を修正


GoogleがPixel 8シリーズや7シリーズ、Foldに2024年4月における2回目のソフトウェア更新を配信!

Googleは17日(現地時間)、同社が「Made by Google」として「Pixel」ブランドで展開しているスマートフォン(スマホ)「Pixel 8」および「Pixel 8 Pro」、「Pixel Fold」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」に対してまれに電話着信やモバイルデータ通信などが失敗するなどの不具合を修正するソフトウェア更新を提供開始しています。

更新はスマホ本体で無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新後のビルド番号はPixel Foldは「AP1A.240405.002.A2」、それ以外は「AP1A.240405.002.B1」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認できます。

またこれらの製品を販売しているKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」では各機種ともに更新時間が約10分、更新ファイルサイズは約10MBとなっています。なお、OTA以外にもGoogleではファクトリーイメージやOTAイメージもすでに配信しているため、Android Flash Toolなどにて導入することも可能です。

続きを読む

ASUS JAPAN、5G対応フラッグシップスマホ「Zenfone 9」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 10」がAndroid 14に!

ASUS JAPANは18日、同社が販売する5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年4月1日(月)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話ネットワーク(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新ファイルサイズは約1.57GBと大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

更新後のビルド番号は「WW_34.0304.2004.108」で、ビルド番号は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認できます。主な変更点は以下の通りで、Android 14に合わせて独自ユーザーインターフェースも「ZenUI 11」となっています。

Android 14で利用可能となる主な新機能:
(1)ロック画面に表示される時計の色やロック画面の明るさの調整が可能に
 Android 14では、壁紙の設定画面に「時計の色」設定が追加され、ロック画面に表示される時計の色の変更やロック画面の明るさの調整が可能になりました。
(2)地域別の表示設定が可能に
 Android 14では、言語設定とは別に「地域別の表示」設定が新規追加されました。これにより、[設定] -> [システム] -> [言語] -> [地域で一般的な表示形式]から、地域によって異なる温度単位(摂氏または華氏)、さらに週の始まりの曜日の設定が可能になりました。
(3)バッテリー使用量の項目がより詳細に表示されるように変更
Android 14では、前回のフル充電から現在までの時間が表示されるようになりました。また、バッテリー使用量に関して、アプリ別/システム別に表示することが可能になりました。


続きを読む

SoftBank向けスタンダードスマホ「AQUOS sense7 plus A208SH」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS sense7 plus A208SH」がAndroid 14に!

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7 plus(型番:A208SH)」(Sharp製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年4月17日(水)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G/4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。

また更新は完了まで最大30分程度かかる場合があるとのこと。更新後のビルド番号は「03.00.00」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」にて確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、詳細はシャープの公式Webページ『Android 14対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』および『OSアップデート(ver.14) – よくあるご質問』をご覧ください。

・Android 14へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。