S-MAX

Samsung、5G対応の新フラッグシップスマホ「Galaxy S21」と「Galaxy S21+」を発表!フラットディスプレイで、価格を抑えて799ドルから


新フラッグシップスマホ「Samsung Galaxy S21 5G・S21+ 5G」が登場!

Samsung Electronics(以下、Samsung)は14日(現地時間)、オンラインプレスイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2021」を開催し、新しい5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S21」と大画面モデル「Galaxy S21+」、上位モデル「Galaxy S21 Ultra」、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」、忘れ物防止タグ「Galaxy SmartThings Tag」および「Galaxy SmartThings Tag+」などを発表しています。

Galaxy S21およびGalaxy S21+、Galaxy S21 Ultraはともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2021年1月29日(金)に発売され、すでに予約受付を実施しており、価格はアメリカではGalaxy S21が799ドル(約83,000円)から、Galaxy S21+が999ドル(約104,000円)から、Galaxy S21 Ultraが1,199ドル(約124,000円)からとなっています。

なお、日本での発売については現時点では明らかにされていませんが、すでに日本向け公式WebサイトにもGalaxy S21およびGalaxy S21+の製品ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s21-5g/ )やGalaxy S21 Ultraの製品ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s21-ultra-5g/ )も掲載されているため、何らかの形で販売されると見られます。本記事ではGalaxy S21とGalaxy S21+についてまとめます。

続きを読む

新スマホ「TCL 20 5G」や「TCL 20 Pro 5G」、「TCL 20 SE」、「TCL 20 L」、「TCL 20 S」が発表!ディスプレイ技術「NXTVISION 2.0」搭載


TCL 20シリーズとして5機種が発表!TCL 20 5GとTCL 20 SEは近く海外で発売に

TCL Communication(以下、TCL)は11日(現地時間)、オンラインイベント「All-Digital CES 2021」」にてプレスカンファレンス「Experience More - TCL's 2021 Global Press Event」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「TCL 20」シリーズを発表しています。

TCL 20シリーズは「TCL 20 5G」および「TCL 20 Pro 5G」、「TCL 20 SE」、「TCL 20 L」、「TCL 20 S」の5機種がラインナップされており、発売が近いTCL 20 5GおよびTCL 20 SEのみが紹介され、欧州ではTCL 20 5Gが299ユーロ(約38,000円)、TCL 20 SEが149ユーロ(約19,000円)となるとのこと。

またアメリカではTCL 20 5Gが300ドル(約31,000円)以下になると紹介されていました。発売時期は両機種ともに今月より順次グローバル市場にて発売されるとし、残りの3機種については今後数ヶ月のうちに順次詳細を発表し、同様にグローバル市場にて販売していくとしています。

なお、各製品ともに現時点で日本での販売については明らかにされていませんが、前の「TCL 10」シリーズは7機種のうちの「TCL 10 5G」および「TCL 10 Pro」、「TCL 10 Lite」という3機種がSIMフリーモデルとして発売されたこともあり、TCL 20シリーズについてもいくつかが発売される可能性はありそうです。

続きを読む

結局横並び?違いはある?NTTドコモのahamoやauのpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vを比べてみた


オンライン専用の新料金プラン「ahamo」や「povo」、「SoftBank on LINE」、そして「Rakuten UN-LIMIT V」を比較!

昨年12月にNTTドコモが発表したオンライン専用の料金プラン「ahamo(アハモ)」に続き、ソフトバンクがグループ会社となった「LINE」ブランドを活用した料金プラン「SoftBank on LINE」(仮称)を、そして昨日にau(KDDIおよび沖縄セルラー電話)が料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表しました。

これらはともにオンライン専用の料金プランとなっており、申し込みや各種手続きはすべてWebやアプリなどのオンラインのみで行い、ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップといったキャリアショップの実店舗では取り扱われません。

代わりにそれらにかかるコストを削減し、月間高速データ通信容量20GBながら月額2,480円や月額2,980円(金額はすべて税抜)で提供されます。一方、これら3者の移動体通信事業者(MNO)を追う楽天モバイルでは自社回線による携帯電話サービスとして月額2,980円の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。

そこで本記事ではこれらのahamoおよびpovo、SoftBank on LINE、Rakuten UN-LIMIT Vをわかっている範囲で比べてみました。結局横並びとなったのか?それとも違いはあるのか!?

続きを読む

Snapdragon 888搭載の次期フラッグシップスマホ「OPPO Find X3」と見られるCPH2123がベンチマークに登場!不可能的曲面で3月に登場へ


次期フラッグシップスマホ「OPPO Find X3」シリーズが1〜3月にリリース予定!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が昨年12月2日(現地時間)にQualcomm製ハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 888 5G Mobile Platform」(以下、Snapdragon 888)を搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X」シリーズの次世代モデルを2021年第1四半期(1〜3月)にリリースすると発表しています。

次世代モデルはOPPOの創業者兼最高経営責任者(CEO)である陳明永(Tony Chen)氏は年頭挨拶にて「OPPO Find X3」としており、同氏は2021年が「OPPO Find X」シリーズの10周年に当たり、OPPO Find X3が「OPPOブランドの躍進のための“キックオフ”であり、10周年にふさわしい集大成となるでしょう」とコメントしています。

また同社 副社長兼グローバルセールス担当社長であるAlen Wu氏は次世代のFind Xシリーズについて「世界中のユーザーに比類ない新しい体験をもたらすと信じています」とコメントしているほか、最新のフラッグシップシリーズはディスプレイとカメラのさらなる可能性に挑戦し、これらすべての機能によって次のFind Xシリーズは2021年において最も期待を寄せられる5Gフラッグシップスマホの1つになると説明されています。

そんなOPPO Find X3と見られるSnapdragon 888を搭載した未発表のグローバル向け製品「CPH2123」がベンチマークアプリ「Geekbench」に登場しており、測定結果が掲載されていて内蔵メモリー(RAM)が12GBであることが示されています。なお、OPPOの公式weiboアカウントでは「3月见 不可能的曲面」と投稿されており、OPPO Find X3シリーズを3月に発表することが示唆されています。

続きを読む

KDDI、au向け高性能スマホ「AQUOS zero2 SHV47」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月13日10時から提供


auスマホ「AQUOS zero2 SHV47」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、昨年1月に発売した携帯電話サービス「au」向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SHV47」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月13日(水)10時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約15分、更新ファイルサイズは約1.7GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ「au Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」( https://www.au.com/content/dam/au-com/mobile/document/information/SHV47_Software_Update_manual.pdf )も合わせてご確認ください。

○主な機能追加・変更内容
1)電話アプリにて「簡易留守録」の再生画面のデザインが変更されます。
2)ロック画面にて下部に「カメラ」と「音声アシスト」のアイコンが表示されるようになります。
3)電源キー長押しおよび指紋センサー長押しで起動できるアプリが増えます。

○主な削除項目
OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
4)電話アプリにて簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。簡易留守録が録音された場合は従来通り表示されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(5.8MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSHV47をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特徴について、詳細は下記よりご確認ください。
OSアップデートとは?


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。