S-MAX

Nubia、新ゲーミングスマホ「REDMAGIC 8 Pro」を日本向けに2月15日から予約販売、2月22日から正式販売!価格は10万3800円からで割引も


Snapdragon 8 Gen 2搭載の5G対応ゲーミングスマホ「REDMAGIC 8 Pro」が日本で2月22日に発売!

ZTE傘下のNubia Technology(以下、Nubia)は7日、同社が展開するゲーミングスマートフォン(スマホ)「REDMAGIC」シリーズの最新モデル「REDMAGIC 8 Pro(型番:NX729J)」を日本のオープン市場向けに2023年2月22日(水)に発売すると発表しています。

販路はREDMAGICの日本向け公式Webサイト( https://jp.redmagic.gg/ )などで、日本向けに販売されるモデルは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ、本体カラーの違いによって2つあり、価格(金額はすべて税込)はマットブラックの「Matte」(12GB RAM+256GBストレージ)が103,800円、透明デザインの「Void」(16GB+512GBストレージ)が124,300円となっています。

また発売に先立ってREDMAGICの日本向け公式Webサイトではまず2月7日(火)12:00から2月15日(水)11:59までの期間にメール登録した場合にもれなく1,500円OFFクーポンをプレゼントするほか、さらに2月15日(水)12:00から2月22日(水)11:59までの期間に先行予約販売を行って3,000円が割り引かれ、クーポンと合わせると4,500円OFFとなるとのこと。

これにより、Matteが99,300円、Voidが124,300円となります。また正式販売開始は2月22日12:00となっており、REDMAGICの日本向け公式Webサイトではアクセサリーとして「REDMAGIC8Proガラスフィルム」(2,200円)や「REDMAGIC8Pro保護ケース」(3,300円)、「REDMAGIC スマホクーラー」(5,500円)も販売されるということです。

なお、日本向け製品はオープン市場におけるメーカー版(いわゆる「SIMフリー」製品)で、これまで通りに日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得して販売されるるとのこと。その他、販路は大手Webストア「Amazon.co.jp」でも予定しているとのことですが、詳細は後日案内するとしています。

続きを読む

Androidセキュリティーパッチ2023年2月分が案内!Googleスマホ「Pixel 4a」以降はソフトウェア更新が提供開始。機能改善や不具合修正も


GoogleがAndroid向けセキュリティーパッチ2023年2月分を案内!

Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年2月分を告示しています。合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」シリーズにおいて2023年2月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、今後数週間に渡って順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はカナダ向けのPixel 4aが「TQ1A.230205.001.B2」、オーストラリアのTelstra向けのPixel 7およびPixel 7 Proが「TQ1A.230205.001.A2」、アメリカのT-MobileおよびGoogle Fi向けの各製品が「TQ1A.230205.001.D2」、それ以外の製品では共通して「TQ1A.230205.002」となっています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、複数の不具合修正や機能改善が含まれており、例えば、Pixel 7 ProとPixel 7では特定の状況で「Clear Calling」が有効になっているときに不安定になることがある問題を修正しているほか、各製品で点字キーボードのタッチ操作が妨げられる問題などが修正されています。

続きを読む

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「arrows N F-51C」を2月10日に発売!環境に配慮したサステナブルモデルで価格は9万8780円


docomoスマホ「arrows N F-51C」が2月10日発売!

NTTドコモは6日、同社が昨年10月に発表した「2022-2023冬春モデル」のうちの環境に配慮したサステナブルな5G対応スタンダードスマホ「arrows N F-51C」(FCNT製)を2023年2月10日(金)に発売すると発表しています。すでに1月24日より事前予約受付を実施しており、販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では98,780円(分割では2,171円/23回+48,840円)で、残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、23カ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は49,940円となります。なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2月7日(火)10時に購入手続きを開始して発売日より順次お届けとなっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、フラッグシップスマホ「Zenfone 9」や「Zenfone 8」、「Zenfone 8 Flip」にAndroid 13へのOSバージョンアップを提供開始


エイスースがZenfone 9やZenfone8、Zenfone 8 FlipにAndroid 13を提供開始!

ASUS JAPANは6日、同社が販売する5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」および「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」、「Zenfone 8 Flip(型番:ZS672KS)」(ともにASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年2月6日(月)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話ネットワーク(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新ファイルサイズはZenfone 9が888MB、Zenfone 8が約1.34GB、Zenfone 8 Flipが約1.31GBと大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

更新後のビルド番号はZenfone 9が「WW_33.0804.2060.88」、Zenfone 8とZenfone 8 Flipが「WW_33.0210.0210.210」で、ビルド番号は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認できます。主な変更点は以下の通りで、Android 13に合わせて独自ユーザーインターフェースも「ZenUI 9.5」となっています。

<Android 13で利用可能となる主な新機能>
(1)アプリごとに言語設定が可能
Android 13からは、アプリごとに表示言語を自由に選択できるようになりました。

(2)「壁紙とスタイル」の設定内容の一部仕様の変更と新機能の追加
Android 13では「壁紙の色」に新しいスタイルが追加されて、16種類のカラーパレットから選択できるようになりました。ユーザーが選択したカラーに合わせて、ロック画面、クイック設定のパネル、各ボタンなどの色合いが変化します。

(3)ロック画面/通知画面上のメディアコントロールのデザインが変更
Android 13からは音楽ファイルのアートワークが従来よりも大きく表示されて、再生バーも波のようなデザインへ変更になりました。また、ロック画面上で再生バーを操作することも可能になりました。

(4)クリップボードの編集機能を追加
Android 13からは文字をコピーした際、クリップボードの内容を編集/共有することが可能になりました。またセキュリティの観点から、1時間でクリップボードの内容が自動的に消去されるようになりました。

(5)アプリからの通知の許可/許可しないの選択画面が表示
従来のAndroidの場合、アプリをインストール時に通知は自動的に「許可」になっていましたが、Android 13からは、アプリからの通知に対して「許可」または「許可しない」の選択肢が表示されるようになりました。
 ※表示されるタイミングは、アプリによって異なります。

(6)アプリの通知の管理が可能な「アプリの通知」機能を追加
従来のAndroidの場合、アプリの通知をOFFに設定するには、各アプリの通知設定を開き一つ一つOFFにする必要がありましたが、Android 13の場合は「アプリの通知」設定から、各アプリの通知を一覧表示、またOFF/ONできるようになりました。

(7)片手操作しやすいように設定と電源ボタンが画面下部へ移動
Android 13では設定と電源メニューボタンに手が届きやすいように、各ボタンがクイック設定パネルの画面下部に移動されました。また、現在バックグラウンドで実行中のアプリ情報を確認できるボタンも追加されました。
 ※「システム環境設定」でクイック設定のパネルスタイルを「小さな円」に設定した場合、Android 12までのデザインが適用されます。

(8)バイブレーションの強度設定にアラーム使用時を追加
Android 13では従来のバイブレーション設定に加えて、アラーム使用時のバイブレーションの強度の設定をすることが可能になりました。

<ZenUI Ver 9.5へのアップデート>
(1)「システム環境設定」を新規追加
システム環境設定は、[設定] - [システム環境設定]から、各種ユーザーインターフェースの設定が可能です。

・音量調整モード
「音量調整モード」では、純正Androidの音量調整か、ASUSオリジナルの音量調整から自由に選択することができます。ASUSオリジナルの音量調整の場合は「音量キーと同期」を有効にすると、選択したすべてのオーディオ項目を、音量ボタンを押した際に同時に調整することが可能になります。また、個々の項目の音量制限を好みに合わせて調整することもできます。

・音量パネルの切り替えオプション
音量パネルの切り替えオプション
「純正Android」設定の場合、タップ後に設定項目の選択が必要になります。「タップして切り替え」設定の場合、タップすると項目が自動的に切り替わります。

・着信音量のボタンオプション
「着信音量のボタンオプション」では、着信時に音量ボタンを押した際の挙動を選択することができます。

・着信表示
「着信表示」では、着信時に通知画面を「全画面表示」にするか、「ヘッドアップ通知」にするかの選択ができます。

・ロック画面の時計表示
「ロック画面の時計表示」では、ロック画面に表示される時計のサイズを選択することができます。※ 大きな時計を設定時、通知がある場合は小さな時計で表示されます。

・クイック設定のパネルスタイル
「クイック設定のパネルスタイル」では、Android 13においてデフォルトの「カプセル型」か、Android 11まで採用されていた「小さな円」から表示方法を選択することができます。
・電源ボタンメニュー
「電源ボタンメニュー」では、「純正Android」か「ASUSオリジナル」から選択することができます。

(2)ロック画面のショートカット機能のオプションに「QRコードをスキャン」を追加
ロック画面のショートカット機能のオプションに「QRコードをスキャン」を追加
ロック画面の下部に表示されているアプリのショートカットは、設定で変更することができます。ZenUI 9.5では、新規に「QRコードのスキャン」がショートカットに追加されました。
 ※ロック画面のショートカットは、[設定] - [セキュリティと画面ロック] - [画面ロック]の歯車アイコンを選択後、「ショートカット」から設定が可能です。

(3)URLリンクを素早くコピー/シェアできる機能を追加
ChromeやYouTubeなど、URLが発行されるタイプのアプリを起動中にアプリ一覧の表示した際、起動中のアプリパネルの右上に共有アイコンが表示されるようになりました。このアイコンをタップすることで、すばやくURLのコピーや共有を行うことが可能になりました。

(4)マルチタスクボタンの設定に画面分割のショートカットを追加
マルチタスクボタンの設定に、画面分割の設定が追加されました。マルチタスクボタンの設定後、ボタンを長押しすることで、アプリの画面が分割されます。
 ※マルチタスクボタンの設定は、[設定] - [拡張機能] - [スクリーンショット] を選択後、「マルチタスクボタン」から設定が可能です。


続きを読む

ソニー、スタンダードスマホ「Xperia 10 IV」のMVNO版「XQ-CC44」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


5Gスマホ「Sony Xperia 10 IV XQ-CQ44」がAndroid 13に!

ソニーは3日、5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV」の仮想移動体通信事業者(MVNO)向け「Xperia 10 IV(型番:XQ-CQ44)」に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年2月2日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、恐らく更新ファイルサイズが大きいのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号は「65.1.A.6.8」。

主な更新内容は「Android 13対応 OSバージョンアップ」となっており、Android 13へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご確認ください。なお、MVNOとしては「IIJmio」および「mineo」、「NUROモバイル」、「OCN モバイル ONE」、「BIGLOBEモバイル」から販売されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。