S-MAX

NTTドコモの「2022年夏モデル」が出揃う!スマホ8機種+ケータイ1機種、5G SAやeSIMにも対応。価格や対応バンドなどをまとめ


docomo 2022 Summer collectionはスマホ8機種+ケータイ1機種の合計9機種!

NTTドコモは11日、今夏に発売する「2022年夏モデル」が出揃ったと発表し、スマートフォン(スマホ)は「Galaxy S22 SC-51C」および「Galaxy S22 Ultra SC-52C」、「Xperia 1 IV SO-51C」、「AQUOS R7 SH-52C」、「Galaxy A53 5G SC-53C」、「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」、「AQUOS wish2 SH-51C」の8機種、フィーチャーフォンは「arrows ケータイ ベーシック F-41C」の合計9機種がラインアップされています。

同社の2022年夏モデルはXperia 1 IV SO-51CとAQUOS R7 SH-52CがAndroidでは初のeSIMに対応しているほか、Galaxy S22 SC-51CおよびGalaxy S22 Ultra SC-52C、Xperia 1 IV SO-51C、AQUOS R7 SH-52Cのハイエンドモデル4機種はすべてミリ波(mmWave)と5G SAに対応しており、下り最大4.9Gbpsに対応しています(一部機種はソフトウェア更新が必要)。また全9機種がオンライン専用プラン「ahamo」に対応しているとのこと。

すでにGalaxy S22 SC-51CとGalaxy S22 Ultra SC-52Cは4月21日、arrows ケータイ ベーシック F-41Cは5月13日に発売されており、Galaxy A53 5G SC-53Cは5月下旬以降、Xperia 1 IV SO-51Cは6月上旬以降、AQUOS wish2 SH-51Cは6月下旬以降、Xperia Ace III SO-53Cは6月中旬以降、Xperia 10 IV SO-52Cは7月上旬以降、AQUOS R7 SH-52Cは7月下旬以降に発売予定です。

また発売に先立ってまだ発売されていない製品は各機種ともにすでに事前予約受付が実施されており、販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストアドコモオンラインショップ」などとなっています。ドコモオンラインショップなどの直営店での価格もAQUOS R7 SH-52CやGalaxy A53 5G SC-53C、AQUOS wish2 SH-51C以外は案内されています。

またAQUOS wish2 SH-51Cとarrows ケータイ ベーシック F-41以外は残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、対象機種はドコモオンラインショップでも単体(機種のみ)で購入が可能となります。一方、現時点では割引は「5G WELCOME割」でGalaxy S22 SC-51Cの新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で5,500円OFFのみとなっています。

なお、AQUOS R7 SH-52CのシルバーとXperia 10 IV SO-52Cのラベンダーはドコモオンラインショップ限定カラーとなっており、NTTドコモおよびシャープ、ソニーが共同で購入した機種代金の1%相当を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や命を救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付するということです。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEMO」にてネットトラブルの解決に役立つサービスをまとめた「セキュリティパックプラス(L)」が提供開始


LINEMOにて「セキュリティパックプラス(L)」が提供開始!月額660円

ソフトバンクは12日、オンライン専用の携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp )において安心・安全に加えてネットトラブルの解決に役立つサービスをまとめたオプションサービス「セキュリティパックプラス(L)」を2022年5月12日(木)から提供開始するとお知らせています。オプション料は月額660円(税込)。

また初めてセキュリティパックプラス(L)に加入した場合に月額使用料が1カ月無料で利用できるキャンペーンを実施しています。対応機種はiPhone全機種およびAndroid 10以上を搭載したAndroid搭載製品となっており、申込はLINEMOのオンラインサポート「My Menu」から行います。

続きを読む

NTTドコモ、紹介した人と紹介された人にそれぞれ500ポイントプレゼントする「d払いファミリー紹介プログラム」を開始


決済サービス「d払い」にてファミリーは割引グループの家族に紹介するとdポイントがもらえる!

NTTドコモは13日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「d払い」( https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/ )において条件を満たした場合に紹介した人と紹介された人の双方にdポイント500ポイント(期間・用途限定)をプレゼントする「d払いファミリー紹介プログラム」を2022年5月13日(金)10時から実施するとお知らせしています。

終了時期は現時点では未定で、終了する場合には事前に終了の2か月前に告知するとのこと。条件は(1)ファミリー割引を契約かつd払いを利用中の人がファミリー割引グループ内の家族にd払いを紹介、(2)紹介された人がはじめてまたは前月までの過去12ヶ月間にd払い加盟店で決済履歴がない場合にd払いを利用することとなっています。

また紹介者と被紹介者それぞれにプログラム参加のための決済条件としてd払いで合計600円(税込)の利用が必要となっています(紹介者はポイント進呈条件を満たした月を含む過去12か月間に、非紹介者は申込み完了時に表示される利用期限である申込翌月末までに)。なお、紹介は最大4人まで(進呈は期間中合計2,000ポイント)紹介できるとのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:楽天モバイルの次の一手。0円スタートを廃止した新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」から経営戦略を考える【コラム】


楽天モバイルの新料金プランについて考えてみた!

3年ぶりに緊急事態宣言のない楽しいゴールデンウィークが終わり、人々が緊急事態宣言を受けたかのように沈む表情で会社に向かっていた先週、通信業界では各社の新サービス・新製品発表会や決算発表が大量に重なり、戦争のような忙しさとなっていました。

そんな中でもひときわインパクトのある話題となっていたのが楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII(ラクテン・アンリミット・セブン)」の発表でしょう。同社が5月13日に発表したこの新料金プランは月額1,078円(以下、すべて税込)から始まる従量制となり、2022年7月1日(金)より提供開始が予定されています。

既報通り、これまでの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI(ラクテン・アンリミット・シックス)」を置き換えるもので、既存利用者も7月1日には1回線目なら0円スタートが廃止されるRakuten UN-LIMIT VIIへ自動移行されるということもあり、SNSなどでは「騙された」や「自動移行はやりすぎだ」といった厳しい声も散見されました。

楽天モバイルはなぜ0円スタートの料金プランを廃止するのでしょうか。またそこにある勝算とは一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」について考察します。

続きを読む

楽天モバイルの0円スタート廃止が影響か!?KDDI、オンライン専用プラン「povo2.0」の申込集中で本人確認に時間がかかると案内


povo2.0が申込過多で本人確認に時間がかかっていると案内!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )において申し込み集中によって本人確認に時間がかかっているとお知らせしています。本人確認は完了したらメールで連絡されるため、それまでしばらく待つよう案内されています。

特に申し込みが集中した理由などについては明らかにされていませんが、ちょうど前日5月13日には楽天モバイルが1回線目で月間データ通信量が1GB未満だと0円となる料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を廃止し、新しい「Rakuten UN-LIMIT VII」に移行することが発表されたこともあり、そうした影響があるのかもしれません。

なお、すでに紹介していますが、povo2.0では高速データ通信容量などのトッピングを購入しなければ月額基本料0円からはじめられますが、トッピングの購入が長期間ない場合には自動解約となり、完全にずっと0円で維持できるわけではないのでご注意ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。