S-MAX

携帯電話サービス「IIJmio」にてギガプラン専用アプリ「My IIJmio」にて他の人の情報が表示されてしまうセキュリティー事故が発生


IIJmioのギガプラン専用アプリ「My IIJmio」にて情報セキュリティー事故が発生!254人に影響

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は16日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )における新料金プラン「ギガプラン」において提供を開始したスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリ「My IIJmio」について誤って別の利用者の情報が表示される情報セキュリティー事故が発生したことが判明したとお知らせしています。

ギガプラン向け専用アプリのMy IIJmioは前日の7月15日(木)に提供を開始しましたが、その後、情報セキュリティー事故が判明したため、同社では7月15日18時55分より利用を停止しているとのこと。また誤って情報が表示された利用者には個別に案内メールを送信したということです。

なお、影響を受けた利用者数は254人で、7月17日(土)15時40分時点でメールが届いていない場合は本事故の影響を受けていないとのこと。同社ではギガプラン向け専用アプリのMy IIJmioにおける情報セキュリティー事故の原因を解明し、目途が立ったらサービスを再開する予定としていましたが、現時点ではサービスの再開まではまだ時間がかかる見込みだとしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:さよなら、フリート。Twitterの時限投稿機能「フリート」の失敗と教訓からオンラインコミュニケーションのあり方を考える【コラム】


Twitterのフリート機能の終了について考えてみた!

先週、ソーシャルネットワークサービス「Twitter」界隈で少々ざわつくニュースが流れました。既報通り、Twitterの投稿機能の1つ「Fleets(フリート)」が2021年8月3日(米国時間)で終了するというものです。

スマートフォン(スマホ)からTwitterを閲覧しているみなさんならお馴染みとなっていたフリート機能ですが、登場からわずか9ヶ月ほどでその幕を閉じることとなります。

理由や原因はさまざまに考えられますが、Twitterの公式ブログによると、「フリートをきっかけに新たにTwitterで会話に参加する人の数は、私たちが望んでいたようには増えていない」というのが最大の理由だったようです。

Twitterはフリートに何を期待し、何が期待はずれだったのでしょうか。またTwitterユーザーは何故フリートを「使わなかった」のでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はTwitterのフリート機能の失敗がもたらした教訓やオンラインコミュニケーションのあり方について考察します。

続きを読む

Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能を紹介!全画面キャプチャーや新デザインなど。最終APIになったベータ3が提供中【レビュー】


Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能をスクリーンショットや動画でまとめてチェック!

既報通り、Googleは14日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 12」における一般向けベータ版第3弾「Android 12 Beta 3」を公開しました。同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 3」シリーズ以降やAndroidエミュレーターで利用可能なほか、ASUSやOPPO、Xiaomi、ZTEなどの各メーカーにおける対応製品で利用でき、日本国内向け製品ではシャープがSIMフリースマホ「AQUOS sense5G SH-M17」向けに提供しています。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができ、Android 12 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「SPB3.210618.013」となっており、Androidセキュリティーパッチレベルは「2021年7月5日」、Google Play servicesも「21.24.13」となっています。

またAndroid 12 Beta 3ではスクロールスクリーンショットなどの新機能が追加されたほか、プライバシーインジケーターAPIや強化された自動回転などの追加に加え、最終的なAndroid 12におけるAPIとSDKも含まれており、APIレベルは新たに最終APIということでベータが外れて「API 31」となりました。そこで今回はほぼ新機能は実装し終わったと思われるため、ざっくりと「Pixel 4a (5G)」でAndroid 12 Beta 3を試してみましたので、Android 12の主な新機能を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」をファーストインプレッション!無難に使えるけど、ちょっとお高い?【レビュー】


docomoから発売された5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 |II SO-52B」をレビュー!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)を6月18日に発売しました。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など直営店では本体価格が51,480円となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合に「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれて29,480円となります。一方で珍しく「スマホおかえしプログラム」は対象外となっています。今回はそんなXperia 10 III SO-52Bを実際に試す機会があったため、外観や同梱品、カメラなどの基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介します。

なお、購入キャンペーンも実施されおり、ソニー製純正カバーとともに2021年7月31日(土)までに購入して応募すると、dポイント3,000ポイントがプレゼントされます。加えて2021年9月21日(火)までに購入・応募すると音楽配信サービス「Deezer」または「Nuggs.net」、「mora qualitas」のいずれかが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施されています。

続きを読む

Google、アカウントに保存された検索履歴の管理機能を強化!直近15分間をワンボタンで削除や保存期間の選択、閲覧のための追加認証など


Googleが検索履歴のセキュリティーとプライバシーの機能を強化!

Googleは15日(現地時間)、Googleアカウントでは「Google 検索」( https://www.google.com/ )などを利用すると検索履歴がアカウントに保存されますが、新たに過去のアクティビティ閲覧に対して追加認証を要求したり、15分前までの検索機歴をボタン1つでまとめて消去するなどのプライバシー保護機能の強化を発表しています。

まずは15分前までの検索履歴をまとめて削除できる機能はiOS向け「Googleアプリ」にて提供開始され、今後はAndroid向け「Googleアプリ」でも利用できるようになるとのこと。なお、検索履歴はGoogleアカウントにログインして「データとカスタマイズ」から「ウェブとアプリのアクティビティ」( https://myactivity.google.com/activitycontrols )をOFFにすることで保存しないようにできます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。