S-MAX

楽天モバイルが「iPhone 15」シリーズなどを最大1万7千円値下げ!Rakuten最強プランの回線契約セットで最大3万3千ポイント還元キャンペーンも


楽天モバイルがiPhone 15シリーズなどを最大17,000円値下げ!新キャンペーンも開始

楽天モバイルは21日、同社が販売しているApple製の5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 15」および「iPhone 15 Plus」、「iPhone 15 Pro」、「iPhone 15 Pro Max」、「iPhone 13」(128GB)の販売価格(金額はすべて税込)をそれぞれ改定して最大17,000円値下げしたとお知らせしています。すでに同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )や楽天モバイルショップだけでなく、公式Webストア「楽天モバイル公式 楽天市場店」でも値下げされています。

合わせて新たなキャンペーン「iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大33,000円相当おトク!」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/iphone-point/ )を開始し、2024年3月31日(日)23:59まで「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用して同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten最強プラン」(データタイプ除く)の回線契約とセットで対象の「iPhone」を購入すると「楽天ポイント」で20,000ポイントが還元されます。

これにより、すでに実施中のキャンペーンを併用すれば、対象のiPhoneとセットで他社から乗り換え(MNP)かつ初めてRakuten最強プランを契約する場合に最大33,000円相当分の楽天ポイントが還元されます。さらに楽天モバイル買い替え超トクプログラムの対象製品に「iPhone SE(第3世代)」を追加し、楽天モバイルで取り扱いのあるすべてのiPhoneが楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用して購入できるようになったということです。

続きを読む

新型コロナワクチン接種証明書を取得できる日本政府公式のスマホなど向けアプリ「接種証明書」が3月31日に終了!4月以降は自治体にて紙で発行


日本政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリが3月末にサービス終了!

内閣 デジタル庁は20日、日本政府が公式に提供する新型コロナワクチン接種証明書を発行(申請)や提示(表示)、読み取りができるスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ(英語名:COVID-19 Vaccination Certificate Application)」(短縮名「接種証明書」)を2024年3月31日(日)に提供終了すると発表しています。

これにより、接種証明書アプリによる接種証明書の発行は3月31日までとなり、2024年4月以降に海外渡航時などで接種証明書が必要な場合は各市区町村にて紙媒体で発行するように案内しています。また接種証明書アプリについては4月1日(月)に種証明書の発行機能を停止するほか、機能停止バージョン(v1.22.0)を公開するとのこと。

さらに5月7日(火)にはこの機能停止バージョンについてもアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にて公開終了するとしています。なお、デジタル庁では合わせて『「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス終了に関する質問と回答(Q&A)』も公開しており、不明点がある場合には参照して欲しいとしています。

続きを読む

携帯電話サービス「povo2.0」でケンタッキーフライドチキン500円分が付いたトッピング「データ追加1GB(24時間)」を500円で2月29日まで提供


povo2.0にてデジタルKFC CARDとデータのセットトッピングが提供中!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、オンライン専用の料金プランとして提供している携帯電話サービス「povo2.0」( https://povo.jp/ )においてケンタッキーフライドチキンの「デジタルKFC CARD 500円」と「データ追加1GB(24時間)」がセットになったお試しトッピング「【期間限定】デジタルKFC CARD 500円+データ1GB(24時間)」を2024年2月19日(月)10:00から2月29日(木)23:59まで提供するとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)は500円で、データ追加1GB(24時間)が実質無料となっています。また2月29日までのpovo2.0を新規加入すると、データ追加100GB(3日間)が必ずもらえるほか、抽選で90%の確率で「デジタルKFC CARD 1,000円」が当たるキャンペーンも開催されています。なお、デジタルKFC CARD 500円はトッピング購入日から5日以内にpovo2.0に登録のメールアドレスへ送付されるとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、エントリースマホ「Galaxy A23 5G SC-56C」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Galaxy A23 5G SC-56C」がAndroid 14に!

NTTドコモは21日、同社が「2022-2023冬春モデル」として2022年10月に発売した5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「Galaxy A23 5G SC-56C」(Samsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2024年2月21日(水)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)のほか、スマホをUSBケーブルでパソコン(PC)に接続して実施する方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみで約39分、PCを用いる方法で約71分となっており、更新後のビルド番号は「UP1A.231005.007.SC56COMU1CXA3」とのこと。

主な更新内容は以下のように案内されていますが、合わせて独自ユーザーインターフェース「One UI 6.0」にアップデートされるとのことで、One UI 6.0についてはGalaxyの公式Webページ『One UI 6の新機能 | Samsung Japan 公式 JP』にてご確認ください。

◯主なアップデート内容
・Android 14に対応
 詳細は下記ページをご確認ください
 https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_14.html

・Android 14以外の機能向上や操作性改善
 詳細は下記ページをご確認ください。
 https://www.samsung.com/jp/one-ui/features/

◯改善される事象
・より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2023年12月になります。)


続きを読む

ペン同梱ながら4万円を切るお買い得感!パソコンのセカンドモニターにもなる10.95インチAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す【レビュー】


Lenovo Tab Pen同梱の10.95インチAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」をレビュー!

既報通り、レノボ・ジャパンが10.95インチAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」(Lenovo製)を2024年1月26日(金)に発売しました。筆圧感知機能(4096レベル)に対応したペン「Lenovo Tab Pen」を同梱しており、購入後すぐに手書きによるメモやイラスト描きが行えるほか、独自機能「Lenovo Freestyle」によってWindows搭載パソコン(PC)のセカンドモニターとしても利用できます。

販路は公式Webショップ「Lenovoオンラインストア」のほか、ECサイトや量販店などで、価格はオープンながら販売想定参考価格は38,280円前後(税込)と、大画面かつペン同梱ながらも手頃な価格帯で購入しやすくなっています。今回はそんなLenovo Tab M11を実際に試してみましたのでその模様を紹介します。なお、日本で販売されているLenovo Tab M11は携帯電話ネットワークに対応しないWi-Fiモデルとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。