S-MAX

iPad

Apple、タブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS 18」を発表!iPad(第6世代)や12.9インチ(第2世代)と10.5インチのiPad Proは対象外に


アップルがタブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS 18」を発表!

Appleは10日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社およびオンラインにて開発者向けイベント「WWDC 2024(Worldwide Developers Conference 2024)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2024は現地時間(PDT)の2024年6月10日(月)から6月14日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でタブレット「iPad」シリーズ向けのプラットフォーム「iPadOS」の次期バージョン「iPadOS 18」を発表し、Apple Developer Programを通じて開発者向けベータ版が同日から提供開始され、Apple Beta Software Programを通じて一般向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定であることを明らかにしました。

iPadOS 18はより多くの方法でホーム画面やコントロールセンターをカスタマイズできるほか、写真アプリにこれまでで最大の再設計が施され、メッセージでは新しい方法で自分を表現でき、Apple Pencilのために設計された計算メモに対応した「計算機」アプリが追加され、これまでの「メモ」アプリも新しい手書きツールが利用可能になり、そしてパーソナルインテリジェンスシステムである「Apple Intelligence」を導入などの多くを備えたメジャーリリースとなっています。

アップデート対象機種はiPadOS 17とは異なり、iPad(第7世代以降)およびiPad mini(第5世代以降)、iPad Air(M2)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro(M3)、12.9インチiPad Pro(第3世代以降)、11インチiPad Pro(第1世代以降)の21機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっており、iPadOS 17の対象機種だったiPad(第6世代)と12.9インチiPad Pro(第2世代)、10.5インチiPad Proは対象外となっています。

なお、Apple IntelligenceはiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Max、M1以降を搭載したiPadとMacでSiriと製品の言語を英語(米国)に設定している場合に今秋よりベータ版として利用できるようになるとしています。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 17.5.1」と「iPadOS 17.5.1」を提供開始!削除した写真が復活する不具合を修正。セキュリティー更新はなし


AppleがiPhoneなど向けiOS 17.5.1とiPadOS 17.5.1をリリース!

Appleは20日(現地時間)、同社が販売するスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けプラットフォーム「iOS」とタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 17.5.1(21F90)」および「iPadOS 17.5.1(21F90)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種は最新のiPad Pro(M3)およびiPad Air(M2)を含めたiOS 17およびiPadOS 17の対象機種となっており、iPhone XS以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第6世代以降)およびiPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、12.9インチiPad Pro(第2世代以降)、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro(第1世代以降)の各製品にて無料で更新可能です。

変更点はデータベース破損によって削除した写真がまれに復活してしまう不具合を修正しているとのこと。なお、セキュリティーアップデートについてはCVEに登録されている脆弱性は含まれていないということです。その他、同社では合わせて古いSTB(セットトップボックス)「Apple TV」向け「tvOS 17.5.1」も配信開始しています。

続きを読む

Appleが重要な脆弱性を修正した「iOS・iPadOS 16.7.8」を提供開始!iOS・iPadOS 17非対応のiPhone X・8・8 PlusやiPad(第5世代)など向け


AppleがiPhoneやiPadなど向けiOS 16.7.8とiPadOS 16.7.8をリリース!

Appleは13日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」において前バージョン「iOS 16」や「iPadOS 16」の最新版「iOS 16.7.8(20H330)」および「iPadOS 16.7.8(20H330)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 16やiPadOS 16の対応機種でiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Pro(全モデル)のうちの次の最新メジャーバージョン「iOS 17」や「iPadOS 17」に対応していない機種となり、具体的にはiPhone XやiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPad(第5世代)、12.9インチiPad Pro(第1世代)、9.7インチiPad Pro向けとなり、これらの製品にて無料で更新可能となっています。

変更点は重要なセキュリティーアップデートが含まれているとしており、CVEに登録されている脆弱性としてはFoundationに関する「CVE-2024-27789」とRTKitに関する「CVE-2024-23296」の2個となっており、同社では中でも後者の脆弱性が悪用された可能性があるという報告を認識していると説明しています。

その他、すでに紹介しているように同時にiOSおよびiPadOSは最新バージョン「iOS 17.5(21F79)」および「iPadOS 17.5(21F79)」がリリースされているほか、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS 10.5」、スマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS 17.5」、パソコン「Mac」向け「macOS Sonoma 14.5」および「macOS Ventura 13.6.7」、「macOS Monterey 12.7.5」なども配信開始しています。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 17.5」と「iPadOS 17.5」を提供開始!忘れ物防止タグのトラッキング通知改善や不具合・脆弱性の修正など


AppleがiPhoneなど向けiOS 17.5とiPadOS 17.5をリリース!

Appleは13日(現地時間)、同社が販売するスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けプラットフォーム「iOS」とタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 17.5(21F79)」および「iPadOS 17.5(21F79)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はプラットフォームを越えたトラッキング検出機能によって本人のものではない忘れ物防止タグ/Bluetoothトラッカーがその人と一緒に移動している場合にペアリングされているオペレーティングシステムに関わらずにトラッキング通知を送信するように改善したほか、バグ修正やセキュリティーアップデートなどが含まれているとのこと。なお、CVEに登録されている脆弱性についても15個が修正されているとのことです。

対象機種は最新のiPhone 15シリーズを含めたiOS 17およびiPadOS 17の対象機種となっており、iPhone XS以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第6世代以降)およびiPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、12.9インチiPad Pro(第2世代以降)、10.5インチiPad Pro、11インチiPad Pro(第1世代以降)の各製品にて無料で更新可能です。

その他、同社では合わせて古いiPhoneやiPad向けにセキュリティーアップデートを行う「iOS 16.7.8」および「iPadOS 16.7.8」、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS 10.5」、スマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS 17.5」、パソコン「Mac」向け「macOS Sonoma 14.5」および「macOS Ventura 13.6.7」、「macOS Monterey 12.7.5」なども配信開始しています。

続きを読む

Apple、新タブレット「13インチiPad Air(M2)」と「11インチiPad Air(M2)」を発表!5月15日発売で予約開始。価格は9万8800円から


アップルの新しいiPad Airが発表!13インチ(M2)と11インチ(M2)の2機種

Appleは7日(現地時間)、オンラインにて発表会「Apple Event - Let Loose.(何でもあり)」を開催し、同社のタブレット「iPad」シリーズの同社のミッドレンジモデル「iPad Air」の新製品「13インチiPad Air(M2)」および「11インチiPad Air(M2)」を発表しています。日本を含む29の1次販売国・地域では2024年5月15日(水)に発売され、価格はアメリカでは13インチiPad Air(M2)が799ドル(約124,000円)から、11インチiPad Air(M2)が599ドル(約93,000円)からとなっています。

すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約販売が開始されており、日本での価格(金額はすべて税込)はAppleの公式Webストアでは13インチiPad Air(M2)のWi-Fiモデルの128GBが128,800円、256GBが144,800円、512GBが180,800円、1TBが216,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの128Bが154,800円、256GBが170,800円、512GBが206,800円、1TBが242,800円。

また11インチiPad Air(M2)のWi-Fiモデルの128GBが98,800円、256GBが114,800円、512GBが150,800円、1TBが186,800円、Wi-Fi+Cellularモデルの128GBが124,800円、256GBが140,800円、512GBが176,800円、1TBが212,800円。補償サービス「Apple Care+ for iPad」は13インチiPad Air(M2)が分割払いで850円/月(24カ月で総額20,400円)または一括払いで16,800円(2年間)、11インチiPad Air(M2)が分割払いで650円/月(24カ月で総額15,600円)または一括払いで12,800円(2年間)とのこと。

その他、ペン入力「Apple Pencil」は「Apple Pencil(USB-C)」に加えて同時に発表されて同じく5月15日に発売される「Apple Pencil Pro」に対応しており、価格はApple Pencil(USB-C)が13,800円、Apple Pencil Proが21,800円で、新しいiPad Air用の「Magic Keyboard」(ブラック、ホワイト)や「Smart Folio」(チャコールグレイ、ライトバイオレット、デニム、セージ)も販売され、Magic Keyboardは13インチiPad Air(M2)向けが59,800円、11インチiPad Air(M2)向けが49,800円、Smart Folioは13インチiPad Air(M2)向けが17,800円、11インチiPad Air(M2)向けが13,800円。

なお、Wi-FiモデルはApple以外からも量販店やソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」より販売され、Wi-Fi+Cellularモデルはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、こちらはApple以外からはヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗およびECサイトなどのほか、NTTドコモやKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)より販売され、MNOではそれぞれAppleとは異なる価格となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。