S-MAX

スマートフォン

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.0.2」や「iPadOS 15.0.2」を提供開始!各種不具合や重要なセキュリティー更新を実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.0.2とiPadOS 15.0.2をリリース!

Appleは11日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.0.2(19A404)」および「iPadOS 15.0.2(19A404)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は写真を保存したメッセージを削除すると「メッセージ」アプリからライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題やAirTagが「探す」アプリの「持ち物を探す」タブに表示されないことがある問題、FinderまたはiTunesを使用して復元やアップデートを実行するとiPhone 13シリーズやiPad mini(第6世代)で失敗することがある問題などの各種不具合が修正されています。

また重要なセキュリティー更新も行われておりCVEで公開されている脆弱性としてはIOMobileFrameBufferにおいてアプリにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある「CVE-2021-30883」が挙げられており、メモリー処理を強化してメモリー破損の脆弱性に対処したとのこと。なお、同社ではこの脆弱性が悪用された可能性があることを把握しているとのこと。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新のiPhone 13シリーズや「iPad(第9世代)」および「iPad mini(第6世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

その他、手元のiPhone 13 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向けプラットフォーム「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.0.1(19R354)」も提供開始されています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:策士策に溺れる。iPhoneのminiモデルで起きた事前調査と販売実績の乖離から消費者心理と数字の落とし穴を考察【コラム】


アンケート調査と消費者心理について考えてみた!

Appleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズが発売されて2週間ほどが経ちました。そろそろ各メディアでの話題も落ち着き、緊急事態宣言が解除された都内を歩いていてもぼちぼちとその姿を見かけるようになりました。

毎年新型が発表される度になんだかんだとさまざまな話題が飛び交いながら「iPhone」は確実に売れています。しかしながら、その売れ行きに関して昨年から若干不思議な現象が起きています。その「なんだかんだ」に相当する事前購入調査やユーザーアンケートと、実際の購入状況が一致しない(乖離している)のです。

仕事柄、筆者は消費者を対象にしたアンケート調査などを非常に重視し、その数字から利用者の動向やニーズを推察することが多々ありますが、そういった推察や予想がことごとく外される異常事態が昨年のiPhoneシリーズから起きているのです。これは一体どうしてなのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhoneシリーズの購入アンケートと実際の購買状況の乖離について、その原因や消費者心理について考察します。

続きを読む

スタンダードモデルの新基準として汚名返上なるか!?シャープの5Gスマホ「AQUOS sense6 SH-54B」を写真と動画で紹介【レポート】


AQUOS sense6、ファーストインプレッション!

既報通り、NTTドコモが「2021-2022冬春モデル」として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6 SH-54B」(シャープ製)を発表しました。販路はドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのドコモ取扱店すべてで、価格は未定ですが、9月28日より事前予約受付を開始しており、11月中旬以降の発売を予定しています(価格や発売日の詳細は後日案内)。

使いやすさと購入のしやすさで安定した人気を誇るシャープの「AQUOS sense」シリーズもついに6機種目。前機種では5代目である点とシリーズ初の5G対応をかけ合わせて「AQUOS sense5G」と名前が冠されましたが、今回は順当に数字のみの「6」へ回帰しました。

最新の3Dゲーム利用に耐えられるような尖った処理性能こそないものの、日常利用を想定した性能としては必要十分以上の高品質を維持してきた本シリーズですが、本機ではディスプレイ品質や生体認証技術などで大幅な改良が加えられ「全くの別物」という印象さえ受けます。

パッと見では大きな変化を感じられない筐体デザインでも実は衝撃的なほどの変化があり、従来機種を利用してきた人ほど手に取った瞬間に「え!?」と驚くこと間違いなしです。前機種のAQUOS sense5Gは同時期に開発された「AQUOS sense4」のボディーに何とか5Gを詰め込んだこともあってか故障や不具合などが多くなってしまっているようですが、新設計の本機は汚名返上できるでしょうか。

今回、NTTドコモでは10月6日にメディア向けに新商品を説明する「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」をオンラインにて開催し、併せて都内にてタッチ&トライが開催され、筆者も参加して実機にAQUOS sense6 SH-54Bに触れる機会を得ましたので、写真や動画とともにその魅力をご紹介します。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にてiPhone 12を10月6日、iPhone 12 miniを今秋以降より販売!価格は7万9200円から


J:COM MOBILEにてiPhone 12とiPhone 12 miniが販売開始!5G対応料金プランと端末代金と合計でも月額3,938円から

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は6日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」を取り扱うと発表しています。

発売日はiPhone 12が2021年10月6日(水)、iPhone 12 miniが今秋以降となっており、販売されるのは日本向けの正規品で、両機種ともに内蔵ストレージが64GBおよび128GB、256GB、本体カラーがホワイトおよびブラック、ブルー、グリーン、パープル、(PRODUCT) REDが販売されます。

なお、すでに販売が開始されているiPhone 12については現時点では128GBモデルのみが販売されており、64GBおよび256GBは入荷待ちで、256GBについてはホワイト、ブラック、ブルーの3色のみを販売するとのこと。販売拠点はJ:COM MOBILEのオンラインショップおよびジェイコムショップなど。

価格(金額はすべて税込)はiPhone 12の64GBが95,040円、128GBが102,960円、256GBが110,880円、iPhone 12の64GBが79,200円、128GBが87,120円、256GBが95,040円となっており、それぞれ24回と36回の分割払いも行えます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:思わぬ反応?想像通り? コラム連載200回を迎え、読者のさまざまな反響からテクノロジーの進化のあり方について考える【コラム】


コラム連載200回記念!印象に残ったコラムを振り返ってみた!

筆者がこの連載コラムを書き始めて、今回でちょうど200回目となります。1週も欠かさず書き続けましたので、200週目ということでもあります。最初の寄稿は2017年12月10日でした。

主に時事ネタや技術解説を中心に、筆者が感じたことや技術的に疑問に思ったことなどを調べ、読者の方にも分かりやすく……という思いで結局分かりづらいまま掲載し続けてきてしまったことは反省しきりですが、ただ1つ良かったことを挙げるとするなら「勉強する癖がついた」ということでしょうか。

この4年間、ひたすらにテクノロジーや物事の仕組みについて勉強し続けてきました。それは苦しかったりつまらないことではなく、とても楽しみながら行えました。学生時代に、時々大人から「大人になってからの勉強は楽しいぞ」と聞かされてきましたが、なるほどこういうことかと何度も納得した覚えがあります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は過去に掲載された199回分のコラムを振り返り、筆者としてとくに印象に残ったコラムや反響の大きかったコラムを4つほどピックアップして、2021年の視点で改めて簡単に考察してみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。