S-MAX

レビュー・ハウツー

かわいくてイケてるワイヤレスイヤホン!オトナ女子にもオススメな「Soundcore Liberty Air 2」を写真と動画で紹介【レビュー】


かわいいだけじゃないワイヤレスイヤホンを紹介!

40代のおっさんなのにかわいいものについつい反応してしまう筆者が見つけたかわいいデジタルグッズを紹介していく「#おっさんが見つけたかわいいガジェット」の第3回目は、Anker(アンカー)ワイヤレスイヤホンSoundcore Liberty Air 2(サウンドコア リバティ エアー ツー)」(以下、Liberty Air 2)だ。

現在では、オーディオメーカーやモバイル機器メーカーをはじめ様々な企業がワイヤレスイヤホン市場に参入しており、国内外問わず多種多様な製品が販売されている。しかも、ただラインナップが多いだけでなく、音質や操作性など日進月歩の勢いで進化を遂げており、実はかなりホットな市場でもある。

そんな中、今回紹介するLiberty Air 2は、2019年11月に発売されたモデルだ。ワイヤレスイヤホンは日進月歩で進化していると言いつつ、なぜ2年近く前の製品を紹介するのか?もちろん、かわいいからだ!!

今回も、大手Webストア「Amazon.co.jp」で購入したので、使用感などをレビューしていく。

続きを読む

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」をファーストインプレッション!無難に使えるけど、ちょっとお高い?【レビュー】


docomoから発売された5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 |II SO-52B」をレビュー!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)を6月18日に発売しました。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など直営店では本体価格が51,480円となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合に「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれて29,480円となります。一方で珍しく「スマホおかえしプログラム」は対象外となっています。今回はそんなXperia 10 III SO-52Bを実際に試す機会があったため、外観や同梱品、カメラなどの基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介します。

なお、購入キャンペーンも実施されおり、ソニー製純正カバーとともに2021年7月31日(土)までに購入して応募すると、dポイント3,000ポイントがプレゼントされます。加えて2021年9月21日(火)までに購入・応募すると音楽配信サービス「Deezer」または「Nuggs.net」、「mora qualitas」のいずれかが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施されています。

続きを読む

Xiaomiの最上位スマホ「Mi 11 Ultra」の外観や同梱品、基本機能などを写真や動画で紹介!120倍ズーム対応の3眼カメラや背面ディスプレイなど【レビュー】


グローバルモデルのハイスペックスマホ「Mi 11 Ultra」をチェック!

既報通り、Xiaomi(シャオミ)はグローバル市場向けに5Gに対応したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Mi 11 Ultra(ミー イレブン ウルトラ:型番 M2102K1G)」(Xiaomi Communications製)を海外にて4月より順次発売している。

価格は欧州では1,199ユーロ(約156,000円)からとなっており、同社のフラッグシップモデル「Mi 11(ミー イレブン)」シリーズにあたる「Mi 11 Pro(ミー イレブン プロ)」や「Mi 11」に比べても高価格帯で、同シリーズにおける最上位モデルの位置付けとなる製品だ。

そんなMi 11 Ultraのグローバル版をXiaomiからお借りしたので、外観や同梱品、基本的な機能を中心に写真や動画を交えてレビューしていく。なお、Xiaomiによると、現時点でのMi 11 Ultraの日本での発売は未定となっているという。

続きを読む

低音にも強い!低遅延モードや防水、長時間利用、時短充電などに対応した低価格な完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free 2」を試す【レビュー】


EarFunの最新モデル「EarFun Free 2」を試す

EarFunテクノロジーが展開するオーディオブランド「EarFun(イヤーファン)」シリーズにおいて、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free 2(イヤーファン フリー ツー)」(型番:TW101)が販売中だ。

大手Webストア「Amazon.co.jp」での取り扱い開始日は2021年5月24日で、EarFunの製品としては最新モデルとなる。価格は現時点で4,999円(税込)。

Qualcommの最新チップ「QCC3040」を搭載し、コーデックはAAC、SBCに加えaptXもサポートする。複合振動板を採用した6mm径のドライバーを搭載、低遅延モードや通話時のノイズキャンセリング、タッチコントロール、IPX7の防水性能、最大30時間の長時間利用、ワイヤレス充電などにも対応する。

今回、このEarFun Free 2をメーカーから提供いただき試してみたので、写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

ライカ監修の1型センサーカメラ搭載の新フラグシップスマホ「AQUOS R6 SH-51B」を購入!まずは同梱品や基本機能などを紹介【レビュー】


ライカ監修カメラ搭載で大きく生まれ変わった「AQUOS R6」のレビュー開始!

既報通り、シャープの新しいフラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6」がNTTドコモから「AQUOS R6 SH-51B」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から「AQUOS R6(型番:A101SH)」として6月25日に発売されました。

販路はドコモショップやソフトバンクショップ、量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ソフトバンクオンラインショップ」などで、それぞれ直営店における価格(金額はすべて税込)はNTTドコモ版が115,632円で、SoftBank版が133,920円となっています。またNTTドコモ版は「5G WELCOME割」によって他社から乗り換え(MNP)の場合に22,000円OFF、SoftBank版は「【オンライン限定】web割」によってMNPの場合に21,600円OFFとなります。

さらにNTTドコモ版は36回払いで25ヶ月目以降に返却すると最大12回分の残債が免除される「スマホおかえしプログラム」の対象で特典を利用すると実質3,212円/月×24回(総額77,088円)から、SoftBank版は48回払いで25ヶ月目以降に返却すると最大24回分の残債が免除される「トクするサポート+」の対象で特典を利用すると実質2,790円/月×24回(総額66,960円)からとなっています。

そんなAQUOS R6ですが、最大の特徴としてスマホ向けとしては破格の大きさを持つ1型(インチ)センサーのリアカメラを搭載し、さらにシャープとしては初めてドイツの光学機器メーカーのLeica(以下、ライカ)がカメラ機能を監修した製品ということもあり、発表時には大きな話題となりました。

筆者はこれまでにシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R2」および「AQUOS R3」、「AQUOS R5G」とここ数年毎年購入してきたこともあり、より注目度が上がったAQUOS R6も是非欲しいと思い、今回、NTTドコモ版のAQUOS R6 SH-51Bをさっそく購入しました。

そこで前後編に分けてAQUOS R6 SH-51Bのレビューをお送りしていこうと思います。まずは前篇として気になる本機の同梱品やプリインストールアプリ、ベンチマーク結果の比較などをお送りします。なお、外観についてはすでに掲載されている『NTTドコモの5G対応高性能スマホ「AQUOS R6 SH-51B」を写真と動画で紹介!ライカ監修の1型センサーカメラやPro IGZO OLEDなど【レポート】 - S-MAX』も合わせてご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。