S-MAX

ニュース・解説・コラム

楽天モバイルが4Gのエリアマップを更新!東京都小平市や神奈川県厚木市などの地域が追加。3月末および今夏以降の拡大予定も案内


楽天モバイルのエリアマップが更新!2021年3月末・夏以降の拡大予定が案内

楽天モバイルは20日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において新たに北海道や青森県、秋田県、宮城県、福島県、新潟県、茨城県における11地域が楽天回線エリアに追加されたとお知らせしています。

合わせて同社では公式Webサイトにて公開しているサービスエリア( https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/ )を更新し、これまでは対応予定エリアについては「2021年2月末」と「2021年春以降」となっていましたが、新たに「2021年3月末」と「2021年夏以降」に変更されています。

続きを読む

Snapdragon 665搭載のミッドレンジスマホ「TCL 10 Plus」が日本で発売へ!T782Pが技適を取得。SIMフリーで販売か


ミッドレンジスマホ「TCL 10 Plus」が日本で発売へ!技適取得

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにTCL Communication(以下、TCL)が「T782P」(認証番号:018-200396)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月24日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

T782Pはすでにグローバル向けに発表されているミッドレンジスマートフォン(スマホ)「TCL 10 Plus」の型番のため、すでに日本でも販売されている「TCL 10 5G」や「TCL 10 Pro」、「TCL 10 Lite」に続く「TCL 10」シリーズとして日本で発売されることになりそうです。

また従来通りであれば、これらの機種と同様に日本ではTCLの正規代理店だるFOXからSIMフリーモデルとして販売される可能性が高そうです。TCLではすでに次の「TCL 20」シリーズを発表していますが、日本ではその前にTCL 10 Plusが登場するようです。

続きを読む

DTIの携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホと見られる未発表の「TONE e21」が技適やBluetooth認証を取得


トーンモバイルの次期スマホと見られる「TONE e21」が各種認証取得!写真は旧機種のe19

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにCPSpeedがスマートフォン(スマホ)「TONE_e21」(認証番号:018-200380)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月30日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

型式または名称として登録されているTONE_e21からフリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「トーンモバイル」向け次期スマホ「TONE e21」になると予想されます。

なお、工事設計認証からはスマホかどうかといった製品カテゴリーはわかりませんが、Bluetooth認証機関のBluetooth SIGにて2021年1月20日(現地時間)付けで同じくCPSpeedによって「TONE_e21」の認証が取得されており、こちらに「Smart Phone」であることが示されています。

続きを読む

KDDI総合研究所と日本電業工作が28GHz/39GHz帯デュアルバンド透明メタサーフェス反射板を世界初開発!高周波数帯のエリア拡大に寄与


世界で初めてKDDI総合研究所と日本電業工作が28GHz/39GHz帯デュアルバンド透明メタサーフェス反射板を開発!

KDDI総合研究所は20日、日本電業工作と共同で電波を特定方向へ反射できる28GHz/39GHz帯デュアルバンド透明メタサーフェス反射板(以下、デュアルバンド透明メタサーフェス反射板)の開発に世界で初めて成功したと発表しています。

これにより、5Gや次世代移動通信の超高速・大容量なサービスエリアを迅速に拡張することが可能となり、ユーザーの利便性向上が期待されるということです。なお、39GHz帯は5Gの追加割当候補周波数の1つとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、10.8インチAndroidタブレット「MatePad Pro」に最新プラットフォーム「EMUI 11」へのソフトウェア更新を提供開始


タブレット「HUAWEI MatePad Pro」のEMUI 11に!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は19日、ハイエンドタブレット「HUAWEI MatePad Pro(型番:MRX-W09)」(Huawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「EMUI 11」へのバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月19日(火)16:00より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は本体のみでネットワーク経由にて行う方法(OTA)が用意されており、ビルド番号は更新後が「MRX-W09 11.0.0.166(C635E2R1P6)」、更新前が「Marx-W09A 10.1.0.182(C635E3R1P5)」で、更新ファイルサイズは約1.72GBとなっています。なお、ビルド番号は「設定」→「端末情報」(メニューの一番下)にて確認可能。

なお、EMUI 11の詳細は「EMUI 11 - ファーウェイ・ジャパン」をご覧ください。なお、EMUI 11はAndroidベースではありますが、最新バージョン「Android 11」ではなく既存の「Android 10」ベースとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。