S-MAX

イベント・レポート

洗える&割れにくい!アルコール除菌もできるようになったNTTドコモ向け5Gスマホ「arrows NX9 F-52A」を写真や動画で紹介【レポート】

01
ちょうど良い性能に日常の機能をタップリ詰め込んだarrows NX9

既報通り、NTTドコモが12月18日に5G対応Androidスマートフォン「arrows NX9 F-52A」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発売した。販売価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では76,032円(税込)としており、同じくミッドハイレンジクラスの5Gスマホ「Pixel 5」(Google製)の74,800円(Google ストアにおける価格)に近い設定である。

主なスペックはチップセット(SoC)にPixel 5と同じQualcomm製「Snapdragon 765G」を採用し、8GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、約6.3インチFHD+ (1080×2280ドット)有機ELディスプレイ、3600mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8)、防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっている。

また富士通ブランドのスマホとしては今夏に発売された初の5G対応スマホ「arrows 5G F-51A」では「arrows」シリーズの売りでもあった“タフネス”仕様を封印していたが、本機では再び“洗えるスマホ”となっており、価格を抑えながら使いやすさをプラスした5Gに対応したモデルとなっている。

そこで本記事では11月5日に行なわれた「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」の後にメディア向けに実施されたタッチ&トライイベントにてarrows NX9 F-52Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながら紹介したいと思う。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」が楽天モバイルの5Gに対応したので実際に試してきた!最大通信速度は順次高速化中【レポート】


Googleスマホ「Pixel 5」で楽天回線の5Gを東京・二子玉川エリアで試す!

既報通り、楽天モバイルは9日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスにおける正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における5GにGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」(型番:G5NZ6)および「Pixel 4a (5G)」(型番:G025H)が対応したとお知らせしました。

楽天モバイルでは今年9月30日より5Gサービスを提供開始しており、開始当初からSub6だけでなく、ミリ波(mmWave)にも対応し、Sub6では3.8~3.9GHz(n77)の100MHz幅、ミリ波では27.0GHz~27.4GHz(n257)の400MHz幅で提供されています。今回、実際にPixel 5で楽天モバイルの5Gを試してきましたのでその模様を紹介します。

続きを読む

SoftBank 5GをiPhone 12 Proで試してみた!料金やエリア、速度は?iPhone 12シリーズの最大速度は下り2.4Gbps・上り183Mbps【レポート】


ソフトバンクの5GをiPhone 12 Proで試してみた!実測でも下り800Mbps近くに

既報通り、Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」を発表し、日本でもiPhone 12とiPhone 12 Proが10月23日、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxが11月13日に発売されました。

そんなiPhone 12シリーズの共通したトピックが4機種ともに「5G(第5世代移動通信システム)」に対応したことでしょう。日本では現時点でまだまだ5Gのエリアが非常に狭く、実情として5Gに対応しているから便利だといったことはありませんが、せっかく新しい通信規格である5Gに対応しているわけですから試しておきたいものです。

というわけで、だいぶ遅くなりましたが、iPhone 12で各社の5Gを試してみましたので、まずはソフトバンクについて実際に試したレポートに加え、料金やどこで使えるのかといったことからまとめて紹介したいと思います。

なお、iPhone 12シリーズの5Gは4機種ともに仕様は共通で、アメリカ向けのみがより高速・大容量な高周波数帯のミリ波(mmWave)に対応し、それ以外の日本を含む国・地域で販売されるモデルはSub6のみに対応し、最大通信速度(理論値)はアメリカ向けのミリ波対応モデルでは下り4Gbps、Sub6のみに対応するモデルでは下り3.5Gbpsとなっています。

続きを読む

ノートンライフロックが個人情報流出モニタリング・被害時電話サポート対応の「ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLock」を11月26日に発売【レポート】


ノートンライフロックが新製品発表会を開催

消費者向けインターネットセキュリティーに特化した製品を提供するノートンライフロック(旧:シマンテック)は19日、都内でプレス向けに「新製品発表会」を開催し、ダークWebも監視対象にした個人情報流出のモニタリングと被害に遭った際にスペシャリストによる電話サポートが受けられる「ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLock」と「ダークウェブ モニタリング プラス Powered ノートン LifeLock」を発売すると発表した。

ノートン ID アドバイザー Powered by LifeLockはWindowsおよびmacOS、iOS・iPadOS、Androidに対応し、想定売価が1年版で4,158円(金額はすべて税込)、3年版で9,878円となっており、全国の家電量販店やAmazon.co.jpで11月26日(木)に発売予定となっている。

一方のダークウェブ モニタリング プラス Powered by ノートン LifeLockはiOS・iPadOSとAndroidに対応し、2年1アカウント版のみのラインアップで想定売価が6,776円で、販路は全国のau ショップやauオンラインショップ、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店となっており、こちらは11月27日(金)発売予定だ。

パソコン(PC)のWebブラウザーやスマートフォン(スマホ)など向けの専用アプリを使って自身の個人情報が流出していないかをチェックでき、検知された場合はメールとアプリに通知される。万一、個人情報が流出して不正利用の被害に遭った場合は「復旧支援スペシャリスト」がトラブル解決に向けて電話でのサポートをしてくれる。電話サポートは365日、10時から19時の間の対応となる。

個人情報流出をモニタリングする機能では、一般に公開されている「サーフェイスウェブ」だけでなく特殊なWebブラウザーなどが必要な「ダークWeb」も監視対象にしている。本記事では、なぜこうした製品が販売されることになったのかといった開発の背景やサイバー犯罪および個人情報流出の現状など、プレゼンテーションの内容を中心にレポートをする。

続きを読む

ソースネクストが国内独占販売する空気清浄機「Molekule Air Mini+」を写真と動画で紹介!分子を分解する独自フィルターで空気を浄化【レポート】


コンパクトボディで10畳まで対応する空気清浄機

ソースネクストは10月1日にアメリカのモレキュル(Molekule Inc,)が開発を手がける空気清浄機の国内独占販売権を取得し、11月10日(火)から同社の空気清浄機「Molekule Air Mini+(モレキュル エアー ミニ プラス)」を発売することを発表した。

モレキュル専用WebサイトやAmazon.co.jpでの販売価格は「Molekule Air Mini+(専用フィルター付き)」が65,780円(価格はすべて税込)、交換用フィルターを1つ追加した「本体専用フィルター付+専用フィルター1コ」が73,920円。また5年間の延長保証をセットにした「Molekule Air Mini+(専用フィルター付き)と延長保証のセット」が69,058円、延長保証のみ追加で購入する場合は3,278円、交換用専用フィルターは8,140円となっている。

既報通り、販売が開始された11月10日には都内で「ソースネクスト 新製品発表会」が開催され、同社代表取締役社長 松田憲幸氏のプレゼンテーションでもMolekule Air Mini+が紹介された。本記事ではその発表会のタッチ&トライスペースでMolekule Air Mini+に触れることができたので、写真や動画を交えながらレポートをする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。