S-MAX

イベント・レポート

東京ゲームショウ2022:軽量モバイルゲームPC「AYANEO AIR」や「AYANEO NEXT Pro」をリンクスインターナショナルが展示【レポート】


携帯用ゲーム機並みに軽いゲーミングPCが登場!スペックだって伊達じゃない!

去る2022年9月15日から18日の4日間、千葉県幕張にある幕張メッセにて、日本最大の家庭用(コンシューマ)ゲームとその関連サービスなどが一堂に会する展示イベントの、東京ゲームショウ2022が開催されました。(主催:CESA)

ゲーム関連のイベントのため、主役はやはりゲームタイトルそのものではあるのですが、そのゲームを遊ぶためのハード(ゲーム機本体やゲーミングPC)も多数展示されており、このところは「モバイル可能な携帯用ゲーム機クラスのゲーミングPC」というのも数多く登場してきており、このイベントでもいくつかのモバイルゲーミングマシンが展示されています。

本記事ではリンクスインターナショナルのブースに展示されていた必要十分なスペックを携帯用ゲーム機並みのサイズにまで落としこんだモバイルゲーミングPC「AYANEO AIR」を紹介します。

続きを読む

東京ゲームショウ2022:何度でも死んでやり込める!ワンダーランドカザキリ、アクションRPG「ダンジョンに捧ぐ墓標」を展示【レポート】


「立つ」から「捧ぐ」へ!やり込み度も奥深さも難易度も爆上がりしたアクションRPGアプリを紹介!

去る2022年9月15日から18日の4日間、千葉県の幕張の幕張メッセにて日本最大の家庭用(コンシューマ)ゲームとその関連サービスなどを展示するイベント、東京ゲームショウ2022が開催されました。(主催:CESA)

東京ゲームショウは2020年に新型コロナウィルス(COVID-19)の蔓延による感染拡大を防ぐためにオンラインのみの開催となり、昨年(2021)はビジネスデーのみの開催となっていましたが、本年は3年ぶりに(小学生以下の入場は禁止されたものの)、一般公開日が設けられ、若干の規模の縮小はあったものの盛況のうちに幕を閉じました。

そんな東京ゲームショウですが、ここ最近はスマートフォン(スマホ)やタブレット向けのゲームの展示やゲーミングスペックのモバイルPCなども展示されており、ガジェット好きやスマホゲームアプリユーザーにも注目のイベントとなっています。

今回はインディーゲームコーナーエリア内のワンダーランドカザキリのブースにて展示されていたゲームアプリ「ダンジョンに捧ぐ墓標」(略称「ダン墓」)を紹介します。
続きを読む

東京ゲームショウ2022で国内最速展示!ASUSの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone 6」を写真と動画で紹介【レポート】


TGSの会場で日本最速体験できる「ROG Phone 6」をチェック!

幕張メッセ(千葉・千葉市)にて2022年9月15日(木)から18日(日)までの4日間に渡って日本国内では最大級かつ国際的なゲームイベント「東京ゲームショウ2022(TOKYO GAME SHOW 2022)」が開催されており、コロナ禍の影響で一般参加者が現地で実際に体験できるリアルイベントとしては3年ぶりということで盛り上がっている。

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)がゲーミングブランド「ROG」とし東京ゲームショウ2022に初の単独出展をしており、国内では未発表の最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 6(アールオージー フォン シックス)」(ASUSTeK Computer製)を先行展示し、会期中の4日間限定でいち早く最新ゲーミングスマホに触れることができる。

なお、同社ではすでに紹介しているようにこのROG Phone 6や上位モデル「ROG Phone 6 Pro(アールオージー フォン シックス プロ)」(ASUSTeK Computer製)の日本市場向け製品の正式発表を2022年9月30日(金)11時に実施することが告知されており、東京ゲームショウ2022を絡めたキャンペーンを実施している。

今回はそんな東京ゲームショウ2022におけるエイスースブースでROG Phone 6の実機を試すことができたので、外観写真を中心にブースの担当者に話を聞いた動画も交えながら製品の特徴などをレポートする。

続きを読む

最新縦折りスマホ「Galaxy Z Flip4」を写真と動画で紹介!高性能化やサブ画面機能拡充など。NTTドコモやau、楽天モバイルから発売【レポート】


縦折り5Gスマホ「Galaxy Z Flip4」をチェック!

既報通り、サムスン電子ジャパンは8日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおいて新しい縦折りタイプのフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip4(ギャラクシー ゼット フリップフォー)」(Samsung Electronics製)を日本市場においた2022年9月29日(木)に発売すると発表した。

日本向け製品は移動体通信事業者(MNO、以下「キャリア」)が取り扱い、NTTドコモから「Galaxy Z Flip4 SC-54C」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から「Galaxy Z Flip4 SCG17」、楽天モバイルから「Galaxy Z Flip4(型番:SM-F721C)」が販売され、すでにいずれも9月8日10時から予約受付を開始している。

販路はNTTドコモでは公式Webストア「ドコモオンラインショップ」やドコモショップおよび量販店などのドコモ取扱店、auでは公式Webストア「au Online Shop」やauショップ、au Style、量販店などのau取扱店、楽天モバイルでは公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )、スマホなど向けアプリ「my 楽天モバイル」、「楽天モバイル公式 楽天市場店」のほか、楽天モバイルショップや量販店などの楽天モバイル取扱店となる。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモのGalaxy Z Flip4 SC-54Cが現時点で未定、auのGalaxy Z Flip4 SCG17は159,870円(分割では4,050円/月×23回+66,720円)で「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担額は93,150円、楽天モバイルのGalaxy Z Fip4 SM-F721Cは139,800円となっている。

またauでは「au Online Shop お得割」にて新規契約で11,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で22,000円OFF、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円OFFとなり、楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT VII」とセットで購入すると最大8,000ポイントが還元されます。

なお、Galaxy Z Flip4の日本での本体カラーバリエーションは「Bora Purple(ボラパープル)」および「Pink Gold(ピンクゴールド)」、「Graphite(グラファイト)」の3色展開となり、NTTドコモとauでは3色とも取り扱うものの、楽天モバイルはボラパープルとグラファイトの2色のみを取り扱う。

そんなGalaxy Z Flipだが、今回はサムスン電子ジャパンが開催した発表会や説明会で実際に実機を試すことができたため、外観や基本機能を中心に写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

ポイントを「採掘」してブロックチェーンで管理する!? トーンモバイルの新型スマホ「TONE e22」の特徴やユニークなサービスを写真とともに解説【レポート】


トーンモバイルの新型スマホ「TONE e22」を解説!

ここ数年、通信キャリアオリジナルのスマートフォン(スマホ)やタブレットといったものは非常に少なくなり、各通信キャリアで共通仕様の機種や、オープンマーケットと全く同じ仕様のスマホが主流となっています。

そのような中で、敢えてハードウェア的にもソフトウェア(サービス)的にも独自色を打ち出すユニークな通信キャリアがあります。トーンモバイルです。

トーンモバイルはNTTドコモから回線を借り受けて運営を行っている仮想移動体通信事業者(MVNO)ですが、販売する端末(スマホ)は常に独自開発であることが特徴で、オリジナリティあふれるデザインや独特なサービスを武器としています。

6月に発売された新型スマホ「TONE e22」もまたオリジナルスマホの1つです。5G SAやワイヤレス充電、トリプルカメラといったモダンな仕様に加え、ブロックチェーン技術を採用した最新のポイントシステムを試験導入するなど、近年稀に見る意欲的なスマホに仕上がっています。

5月に行われた製品発表会にて展示されていた実機の写真とともに、TONE e22の魅力を解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。