S-MAX

タブレット

Appleが「iOS 12.5.1」を提供開始!iOS 13・iPadOS非対応のiPhone 5s・6・6 Plus、iPad Air・mini 2・mini 3、iPod touch(第6世代)向け


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.5.1をリリース!

Appleは11日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」において前バージョン「iOS 12」の最新版「iOS 12.5.1(16H22)」および「iPadOS 12.5.1(16H22)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 12の対応機種ながら次のバージョン「iOS 13」や「iPadOS」には対応しないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)で、それぞれ無料でアップデート可能です。

変更点はiOS 12.5で対応した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用に対応したことにおいて接触通知内でログ記録のプロファイルの言語が間違って表示されることがある問題が修正されているということです。

ただし、日本においては厚生労働省が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に資するようにと提供しているスマートフォン(スマホ)向けアプリ「接触確認アプリ(通称:COCOA)」がiOS 13.5以降に提供しているため、現時点ではiOS 12.5以降に更新しても接触通知システムは利用できません。なお、このソフトウェア更新にはCVEで公開されているセキュリティー問題の修正は含まれないとされています。

またiPhone 6およびiPhone 6 PlusにおいてiOS 12.4.3〜8では「IIJmio」や「mineo」などのVoLTEに対応したau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯電話サービスが使えない不具合がありましたが、iOS 12.5でも同様に手持ちのiPhone 6 Plusとmineo(Aプラン)のVoLTE対応SIMではアンテナマークが「圏外」となってしまって利用できない状態となっています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.3」や「iPadOS 14.3」を提供開始!ProRAWやFitness+やAirPods Maxに対応など


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.3とiPadOS 14.3をリリース!

Appleは14日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.3(18C66)」および「iPadOS 14.3(18C66)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は「iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 Pro Max」にてProRAWの写真撮影に対応したほか、フィットネスサービス「Apple Fitness+」やワイヤレスヘッドフォン「AirPods Max」に対応し、さらに「App Store」へのプライバシー情報の導入、その他の機能の追加、そしてバグや脆弱性の修正が行なわれています。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他にもtvOS 14.3やwatchOS 7.2、iOS 12.5、macOS 11.1 Big Surなどがリリースされています。

続きを読む

ソースネクストのAIボイス筆談機「タブレットmimi」を開封から各種設定、アップデート、初期化などほぼすべての操作を試してみた【レビュー】


音声を見やすく文字表示してくれる「タブレットmimi」を試した!

既報通り、ソースネクストは同社が展開するAI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の技術を活用した新製品としてAIボイス筆談機「タブレットmimi(ミミ)」を12月4日に発売した。

タブレットmimiは話した声を画面に文字表示してくれるタブレットで、音声をクラウドのAI経由でテキストデータ化して画面に表示できる製品となる。そのため、通信機能を搭載しており、モバイル通信としての4G LTE(日本国内のau回線に接続/eSIMを内蔵)に加え、IEEE802.11a/b/g/n準拠(2.4GHz、5.2GHz、5.3GHz、5.6GHz)に対応した無線LAN(Wi-Fi)にも対応している。

購入する場合は4000台限定販売となっており、価格(金額はすべて税込)は34,980円(2年国内通信付き)で、ワイド延長保証サービス(個人用)が4,378円となっており、一方、レンタルする場合は月額3,278円(月単位で利用期間・解約は自由)となっている。

また法人の場合はレンタルのみで2021年9月末まで月額3,278円だが、初回前払い金として12,000円(非課税)が必要で、累計レンタル料金が12,000円に到達するまでは月々の支払いは発生しない。2021年10月以降は月額33,000円(仮)に変更予定。なお、法人用プランについては、即時申し込みは不可で問い合わせフォームから申し込むことになる。

そんなタブレットmimiについて今回ソースネクストから貸し出し機をお借りすることができたので、製品の概要をはじめ、開封から設定、アップデート、初期化などほとんどの操作をしてみたので、写真や動画を交えてレビューしていく。

続きを読む

NTTドコモ、iOS 14・iPadOS 14以降にメールアプリでアドレスに「..」や「.@」が含まれる@docomo.ne.jpメールが送信できない事象を案内


RFC違反のメールアドレスがiOS 14・iPadOS 14では送信不可に!ドコモメールで注意・対策が案内

NTTドコモがiPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14」および「iPadOS 14」以降において「メール」アプリに設定したドコモメール(「@docomo.ne.jp」ドメイン)にて送信できなくなる事象を確認しているとお知らせしています。

原因は利用しているメールアドレス内に2連続のドット「..」が含まれていたり、アットマーク(@)の前にドット「.@」が含まれている場合にRFC違反となるためとしており、送信できなくなってしまった場合にはメールアドレスを変更するか、プロファイルの更新を実施する必要があるということです。

プロファイルの更新は「プロファイルの更新を行う」から行い、iOS 14・iPadOS 14未満の場合は利用する必要はなく、誤って更新を行ってしまった場合はこちらから再ダウンロードおよび更新を行うよう案内しています。

なお、プロファイルをiOS 14・iPadOS 14以降のものに更新した際には受信者が利用するメールアプリによっては通常「abc.@docomo.ne.jp」というメールアドレスの場合に「"abc."@docomo.ne.jp」と見える場合があるほか、相手の迷惑メールの設定によっては送信したメールが相手に届かない可能性があるとのこと。

またプロファイルのダウンロードはdアカウント利用設定が「利用する」に設定されている必要があり、プロファイルがダウンロードできない場合は無線LAN(Wi-Fi)をOFFにして「My docom」から「メール設定」→「メール設定(迷惑メール/SMS対策など)」→「dアカウント利用設定の確認/変更」にて「利用する」にします。

続きを読む

Appleが「iOS 12.4.9」を提供開始!iOS 13・iPadOS非対応のiPhone 5s・6・6 Plus、iPad Air・mini 2・mini 3、iPod touch(第6世代)向け


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.4.9をリリース!

Appleは5日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」において前バージョン「iOS 12」の最新版「iOS 12.4.9(16H5)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 12の対応機種ながら最新バージョン「iOS 13」や「iPadOS」には対応しないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)で、それぞれ無料でアップデート可能です。

変更点は重要なセキュリティー問題の修正で、CVEで公開されているセキュリティー問題も含まれており、FaceTimeにおける「CVE-2020-27929」やFontParserにおける「CVE-2020-27930」、Kernelにおける「CVE-2020-27950」や「CVE-2020-27932」が修正されているとのこと。

またiPhone 6およびiPhone 6 PlusにおいてiOS 12.4.3〜8では「IIJmio」や「mineo」などのVoLTEに対応したau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯電話サービスが使えない不具合がありましたが、iOS 12.4.9でも同様に手持ちのiPhone 6 Plusとmineo(Aプラン)のVoLTE対応SIMではアンテナマークが「圏外」となってしまって利用できない状態となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。