S-MAX

MVNO・SIMフリー

モトローラ史上、最薄最軽量の5Gスマホ「motorola edge20」を写真と動画で紹介!10億色有機ELディスプレイや1億800万画素・光学3倍ズームカメラなど【レポート】


コストパフォーマンスが高いミッドハイな5Gスマホ「motorola edge 20」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は19日、日本では初めて投入するミドルハイレンジモデルに位置付けられているスマートフォン(スマホ)「motorola edge(モトローラ エッジ)」シリーズにおいて、モトローラ史上で最薄・最軽量の5G対応SIMフリースマホ「motorola edge20(モトローラ エッジトゥエンティ:モデル名 XT2143-1)」と5000mAhの大容量バッテリーを搭載した5G対応SIMフリースマホ「motorola edge20 fusion (モトローラ エッジトゥエンティ フュージョン:モデル名 XT2139-2)」(いずれもMotorola Mobility製)を2021年10月22日(金)に発売すると発表した。

19日から予約を受け付けており、販売価格(金額はすべて税込)はオープンながらモトローラ公式オンラインストア「moto store(モト ストア)」(https://store.motorola.co.jp/)ではmotorola edge20が54,800円、motorola edge20 fusionが43,800円となっている。

moto storeの他に大手Webストア「Amazon.co.jp」や、家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われる予定。

本記事ではモトローラが事前に開催したメディア向け説明会にて、motorola edge20の実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

Googleの新しい5G対応フラッグシップスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が正式発表!10月28日発売で予約販売開始。価格は7万4800円から


新フラッグシップスマホ「Google Pixel 6・6 Pro」が10月28日発売!価格は74,800円から

Googleは19日(現地時間)、オンラインにて発表会「Pixel Fall Launch」を開催し、初の独自開発したチップセット(SoC)「Tensor」を搭載する新しい5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」を正式発表しています。

日本を含む1次販売国・地域では2021年10月28日(木)に発売され、すでに同社の公式Webショップ「Google ストア」では予約注文が開始されています。価格はアメリカではPixel 6が599ドル(約68,000円) から、Pixel 6 Proが899ドル(約103,000円)からとなっています。

また日本のGoogle ストアにおける価格(金額はすべて税込)はPixel 6の128GBモデルが74,800円、256GBモデルが85,800円、Pixel 6 Proの128GBモデルが116,600円、256GBモデル(Stormy Blackのみ)が127,600円となっており、2021年11月7日(日)までに購入すると11,000円分のGoogle ストア クレジットをプレゼントされるほか、Splititを利用した分割払いで支払うとさらに5,000円分のGoogle ストア クレジットがもらえます。

なお、日本で販売されるモデルはPixel 6が「GR1YH」、Pixel 6 Proが「GF5KQ」となっており、ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、GR1YHは5GのSub6のみ、GF5KQは5GのSub6およびミリ波(mmWave)に対応しています。SIMはnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMで、Google ストアで販売されるのはメーカーモデルでSIMフリー製品となります。

本体カラーはPixel 6がSorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Blackの3色、Pixel 6 ProがSorta Sunny、Cloudy White、Stormy Blackの3色で、純正ケースも両機種ともに3,630円で販売され、色はPixel 6用がStormy Sky、 Light Rain、Cotton Candyの3色、Pixel 6 Pro用がStormy Sky、Light Frost、Golden Glow、Soft Sageの4色で、Golden GlowはGoogle ストア限定色とのこと。

なお、日本ではGoogle ストア以外にもPixel 6はKDDIとソフトバンクから、Pixel 6 Proはソフトバンクからも販売され、純正ケースなどのアクセサリーもKDDIとSB C&Sから販売される予定となっています。KDDIおよびソフトバンクにおける価格などについては各社から発表される見込みです。

続きを読む

モトローラ、5G対応スマホ「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」を日本で10月22日に発売!価格は5万4800円と4万3800円


SIMフリースマホ「motorola edge 20」と「motorola edge 20 fusion」が日本で10月22日発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は19日、ミドルハイレンジに位置する新しい「motorola edge」シリーズの日本初登場製品として5G対応スマートフォン(スマホ)「motorola edge 20(モデル名:XT2143-1)」および「motorola edge 20 fusion(モデル名:XT2139-2)」(ともにMotorola Mobility製)を日本市場にて発売すると発表しています。

発売日は2021年10月22日(金)を予定し、発売に先立って10月19日(火)より予約受付を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではmotorola edge 20が54,800円、motorola edge 20 fusionが43,800円で、販路はMoto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっています。

なお、販売されるのはメーカーモデルのSIMフリー製品となっており、九州・福岡を拠点に活動するプロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」のオフィシャル製品としてmotorola edge 20の採用されたとのことで、モトローラはSengoku Gamingの活動支援を通してmotorola edge 20をはじめとしたモトローラ製品の魅力を発信していくとしています。

続きを読む

ソニー、SIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 1 II XQ-AT42」をともに9900円値下げ!価格は9万9000円と10万8900円に


ソニーがSIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 1 II XQ-AT42」を値下げ!

ソニーマーケティングが運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」においてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(型番:XQ-AS42)」および「Xperia 1 II(型番:XQ-AT42)」(ともにソニー製)の販売価格を2021年10月1日(金)より両機種ともに9,900円(金額はすべて税込)値下げしたとお知らせしています。

価格はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格はこれまでXperia 5 II XQ-AS42が108,900円、Xperia 1 II XQ-AT42が118,800円でしたが、改定後はXperia 5 II XQ-AS42が9,900円OFFの99,900円、Xperia 1 II XQ-AT42が9,900円OFFの108,900円となっています。

なお、両機種ともにソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも販売されており、ヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの主要販売拠点でも同様の値下げが行われており、量販店などでは1%と還元率は低いものの、ポイントバックも実施されています。

なお、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはXperia 5 II XQ-AS42が8GB RAM+256GBストレージ、Xperia 1 II XQ-AT42が12GB RAM+256GBストレージで、両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、SIMフリーモデルではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応しています。

続きを読む

必要十分の機能を小型な縦長5インチに詰め込んだSIMフリースマホ「Mode1 GRIP」を一足早く開封!外観や同梱物などを紹介【レビュー】


ピーアップの新スマホ「Mode1 GRIP」の外観や基本機能などをチェック!

既報通り、携帯電話ショップ「テルル」やキャリアショップの運営などを行っているピーアップ(P-UP)の子会社であるP-UP Worldが新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mode1 GRIP(モードワン グリップ)」(型番:MD-05P)を発表しました。

本機はP-UP Worldが自社で展開しているオリジナルブランド「Mode1」シリーズの新製品として「スリムでちょうどよいサイズ」をコンセプトとしたAndroidスマホとなっており、ここ最近では珍しくなった5インチディスプレイを採用し、片手でしっかりと持って使える絶妙なコンパクトサイズとなっています。

またこのサイズ感が最大の特徴ではありますが、そのスペックや機能も実際の利用において過不足ない必要十分なものとなっており、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しないものの、防水・防塵(IP65)やワイヤレス充電、赤外線機能、ストラップ穴、NFC Type A/Bなどに対応しています。

発売日は2021年10月10日(日)となっており、これはピーアップの本社所在地が東京都北千住(せんじゅう)であることに因んでいるとのことで、同社では地元愛で決めた大事な点だとしています。なお、本体価格は希望小売価格で22,000円(税込)です。

今回、発売に先立って同社よりMode1 GRIPを試させていただくことができましたので、まずは開封して外観や基本機能などを写真を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。