S-MAX

MVNO・SIMフリー

携帯電話サービス「トーンモバイル」が5G SA対応の新スマホ「TONE e22」を発表!6月1日発売で予約受付中。価格は2万1780円


TONEモバイル向け新スマホ「TONE e21」が登場!

フリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)は9日、都内にて「新製品及び新サービス発表会」を開催し、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「トーンモバイル」において新たなスマートフォン(スマホ)「TONE e22」(フリービット製)を発表しています。

発売日は2022年6月1日(水)で、発売に先立って5月9日(木)13時よりトーンモバイルの公式Webサイトにて予約受付を開始しており、店頭でも順次予約受付を実施する予定とのこと。価格(金額はすべて税込)はTONE Labo(無料)に参加する場合は割引価格21,780円、参加しない場合は通常価格32,780円となっています。

なお、同社ではTONE e22を前機種「TONE e21」に続いて自社設計による完全独自製品とし、開発はCPSpeedが協力し、製造はFise Technology Holidingが行っており、新たに5G NR方式に対応し、NSAおよびSAをサポートするほか、SIMがnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMが1つのデュアルSIMとなり、さらにワイヤレス充電にも対応しました。

続きを読む

シャープ、スタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」にAndroid 12へのOSバージョンアップを提供開始


5Gスマホ「SHARP AQUOS sense6 SH-M19」がAndroid 12に!

シャープは9日、同社が展開する「AQUOS」ブランドにおいて2021年に発売した5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」のオープン市場向けメーカー版「AQUOS sense6 SH-M19」に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年5月9日(月)10時より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、更新にはおおよそ30分ほどかかり、更新ファイルサイズは約1.39GBとなっており、更新ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容はNTTドコモでは以下ように案内していますが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』も合わせてご確認ください。

○Android 12の新機能
1)デザイン刷新
2)プライバシーの強化
 ・マイクまたはカメラの使用中アイコン
 ・おおよその位置情報
3)ユーザビリティの向上
 ・スクロール スクリーンショット
 ・さらに輝度を下げる


続きを読む

スタンダードスマホ「AQUOS sense4」のNTTドコモ版「SH-41A」とメーカー版「SH-M15」にAndroid 12へのOSアップデートが提供開始


4Gスタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense4」のNTTドコモ版「SH-41A」とメーカー版「SH-M15」がAndroid 12に!

シャープは9日、同社が展開する「AQUOS」ブランドにおいて2020年に発売した4G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4」のNTTドコモ版「AQUOS sense4 SH-41A」およびメーカー版「AQUOS sense4 SH-M15」に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年5月9日(月)10時より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間はNTTドコモでは約41分と案内しています。更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、更新ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

更新後のビルド番号はNTTドコモでは「03.00.01」となるとのこと。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容はNTTドコモでは以下ように案内していますが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)プライバシー強化
2)クイック設定パネル・通知のリニューアル
3)スクロールスクリーンショットの追加

○改善される事象
4)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
5)キュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年4月になります。)


続きを読む

モトローラ、SIMフリースマホ「moto g31」にデュアルSIMで緊急通報できない場合がある不具合を案内!解決策を後日案内へ


モトローラのSIMフリースマホ「moto g31」にデュアルSIMで緊急通報できない不具合!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは28日、同社が今年1月に発売したオープン市場向け4G対応の低価格なAndroidスマートフォン(スマホ)「moto g31(モデル名:XT2173-3)」(Motorola Mobility製)においてデュアルSIMで利用する際に緊急機関(110番、118番、119番)へ発信できない場合があることが判明したとお知らせしています。

同社では原因究明を進めており、回避策を含めて対応が確定次第別途案内するとし、シングルSIMで利用した場合には緊急機関への発信ができることは確認できているため、問題が解消されるまではシングルSIMで利用するよう案内しています。

なお、同事象についてはmoto g31を販売する「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)や「mineo」(オプテージ)といった仮想移動体通信事業者(MVNO)からもお知らせされており、それぞれメーカーであるモトローラ・モビリティ・ジャパンが対応を進めており、対応策が確定したらお知らせするとしています。

続きを読む

Unihertz、縦長になったQWERTYキーボード搭載スマホ「Titan Slim」のクラウドファンディングをKickStarterにて5月10日21時に開始


新しいQWERTYキーボード搭載スマホ「Unihertz Titan Slim」のクラウドファンディングが5月10日にスタート!

Unihertz(ユニハーツ)は5日(現地時間)、同社が展開しているQWERTYキーボード搭載スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」シリーズにおいて予告していた次期モデル「Unihertz Titan Slim」のクラウドファンディングをKickstarterにて現地時間(CST)の2022年5月10日(火)20時に開始するとお知らせしています。

日本時間(JST)では5月10日21時から。価格や詳細な仕様はKickstarterにおけるクラウドファンディングの開始とともに公開される予定ですが、現在は通常価格の最大43%OFFになる先行登録が行われているほか、Facebookグループ( https://www.facebook.com/groups/712092026890691 )にて詳細な情報が随時投稿されています。またPC Watchにて先行レビューが掲載されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。