S-MAX

Xperia

ソニーが2020年度Q3決算で純利益1兆円超えへ!PS5や鬼滅の刃が牽引。Xperiaの年間販売台数は前年比28%減の280万台ながら通期黒字見込む


Sonyの2020年度Q3決算が発表!Xperiaスマホの販売台数はさらに減少

ソニーは13日、オンラインにて「2020年度 第3四半期 業績説明会」を開催し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが手がけるスマートフォン(スマホ)「Xperia」シリーズを含むモバイルコミュニケーション(MC)事業では売上高1,110億6,100万円(前年同期比△1.7%)および営業利益212億9,200万円(前年同期比+206%)の減収増益となったと発表しています。

これは販売台数は100万台(前年同期比△23%)と減ったことによる減収となっているものの、MC事業におけるオペレーション費用の削減がさらに一層進んでおり、MC事業単体での通期業績見通しは明らかにしていませんが、通期黒字化を見込んでおり、MC事業を含むエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)分野は2月時点の通期業績見通しを上方修正しています。

同社ではフルサイズミラーレス一眼カメラ「α1」や5Gのミリ波に対応したプロフェッショナル向けスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO」、ブラビア XRシリーズと認知特性プロセッサー「XR」などを直近で発表・発売しており、いずれもソニーの独自技術により差異化を図った商品で、今後も付加価値の高い商品をお客様に届けていきたいとしています。

なお、EP&S分野の2020年度第3四半期(Q3)は売上高が前年同期比ほぼ横ばいの6,490億円(前年同期比△0.2%)、営業利益が1,058億円(前年同期比+32%)と減収増益となり、ホームAV商品に対する巣籠もり需要の継続に加え、デジタルカ メラなどの需要回復も見られ、通期見通しは昨年10月時点から売上高1兆8,900億円と+200億円、営業利益1,250億円と+580億円となっています。

その他、イメージング&センシング・ソリューション(I&SS分野)はHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)と見られる中国の特定大手顧客向けモバイルイメージセンサーの出荷を昨年9月に停止したため、モバイル機器向けイメージセンサーの大幅な減収となったものの、昨年11月下旬以降に一部の出荷を再開したことに加え、こちらも明言は避けていますが、カメラ用イメージセンサーを100%提供しているApple製「iPhone 12」シリーズが当初予定よりも販売が好調だということです。

続きを読む

120Hzの高リフレッシュレートディスプレイを手に入れた!ソニーの5G対応高性能スマホ「Xperia 5 II SO-52A」を写真で紹介【レポート】


5Gに対応したソニー製ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」を写真で紹介!

既報通り、NTTドコモは11月12日にソニーモバイルコミュニケーションズ製の5Gに対応したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」を発売しました。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

Xperia 5 IIはauやソフトバンクからもすでに10月に発売されており、NTTドコモの発売で楽天モバイルを除く移動体通信事業者(MNO)の大手3社で出揃う形となりました。また後発となったNTTドコモではオリジナル要素として専用カラーのパープルが用意されており、Xperiaシリーズのファンであれば手に取りたくなること間違いなしです。

本記事ではNTTドコモが「2020-2021 冬春 新サービス・新商品発表会」とともに開催したタッチ&トライにて実機に触れる機会がありましたので、写真とともに紹介します。

続きを読む

Sony、5Gのミリ波にも対応したプロ向けプレミアムスマホ「Xperia PRO」の詳細を公開!アメリカでは近く発売に


5Gのミリ波に対応したプロ向けスマホ「Sony Xperia PRO」がいよいよ発売へ!

既報通り、ソニーが今年2月に5G NR方式におけるSub6およびミリ波(mmWave)に対応したプロ向けプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO(エクスペリア プロ)」(Sony Mobile Communication製)を開発していると発表しました。

当初は発売時期や販売国・地域は未定としていましたが、同社のアメリカ向け公式Webサイトにて詳細な製品情報を公開し、近く発売することを案内しています。現時点では日本での販売は明らかにされていませんが、日本でもミリ波に対応したサービスが開始されており、発売が期待されます。

続きを読む

5G対応の6.1型シネマワイドディスプレイ搭載フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を写真で紹介!auとSoftBankでは10月17日発売【レポート】


au向け新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II SOG02」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」として5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II SOG02」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2020年10月17日(土)に発売する。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)は109,425円。また「かえトクプログラム」を利用すると残価45,600円が免除され、実質負担額は2,775円/月×23回(総額63,825円)となる。

さらにXperia 5 II SOG02を2020年11月30日(月)までに購入してキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/au_aupay_2020autumn/ )から応募した人全員にもれなく「au PAY」残高に3,000円(不課税)相当をキャッシュバック(チャージ)するのに加え、ゲーム「Call of Duty : Mobile」で利用可能なゲーム内通貨を10,000円(不課税)相当をプレゼントするキャンペーンをソニーマーケティングが実施する。

Xperia 5 IIは日本ではau以外にもSoftBankからも「Xperia 5 II」が同じく10月17日に発売され、恐らく今後、NTTドコモからも取り扱いが発表されるのではないかと思われる。そこで今回は9月25日にコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」にて行われた内覧会および新製品タッチ&トライイベントでXperia 5 II SOG02を試してきたので外観を中心に写真を交えて紹介していく。

続きを読む

Sony、新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を発表!120Hz駆動6.1型有機ELや4K HDR 120fpsスローモーション撮影など。日本でも発売へ


Sonyからより小型なフラッグシップスマホ「Xperia 5 II」が登場!

Sonyは17日(現地時間)、子会社のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が開発したSonyブランドの新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」を発表しています。

Xperia 5 IIは昨年発売された「Xperia 5」の後継機種で、同様に映画のスクリーンのアスペクト比21:9と同じ超縦長なシネマワイドディスプレイを採用した約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機ELを搭載し、新たに5Gや120Hzリフレッシュレートに加え、世界初の4K HDR 120fpsのスローモーション撮影に対応しています。

日本を含めた各国・地域で今秋以降に順次発売されることが案内されており、日本では恐らく従来通りにXperiaシリーズはNTTドコモやauなどから販売される可能性は高いと思われ、その場合は「2020年秋冬モデル」として発売されるのではないかと予想されます。価格は欧州では899ユーロ(約111,000円)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。