S-MAX

Hisumi

進化した液晶タブレット「XPPen Artist Pro 14(Gen 2)」を試す!圧巻の1万6384レベルの筆圧検知対応ペン「X3 Pro」が付属【レビュー】


液晶タブレット「XPPen Artist Pro 14(Gen 2)」が日本で発売!さっそくレビュー

ペンタブレットや液晶タブレット、スタイラスペンではすっかりお馴染みのメーカー「XPPen」が今年5月に日本市場でも新開発の16384レベルの筆圧検知に対応したスタイラスペン「X3 Pro」をまもなく販売開始すると発表しました。

X3 Proはアーティストやデザイナーなどに最高レベルの筆圧検知機能を提供し、デジタルイラストなどの作成時により高い精度と正確性で作業を行えるようになり、今まで以上に高品質のデザインやイラストを生み出せるということです。

さらに同社ではこのX3 Penに対応した新しい液晶タブレット「Artist Pro 14(Gen 2)」(型番:MD140FH)および「Artist Pro 16(Gen 2)」(型番:MD160QH)を日本市場にて販売開始しています。現在、同社の公式Webストアにて販売されており、価格(金額はすべて税込)はArtist Pro 14(Gen 2)が59,800円、Artist Pro 16(Gen 2)が76,980円となっています。

ただし、Artist Pro 16(Gen 2)はすでに在庫があり、購入手続きを終えると順次出荷されるとのことですが、Artist Pro 14(Gen 2)は予約販売となり、現時点では9月下旬以降より出荷予定だということです。また量製品ともに公式Webストア以外にもAmazon.co.jpや楽天市場などても販売されるとのこと。

また別売のアクセサリーとして「XPPen オリジナル・ペンスタンド」(2,380円)やフルUSB-Cに対応していないパソコン(PC)などで利用する場合に必要な「3-in-1ケーブル」(3,600円)、「替芯セット(20本入)」(1,500円)、「XPPen オリジナル・トートバック」(1,980円)も販売されています。

さらに発売記念でArtist Pro 14(Gen 2)にはXPPen オリジナル・ペンスタンドと替芯セット(20本入)、XPPen オリジナル・トートバックが0円(無料)で追加でき、Artist Pro 16(Gen 2)にはXPPen オリジナル・ペンスタンドと3-in-1ケーブル、XPPen オリジナル・トートバックが0円(無料)で追加できるようになっています。

今回、これらのうちのArtist Pro 14(Gen 2)と3-in-1ケーブルをメーカーより先行して提供いただきましたので、圧巻の16384レベルの筆圧検知がどんな感じなのかも含めて実際に使ってみたところを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ダイヤルやショートカットキーを搭載したペンタブレット「Huion Inspiroy Dial 2」を試す!外観や同梱品、使い勝手などを紹介【レビュー】


高性能なペンタブレット「Huion Inspiroy Dial 2」をレビュー!

パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などに接続してペンで絵を描いたり、アイデア出しやプロット作成してり、メモを手書きしたりできるペンタブレット(以下、ペンタブ)や液晶タブレット(以下、液タブ)。

これまでにもいくつかの製品を紹介してきましたが、今回はHuion Animation Technology(以下、Huion)よりペンタブ「Huion Inspiroy Dial 2」をご提供いただいたので開封して外観や同梱品、描き心地などをレビューしていきたいと思います。

なお、Huion Inspiroy Dial 2はHuionの公式Webショップでは価格は通常20,999円(金額はすべて税込)、現在はセール価格で16,999円となっています。また総合Webショップ「Amazon.co.jp」では20,999円で販売されています。

続きを読む

15.8インチ液晶ペンタブレット「Huion Kamvas Pro 16(2.5K)」を試す!外観や同梱品、描き心地を写真や動画で紹介【レビュー】


液晶ペンタブレット「Huion Kamvas Pro 16(2.5K)」をレビュー!

パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などに接続してペンで絵を描いたり、アイデア出しやプロット作成してり、メモを手書きしたりできるペンタブレット(以下、ペンタブ)や液晶タブレット(以下、液タブ)。

これまでにもいくつかの製品を紹介してきましたが、今回はHuion Animation Technology(以下、Huion)より液タブ「Huion Kamvas Pro 16(2.5K)」をご提供いただいたので開封して外観や同梱品、描き心地などをレビューしていきたいと思います。

なお、HUION Kamvas Pro 16(2.5K)はHuionの公式Webショップ「Huion公式ストア」では付属品の違いによって通常版と豪華版(ウィッシュリストポスターやクリアファイル、限定しおりが追加)があり、価格(金額はすべて税込)は通常版が67,999円、豪華版は69,999円となっています。

また総合Webショップ「Amazon.co.jp」では通常版が71,599円の3,600円OFFクーポン適用で67,999円、豪華版が73,999円の4,000円OFFクーポン適用で69,999円で販売されています。なお、レビューするのは通常版となります。

続きを読む

iPhoneやAndroidにも対応したペンタブレット「XPPen Deco LW Pen Tablet」を試す!外観や同梱品、使い勝手などを紹介【レビュー】


ペンタブ「XPPen Deco LW Pen Tablet」の使用感をレビュー!

最近ではペン入力に対応したパソコン(PC)やタブレットなどが増えてきていますが、新たに購入する場合にはかなり費用がかかります。一方、すでにパソコンがあるならペンタブレット(以下、ペンタブ)や液晶タブレット(以下、液タブ)などを追加すれば、より手軽にペンでお絵かきなどが楽しめます。

今回はそんなペンタブの中でも2005年に設立された液晶タブレット、ペンタブレット、スタイラスペンなどを販売するメーカーのXPPenから“新世代のペンタブ”という触れ込みの「XPPen Deco LW Pen Tablet」(以下、Deco LW)をご提供頂いたので、実際に使ってみました。

そこで本記事ではDeco LWのパッケージや外観、同梱品、ドライバーのインストール、ファンクションキーのカスタマイズから使い心地などを含めてレビューしていきたいと思います。なお、日本向け公式Webストア( https://www.storexppen.jp/buy/deco-l-lw_2022.html )では送料無料&18ヶ月メーカー保証で価格(金額はすべて税込)が通常11,980円、現在はセールで10%OFFの10,780円となっています。

またDeco LWはBluetoothによるワイヤレス接続に対応していますが、ワイヤレス接続が必要ない場合には下位モデルとして「XPPen Deco L Pen Tablet」(以下、Deco L)も用意されており、こちらは通常9,980円、セールで10%OFFの8,980円となっています。また総合Webストア「Amazon.co.jp」では特選タイムセールにてDeco LWが10,180円の15%(1,800ポイント)還元、Deco Lが8,480円の15%(1,500ポイント)還元となっています。

続きを読む

お手軽撃ちまくりシューティングアクションゲーム「METAL DOGS」のPS4版・Switch版が4月8日発売!渋谷で記念イベントも開催中


わんわんシューティングアクションゲーム「Metal Dogs」のPS4版とSwitch版が4月8日発売!イベントでPS4版も試遊してきた

既報通り、これまでSteamにてアーリーアクセス版が提供されてきましたが、お手軽に撃ちまくりわんわんシューティングアクションゲーム「METAL DOGS」のPlayStation 4(以下、PS4)版およびNintendo Switch(以下、Switch)版の発売日がいよいよ迫ってきました。発売日は2022年4月8日、そう4(し)8(ば)……柴(犬)の日です!

また発売を記念して4月1日(金)から4月14日(木)まで東京・渋谷にある「渋谷モディ」の1Fイベントスペースにて「撃ちまくりわんわんアクション『メタルドッグス』発売記念 GAMES GLORIOUS x メタルマックス 30周年ファイナル展」も行われています。

本記事ではこのイベントの様子も含め、実際にPS4版を体験してきましたので、改めてMETAL DOGSについても紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。