S-MAX

河童丸(KPL)

世界初の自律神経センサー搭載!Snapdragon 7s Gen 2搭載の新ミッドハイスマホ「arrows We2 Plus F-51E」を写真と動画で紹介【レポート】


新生FCNTから「arrows We2」シリーズが登場!自律神経測定機能を搭載したミッドハイスマホをチェック

既報通り、FCNTは16日、都内にて「事業戦略および新商品発表会」を開催し、同社が展開している「arrows」ブランドの新商品として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「arrows We2」および「arrows We2 Plus」(ともにFCNT製)を発表しました。このうちの上位機となるarrows We2 PlusはNTTドコモから「arrows We2 Plus F-51E」として2024年8月中旬以降に発売するとのこと。

またNTTドコモでは発売に先立って5月16日(木)11時から事前予約受付を実施しており、販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ahamoサイト」などで、価格は現時点では調整中とのことですが、FCNTでは「できるだけ手に取りやすい価格になるように相談中」であるということでした。

一方、FCNTでは『「arrows We2 Plus F-51E」予約・購入キャンペーン』を実施し、予約開始時から発売日前日までに予約をして発売日から2024年9月30日(月)までに購入・応募するとdポイント(期間・用途限定)で3,000ポイントがプレゼントされます。応募はキャンペーンWebページから行い、ポイント進呈時期は応募月の翌々月までを予定し、進呈されたポイントの有効期間は進呈から2か月間(62日間)となっています。

今回、そんなarrows We2 Plusについて発表会の展示会場にて開発途中ではあるものの、実際に実機を触って確かめることができましたので、主に外観や世界初搭載となる自律神経測定機能などを中心に写真と動画にて紹介していきます。

なお、arrows We2 PlusはNTTドコモの独占販売とはしていないということで、今後に取り扱うところが新たに追加される可能性もあり、FCNTではオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)などとしての取り扱いなども検討中であるとしています。

続きを読む

Japan IT Week2024春:変わり種モバイルルーターや超大容量モバイルバッテリーなど盛り沢山!会場で見かけた珍しいガジェットをまとめて紹介【レポート】


Japan IT Week2024年春のレポート後編!気になる端末がいっぱい

東京ビッグサイト(東京・お台場)にて12の法人・商談向け展示会が同時に行われるIT関連の複合イベント「Japan IT Week2024春」(主催:RX Japan)が2024年4月24日(水)から26日(金)の3日間に渡って開催されました。国内外からIT関連のさまざまな企業が集まるこのイベントには海外の端末・周辺機器メーカー(OEM受け含め)も多数出展しています。

そのため、普段は日本国内では見かけることのない(はず)の珍しいスマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などの製品やそれらのアクセサリー類なども展示されていたりします。こうした製品も日本でメジャーなメーカーではなくとも非常に魅力的だったりすることもあり、筆者が個人的にもJapan IT Weekの一番楽しみにしているところでもあります。

そこでJapan IT Week2024春の2回目となる今回の記事では前回の楽天モバイルブースとはうって変わって会場内を回って筆者が見つけた珍しいガジェット類などをまとめて紹介していきます。あくまでも筆者が見つけたものになってしまうので、取りこぼしもあるかもしれませんが、軽い気持ちで楽しんでいただければと思います。それではさっそく紹介していきましょう。

続きを読む

Japan IT Week2024春:楽天モバイル、Rakuten最強プランビジネスやRakuten Linkをアピール!オリジナルスマホの後継は?【レポート】


2024年春のJapan IT Weekのブースレポートをお届け!まずは楽天モバイルブースから

東京ビッグサイト(東京・お台場)にて2024年4月24日(水)~26日(金)の3日間に渡って12の法人・商談向け展示会が同時に行われるIT関連の複合イベント「Japan IT Week2024春」(主催:RX Japan)が開催されました。

Japan IT Weekは東京の他にも名古屋展(愛知)や関西展(大阪)、秋展<幕張>(千葉)といった複数の地域で開催されている大規模なIT関連の展示会イベントで、中でも東京ビッグサイトにて開催されている春のJapan IT Weekは国内最大の規模で開催されており、国内外から多数の関連企業がブース展示を行っています。

2024年最初の開催となる本会にもさっそく取材へ行ってきましたので、気になったブースのレポートを2回に分けてお送りしたいと思います。それでは1回目となる今回は「情報セキュリティEXPO春」エリアにて楽天モバイルがビジネスユーザー向けのサービスなどのブース展示を行っていたのでその様子をお伝えします。

なお、次回の今年7月に開催される名古屋展からスケールメリットはそのままにそれぞれの展示会におけるマッチングの精度を高めるため、来場者のニーズや課題に合わせてJapan IT Weekに加えて「Japan DX Week」や「営業・デジタル マーケティングWeek」、「EC・店舗Week」の4つのテーマに分割されてリニューアルされるとのことです。

続きを読む

auオンラインショップのみで数量限定販売!超タフネススマホ「TORQUE G06」用の新色・背面カバー「スプリット」を購入して装着してみた【レビュー】


手軽に超タフネススマホ「TORQUE G06」を衣替え!限定カラーの背面カバーはかっこいいぞっ

京セラは18日、同社が展開している「TORQUE」ブランドにおいて昨年10月にKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から発売された非常に強い堅牢性を誇る超タフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G06(型番:KYG03)」用の背面カバーに新色「スプリット」を追加するとお知らせしています。

新色スプリットはauの公式Webストア「au Online Shop」のみにて数量限定で販売され、2024年3月28日(木)に発売され、発売に先立って3月22日(金)より予約受付が実施されていました。価格(金額はすべて税込)は5,500円で、1人2枚までの購入制限があります。なお、TORQUE G06の背面カバーはこれまでレッドとブラックがあり、これらをオプションで購入する場合は3,344円となっています。

TORQUEは高耐久性を有したタフネス製品としてアウトドア志向の人や冒険家、スポーツ選手などから根強い支持を受けており、TORQUE G06は前機種「TORQUE 5G(型番:KYG01)」から堅牢性を引き上げつつも普段使いに使っていける大きさに小型化しつつ(とはいえ、厚みは一般的なスマホの5割増くらいありますが)、基本性能も引き上げられたことでさらに使いやすくなっています。

また超タフネススマホということで防水・防塵・耐衝撃はもちろんのこと、独自試験による耐海水・耐水圧・耐振動・耐荷重・耐薬品・耐氷結などのほか、新たに画面部への耐打撃(突起物に対する防御性)までも備えた日本国内で販売されているスマホとしては“物理最強”と呼ぶにふさわしい製品となっています。そんなTORQUE G06ですが、筆者もTORQUE支持者の1人で、しかも赤色好きも相まってすでに紹介しているように発売日に購入しています。

今回、背面カバーという形で既存のTORQUE G06の本体色であるレッドとブラックのどちらにも合わせやすい新色としてスプリットが発売され、こちらも筆者のハートを強く強く鷲掴みにするものであったため、さっそく購入しました。そこで本記事では「新色の交換用背面カバー」の購入までの流れと、実際に新色の背面カバーであるスプイットを装着したTORQUE G06をお見せしていきたいと思います。

続きを読む

大画面11インチディスプレイ搭載の4G対応Androidタブレット「Blackview Tab 16 Pro」が発売!開封して外観や同梱品などを紹介【レビュー】


4G対応の大画面タブレット「Blackview Tab 16 Pro」を紹介!今なら割引クーポンもあり

Blackview Japanは30日、同社が展開している「Blackview」ブランドにおける新商品としてエントリークラスからミドルレンジクラス相当ながら11インチサイズの大画面ディスプレイを搭載した4G対応Androidタブレット「Blackview Tab16 Pro」(Doke Electronics製)を発売すると発表しています。販路は大手Webストア「Amazon.co.jp」など。

Blackview Tab16 Proはチップセット(SoC)はエントリークラスからミドルレンジクラス向けのUnisoc製「Tiger T616」を搭載しているものの、低価格帯のAndroidタブレットとしては余裕を持った8GB内蔵メモリー(RAM)のほか、4G(LTE方式)に対応した携帯電話ネットワークにも対応しており、自宅内での無線LAN(Wi-Fi)はもちろん、外へ持ち出しての利用も可能なタブレットととなっています。

Amazon.co.jpでの価格(金額はすべて税込)は通常価格39,900円となっていますが、2024年3月26日(火)から4月7日(日)までは「早期セール」として10,000円のサイト内のクーポンが用意されており、これを適用することで最終的に29,900円にて購入が可能です。今回、販売開始に先駆けてBlackview JapanよりBlackview Tab16 Proの実機をご提供いただきましたので、外観や実際に使ってみての感想などを写真を交えて紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。