S-MAX

河童丸(KPL)

超細長い5インチ液晶で小型で持ちやすいミドルレンジスマホ「P-UP Mode1 GRIP」をじっくり使って気が付いた点をまとめてみた【レビュー】


小さなボディーに多くの個性が光るピーアップのスマホ「Mode1 GRIP」を実際に使って気が付いたアレコレを解説

既報通り、携帯電話ショップ「テルル」などを運営するピーアップ(P-UP)の子会社であるP-UP Worldからオリジナルブランド「Mode1」シリーズの新しいスマートフォン(スマホ)「Mode1 GRIP(モードワン グリップ)」(型番:MD-05P)が10月10日に発売されました。

Mode1 GRIPは画面の大型化に伴う本体サイズの巨大化の進む昨今においては比較的珍しい、成人女性でも片手でしっかりと保持できる細長い形状のエントリーからミドルレンジに相当する製品で、希望小売価格は22,000円(金額はすべて税込)と手にしやすい価格帯となっています。

またおサイフケータイ(FeliCa)にこそ対応していませんが、防水・防塵やワイヤレス充電(Qi)に対応しており、SIMロックのかかっていないSIMフリー製品のメーカー版であるため、nanoSIMカード(4FF)スロットが2つあるデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)にも対応しているなど、尖った一面も持っています。

発売前にメーカーより提供してもらったため、以前に開封して外観や同梱品、プリインストールアプリなどを紹介した記事を掲載していましたが、本記事ではその後しばらく実際に本機をじっくりと使ってみて気が付いた点などを紹介してみたいと思います。

続きを読む

Japan IT Week 秋 2021:モバイル関連の気になる展示をまとめて紹介(後編)スマホサイズのWindows機やソニーのLPWAなど【レポート】


一般向け展示会では見られない展示物がたくさんなIT Week 秋 2021ブースレポート後半をお届け!

千葉県・幕張メッセにて2021年10月27日から29日の3日間に渡って12もの法人・商談向けのIT関連展示会が同時行われる複合イベント「Japan IT Week 秋 2021」(主催:RX Japan株式会社)が開催されました。

コロナ禍以降は今年5月に緊急事態宣言の中で開催された「Japan IT Week 春 2021」までは小さい会場での開催をするなど、縮小開催が続いていた同イベント「Japan IT Week」ですが、今回はコロナ禍以前の規模にまでは及ばないものの、久しぶりに大規模な開催となり、多くの出展社が参加して盛況なものとなりました。

前回のブースレポートから引き続き、本記事ではJapan IT Week 秋 2021のレポート後編としてソニーやラムロック、キーエンスのブースに展示されていた筆者の特に気になった展示を紹介していきます。

続きを読む

Japan IT Week 秋 2021:モバイル関連の気になる展示をまとめて紹介(前編)IoTデバイスから基地局向け製品など【レポート】


展示会イベントも本格始動!法人向け展示会ならではの珍しい通信関連アイテムの展示を紹介します!

千葉県・幕張メッセにて2021年10月27日から29日の3日間に渡って12もの法人・商談向けのIT関連展示会が同時に行われた複合イベント「Japan IT Week 秋 2021」(主催:RX Japan株式会社)が開催されました。

春に東京・お台場で開催された「Japan IT Week 春 2021」では緊急事態宣言の元、かつ東京オリンピック開催前ということで会場を東京ビッグサイトの別棟である青海展示場へ移し、規模を大きく縮小した中での開催でしたが、今回のJapan IT Weekは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を抑えるための緊急事態宣言が明けて初の開催となりました。

緊急事態宣言が明け、日々の感染者数も急激に少なくなってきているということもあり、まだ例年並みとまではいかないものの、多くの出展企業と入場者の姿が見られる展示会となりました。そこで今回は本イベントにて会場内で筆者が気になったブースの展示物などを(マニアックなものも含め)前後編に分けて紹介していこうと思います。

まずは前編として本記事では京セラやセンコーアドバンス、耀登集團(audenn)のブースのレポートをお送りします。後編ではソニーやラムロック、キーエンスのブースを紹介しています。

続きを読む

スライド型になって生まれ変わった!QWERTYキーボード搭載スマホ「Astro Slide 5G Transformer」の外観などを写真とともに解説【レビュー】


世界初(!)のスライド式QWERTYキーボード搭載の5Gスマホがもうすぐお目見え!その特徴的な外観をチェックしよう!

Planet Computers(以下、プラネットコンピューター)は25日、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で出資を募っていたAndroidスマートフォン(スマホ)「Astro Slide 5G Transformer」を出資者向けのリワードとして2021年11月頃に発送する予定であることをアナウンスしています。

Astro Slide 5G Transformerはパソコン(PC)などと同じQWERTY配列の物理キーボードをスライド式で出し入れ可能な形で搭載したAndroid搭載製品で、同様の特徴を持ったスマホは国内向けでは過去にLGエレクトロニクス製「Optimus chat L-04C」やシャープ製「W-ZERO3」シリーズなどがありましたが、ここ最近はありませんでした。

そんなAstro Slide 5G Transformerですが、開発元であるプラネットコンピューターは去る9月某日に国内のIndiegogo出資者向けにAstro Slide 5G Transformerの試作品のお披露目イベント「Astro Slide Fitst Look」を開催しました。試作品の段階ではあるものの、全世界に先駆けてAstro Slide 5G Transformerの(試作モデル)実機を間近に見ることのできるイベントとなりました。

筆者もこのイベントに運よく(?)参加することができ、会場に展示されていたAstro Slide 5G Transformerをタッチ&トライできましたので、外観を写真で紹介しつつ、本機の特徴やスペックなどについて解説を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

必要十分の機能を小型な縦長5インチに詰め込んだSIMフリースマホ「Mode1 GRIP」を一足早く開封!外観や同梱物などを紹介【レビュー】


ピーアップの新スマホ「Mode1 GRIP」の外観や基本機能などをチェック!

既報通り、携帯電話ショップ「テルル」やキャリアショップの運営などを行っているピーアップ(P-UP)の子会社であるP-UP Worldが新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mode1 GRIP(モードワン グリップ)」(型番:MD-05P)を発表しました。

本機はP-UP Worldが自社で展開しているオリジナルブランド「Mode1」シリーズの新製品として「スリムでちょうどよいサイズ」をコンセプトとしたAndroidスマホとなっており、ここ最近では珍しくなった5インチディスプレイを採用し、片手でしっかりと持って使える絶妙なコンパクトサイズとなっています。

またこのサイズ感が最大の特徴ではありますが、そのスペックや機能も実際の利用において過不足ない必要十分なものとなっており、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しないものの、防水・防塵(IP65)やワイヤレス充電、赤外線機能、ストラップ穴、NFC Type A/Bなどに対応しています。

発売日は2021年10月10日(日)となっており、これはピーアップの本社所在地が東京都北千住(せんじゅう)であることに因んでいるとのことで、同社では地元愛で決めた大事な点だとしています。なお、本体価格は希望小売価格で22,000円(税込)です。

今回、発売に先立って同社よりMode1 GRIPを試させていただくことができましたので、まずは開封して外観や基本機能などを写真を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。