S-MAX

memn0ck

ソフトバンクが国内初のスタンドアローン(SA)方式の5G商用サービスを提供開始!SoftBak AirのAirターミナル5の発売に合わせ


ソフトバンクが国内初の5G SA商用サービスを提供開始!

ソフトバンクは19日、スタンドアローン(Stand Alone)方式(以下、SA)による5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス(以下、5G SA)の提供を「SoftBank Air」( https://www.softbank.jp/ybb/special/air/ )の新機種で5Gに対応した「Airターミナル5」の発売に合わせて2021年10月から国内で初めて開始したと発表しています。

5G SAはこれまで同一のネットワークによる実現が困難だった超高速・大容量、超低遅延、多数同時接続の通信を実現するほか、従来の4Gコア設備と5G基地局を組み合わせたシステム構成のノンスタンドアローン(Non Stand Alone)方式による5Gサービス(以下、5G NSA)とは異なって新たな5G専用コア設備と5G基地局を組み合わせた最先端の技術を用いています。

続きを読む

マイナンバーカードの保険証利用(オンライン資格確認サービス)が10月20日にスタート!病院や薬局などでマイナンバーカードで受付可能に


マイナンバーカードが健康保険証として利用できるように!

厚生労働省が「マイナンバーカード」の「保険証利用(オンライン資格確認サービス)」を2021年10月20日(水)から本格開始するとお知らせしています。先立って初の「デジタルの日」を迎えた10月10日(日)に東京・虎の門病院にデモンストレーションを実施しました。

これにより、病院や薬局などの医療機関にてマイナンバーカードを健康保険証の代わりに利用できるようになります。利用するにはマイナンバーカードのポータルサイト顔認証付きカードリーダー「マイナポータル」やマイナポータル用端末、顔認証付きカードリーダー、セブン銀行ATMなどで申し込みが必要で、マイナンバーカードを健康保険証として登録します。

対応する病院や薬局などの医療機関ではマイナンバーカードで受付をして顔認証または暗証番号(数字4桁)で本人確認をすることによって保険証提示となります。なお、厚生労働省ではデジタル庁とともにマイナンバーカードの保険証利用を「マイナ受付」として周知していくとしています。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 6」がauとSoftBank、「Pixel 6 Pro」がSoftBankから10月28日に発売!価格は8万2695円から。実質負担額は4万2840円から


新スマホ「Google Pixel 6・6 Pro」のauとSoftBankの価格が案内!

既報通り、Googleが5Gに対応した新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」を正式発表し、日本を含む1次販売国・地域では2021年10月28日(木)に発売します。発売に先立ってすでにグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」では予約注文が実施されています。

価格(金額はすべて税込)はPixel 6の128GBモデルが74,800円、256GBモデルが85,800円、Pixel 6 Proの128GBモデルが116,600円、256GBモデル(Stormy Blackのみ)が127,600円となっており、2021年11月7日(日)までに購入すると11,000円分のGoogle ストア クレジットをプレゼントされるほか、Splititを利用した分割払いで支払うとさらに5,000円分のGoogle ストア クレジットがもらえるとのこと。

一方、Google Japaによると、日本ではGoogle ストア以外ではPixel 6がKDDIとソフトバンク、Pixel 6 Proがソフトバンクから販売されることが案内されています。これを受け、KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンクは20日、携帯電話サービス「au」からPixel 6、携帯電話サービス「SoftBank」からPixel 6とPixel 6 Proを発売すると発表しています。

発売日はGoogle ストアと同じ10月28日で、発売に先立ってSoftBankではソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて10月20日(水)10時より、auではauショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて10月21日(木)10時より予約受付を実施します。

価格はauのPixel 6(128GBのみ)が本体価格82,695円でスマホトクするプログラム適用時の実質負担額43,815円、SoftBankのPixel 6の128GBが本体価格85,680円でトクするサポート+適用時の実質負担額42,840円、256GBが本体価格99,360円の実質負担額49,680円、Pixel 6 Proの128GBが本体価格127,440円の実質負担額63,720円、256GBが本体価格141,120円の実質負担額70,560円。

なお、auでは機種変更では5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となり、SoftBankでは【オンライン限定】web割によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円割引となります。

またauでは2021年12月31日(金)までに購入して2022年1月9日(日)23:59までにキャンペーンWebページ( https://vdpro.jp/au.googlepixel6/ )から応募すると、もれなくYouTube Premiumが12カ月無料となるクーポンがもらえるキャンペーンを実施します。

さらにSoftBankではPixel 6またはPixel 6 Proを購入してキャンペーンWebページから応募を行うと、Googleの商品がもれなくもらえるキャンペーン( https://vdpro.jp/softbank.googlepixel6/ )を実施するほか、Pixel 6またはPixel 6 Proを購入すると、Google のメンバーシップサービス「Google One 100GB プラン」とYouTube Premiumをそれぞれ3カ月間無料で使える特典を利用することができます。

その他、auでは公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から純正ケースや「Google 30W USB-C 充電器+ケーブル」、SB C&Sでは「SoftBank SELECTION」から純正ケースやGoogle 30W USB-C 充電器+ケーブルの他に「耐衝撃 抗菌 クリアソフトケース」や「抗菌 ガラスハイブリッドケース」などの周辺機器を販売するということです。

続きを読む

Amzon MusicのDolby Atmosや360 Reality Audioを含む空間オーディオがUnlimited利用者ならiPhoneやAndroidなどのイヤホンで聴けるように


Amazon Musicの空間オーディオがスマホなどのイヤホンでも聴けるように!3ヶ月無料キャンペーンも開始

アマゾン ジャパンは20日、音楽配信サービス「Amazon Music」における有用プラン「Amazon Music Unlimited」においてこれまで以上に多くの製品でDolby Atmosや360 Reality Audioを含む空間オーディオでミックスされた音楽を2021年10月19日(火)より提供開始したと発表しています。

これにより、iPhoneやiPod touch、iPad、Android搭載製品では特別な機器を必要とせず、既存のヘッドフォンを使って空間オーディオでミックスされた音楽をストリーミングでき、Alexa Castに対応した一部の製品でもストリーミングできるようになります。

なお、空間オーディオはリスナーが音楽の中に入り込み、没入感のある多次元的なオーディオ体験を提供し、アップグレードの必要なく、YOASOBIやアリシア・キーズ、コールドプレイ、イマジン・ドラゴンズなどのアーティストの新曲を圧倒的な広さ、透明感、深みを音楽に与えるフォーマットで聴くことができます。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新OS「Android 12」をPixelシリーズに提供開始!Pixel 3以降で無料で更新可能。すでにファクトリーイメージも配信


Android 12の正式版がPixelシリーズにローリングアウト開始!

Googleは19日(現地時間)、先日に正式版をリリースしたスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 12」( https://android.com/12 )を同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供開始したと発表しています。

PixelシリーズにおけるAndroid 12の対象機種は「Pixel 3」、「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」、「Pixel 4」、「Pixel 4 XL」、「Pixel 4a」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 5a (5G)」。

これらの機種では無料でAndroid 12にアップグレードでき、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が順次提供されているほか、すでにファクトリーイメージ( https://developers.google.com/android/images )も配信開始されています。Pixeの各機種ともにバージョンは「12.0.0で、ビルド番号は「SP1A.210812.015」(Verizen版は「SP1A.210812.016.A1」)となっています。

なお、Googleでは今年後半にはGalaxyやOnePlus、OPPO、realme、TECNO、vivo、Xiaomiなどのメーカー製品にもAndroid 12が提供されるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。