S-MAX

memn0ck

Googleスマホ「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6a」の初期化できない問題が解決!ただし、対処法は公開されずにサポートに連絡を案内


GoogleがTensor搭載スマホ「Pixel 6」シリーズにおける正常に初期化ができない不具合を解決したと案内!

Googleは19日(現地時間)、同社が自社開発の「Made by Google」として「Pixel」ブランドで展開しているスマートフォン(スマホ)のうちの「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6a」の一部製品においてソフトウェア更新後に初期化(Factory Reset)を行うと起動画面から進まずに正常に初期化できない不具合について解決策を特定したとお知らせしています。

この不具合はすでに紹介しているように2024年6月分以降のソフトウェア更新を実施後に発生しているとのことなので、対象のビルド番号は「AP2A.240605.024」および「AP2A.240705.004」となっており、これらのソフトウェア更新を行なった後に「設定」→「システム」→「リセット オプション」→「すべてのデータを消去(初期設定にリセット)」で実施する初期化ができない状況となっていました。

これにより、SNSなどでは公式Webショップ「Google ストア」で下取りに出そうとして初期化しようとしたものの、初期化が完了せず下取りできなくなってしまう状況が多数報告されていました。なお、同社では当初、暫定的な対処方法としてソフトウェア更新後に再起動したら15分間放置(=アイドル状態)しておくことをオススメしており、その後に初期化するように案内していました。

これに対して新たに解決策を特定したとしつつも、解決策自体は公開されず、問題が見られる場合には電話もしくはチャットにてサポート( https://support.google.com/pixelphone/?sjid=18244978470101351092-AP )に連絡するようにお知らせし、同様の内容を日本向けにも掲載しています。なお、同社では引き続いて問題解決に尽力を注いでいるとし、理解と協力をお願いしたいとしています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android 15」のベータ版第4弾を公開!絵文字がPNGからベクターに。対応アプリがGoogle Playで配信可能


GoogleがAndroid 15 Beta 4を公開!近く正式版がリリース

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 15(開発コード名:VanillaIceCream)」( https://developer.android.com/about/versions/15 )における一般向けベータ版の第4弾となる「Android 15 Beta 4」を公開したとお知らせしています。

すでに同社が展開する「Pixel」ブランドのスマートフォン(スマホ)において「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」以降のスマホやタブレット「Pixel Tablet」にて「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )からネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)で導入できるほか、すでにファクトリーイメージやOTAイメージも配信開始されています。

Android 15 Beta 4はビルド番号が「AP31.240617.009」、Androidセキュリティーパッチレベルが「July 2024」、ます。またGoogle Play servicesも「24.23.35」となっているほか、APIレベルも前回の「Android 15 Beta 3」と同様にそれ以前の「API 34」や「V Beta 2」から「API 35」となります。またPixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せ、エミュレーターではx86(64bit)およびARM(v8-A)がサポートされています。

なお、Android 15 Beta 4ではAndroid 15における安定版(Platform Stability)の第2弾かつベータ版の最終段階となっており、前回のAndroid 15 Beta 3の各種不具合も修正され、動作の安定性が増しているため、同社ではアプリなどの開発者に向けにAndroid 15へ対応したアップデートに着手し、開発者はAndroid 15をターゲットとしたアプリを「Google Play」で配信できるようになっており、近くリリース予定のAndroid 15の正式版に間に合うように対応するよう促しています。

続きを読む

ワイモバイル向けフォルダブルスマホ「Libero Flip」が大幅値下げで3万1680円に!さらに割引でMNPなら9800円から、機種変更でも1万9800円に


ワイモバイル向けフォルダブルスマホ「Libero Flip」が大幅値下げ!一括9800円からに

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Libero Flip(型番:A304ZT)」(ZTE製)の価格を公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」などの直営店にて2024年7月18日(木)より改定したとお知らせしています。

ワイモバイルオンラインストアなどの直営店での価格(金額はすべて税込)はこれまで63,000円(分割払いでは1,750円/月×36回または2,625円/月×24回)でしたが、改定後は31,320円の大幅値下げによって31,680円(分割払いでは880円/月×36回または1,320円/月×24回)となっています。さらにワイモバイルオンラインストアでは他社から乗り換え(MNP)や新規契約、機種変更なら「端末購入割引」が実施されており、最大21,880円OFFの一括9,800円からとなっています。

割引額および割引後の価格はMNPでシンプル2 M/Lを契約した場合なら21,880円OFFの9,800円、シンプル2 Sを契約した場合なら18,000円OFFの13,680円、新規契約でシンプル2 M/Lを契約した場合なら11,880円OFFの19,800円、シンプル2 Sを契約した場合なら8,280円OFFの23,400円、機種変更なら11,880円OFFの19,800円となっています。なお、携帯電話サービス「SoftBank」や「LINEMO」、「LINEモバイル」などのソフトバンク回線による仮想移動体通信事業者(MVNO)からの移行は割引なしとなります。

続きを読む

オルビック、KaiOS搭載の4G対応折りたたみ型フィーチャーフォン「Orbic JOURNEY Pro 4G」を日本で7月26日に発売!価格は1万9800円


KaiOS搭載の4G対応折りたたみ型フィーチャーフォン「Orbic JOURNEY Pro 4G」がいよいよ発売!

Japan Orbicは19日、同社が展開する「Orbic(オルビック)」ブランドにおいて日本市場では初の製品となるKaiOSを搭載した4G対応の折りたたみ型フィーチャーフォン「JOURNEY Pro 4G(型番:O4F231JP)」(Reliance Communications製)を2024年7月26日(金)より順次販売開始するとお知らせしています。

販路は量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格では19,800円となっており、すでに予約受付を実施しているヨドバシカメラやビックカメラなどでは19,800円の10%(1,980ポイント)還元で実質17,820円となっています。なお、海外では本体色としてJet BlackおよびSoft Pink、Pearl Whiteの3色展開ですが、日本ではジェットブラックのみが販売されるとのこと。

続きを読む

次期Googleスマホは「Pixel 9 Pro・9 Pro Fold」に加えて通常モデル「Pixel 9」や大画面モデル「Pixel 9 Pro XL」も用意!4機種が認証通過


次期Googleスマホは「Pixel 9」や「Pixel 9 Pro」、「Pixel 9 Pro XL」、「Pixel 9 Pro Fold」の4機種がラインナップ!

既報通り、Googleは18日(現地時間)、同社が「Made by Google」として自社で開発して展開している「Pixel」ブランドの次期スマートフォン(スマホ)としてフラッグシップモデル「Pixel 9 Pro」とフォルダブルモデル「Pixel 9 Pro Fold」を投入すると予告しました。またすでに紹介しているように同社は現地時間(PDT)の2024年8月13日(火)10時より新製品発表イベント「Made by Google Event - VIII・XIII・MMXXIV」を開催し、これらの製品を正式発表する予定です。

イベントは日本時間(JST)では8月14日(水)2時からで、公式YouTubeチャンネル( MadebyGoogle )にてライブ配信される予定です。またこれらの機種は同社の日本法人であるグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」や公式X(旧:Twitter)アカウント( @GoogleJapan )などにもティザーが掲載されており、日本でも販売されると見られており、Google ストアではPixel 9 Proシリーズを予約購入した場合に先行予約限定特典として限定コレクションを期間限定で提供することを案内しています。

一方、Pixelでは2021年に投入した製品から独自のチップセット(SoC)「Tensor」を搭載しており、このTensorを搭載した製品ではこれまで「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」というように通常モデルとプロモデルが同時に発表されてきましたが、現時点ではGoogleではPixel 9シリーズの通常モデルの存在は明らかにしていません。ただし、実際には通常モデル「Pixel 9」も投入されるようで、今回、カナダの無線通信関連の認証情報を掲載しているデータベース「Radio Equipment List(REL)」にてPixel 9が登録されました。

さらにこのRELではPixel 9シリーズにはPixel 9やPixel 9 Pro、Pixel 9 Pro Foldに加えて大画面モデル「Pixel 9 Pro XL」も登録されており、新たにPixel 9シリーズでは4機種がラインナップされることになりそうです。なお、カナダで販売されるモデル(型番)はPixel 9が「GUR25」、Pixel 9 Proが「GEC77」、Pixel 9 Pro XLが「GZC4K」、Pixel 9 Pro Foldが「GGH2X」となっており、各機種はすでに米連邦通信委員会(FCC)などの認証も通過しています。

なお、FCCでは「A4RGUR25」および「A4RGEC77」、「A4RGZC4K」、「A4RGGH2X」、「A4RG2YBB」、「A4RGR83Y」、「A4RGGX8B」の7つのFCC IDが登録されており、さらにこれらの認証からGUR25やGEC77、GZC4K、GGH2X、G2YBB、GR83Y、GGX8Bに加え、G1B60やGWVK6、GQ57S、GC15Sがそれぞれの別モデルとして記載されており、Pixel 9のみがUWBに非対応で、G2YBBやGR83Y、GGX8Bは5Gのミリ波(mmWave)にも対応しています。

これらのモデルはそれぞれPixel 9がGUR25およびG1B60、G2YBB、Pixel 9 ProがGEC77およびGWVK6、GR83Y、Pixel 9 Pro XLがGZC4KおよびGQ57S、Pixel 9 Pro FoldがGGH2XおよびGC15Sとなると見られ、GGX8Bについては筆者が確認した限りではどの機種に相当するのか確定できませんでしたが、恐らくPixel 9 Pro XLまたはPixel 9 Pro Foldになるのではないかと予想されます。その他、FCCではPixel 9シリーズで共通してスマートデバイスを直接操作できる無線規格「Thread」についても取得しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。