S-MAX

2106bpm(つとむびーぴーえむ)

かわいい見た目からは想像できない多機能な完全ワイヤレスイヤホン「QCY Melobuds ANC HT05」を試す!ノイキャンや外音取込など【レビュー】


QCYの低価格&多機能ワイヤレスイヤホン「Melobuds ANC」を試す

ワイヤレスオーディオ製品を手がける「QCY(キューシーワイ)」は、アクティブノイズキャンセリング(ANC)や外音取込モードなどに対応した左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「Melobuds ANC(メロバッズ・エーエヌシー)」を2022年12月に発売した。

大手Webストア「Amazon.co.jp」などで販売されており、価格(金額はすべて税込)は7,980円で、記事執筆(2022年12月31日)時点でAmazon.co.jpにおいては3,000円OFFクーポンを適用して4,980円で購入可能となっている。

今回はこのMelobuds ANCをメーカーから提供いただいたので、パッケージや同梱品、外観に加え、特徴や使用感、アプリ操作などを写真や動画を交えながらレビューしていく。

続きを読む

ソフトバンクが“神ジューデン”をシリーズ化して超急速充電対応スマホを訴求!第2弾は2023年の発売をめざす【レポート】


ソフトバンクが今後"神ジューデン"スマホをシリーズ化

既報通り、ソフトバンクおよびXiaomi Japan(以下、シャオミ)は8日、5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 12T Pro(シャオミ・トゥエルブティー・プロ)」(Xiaomi Communications製)を日本市場にて2022年12月16日(金)に発売すると発表した。

日本ではいわゆる「SIMフリーモデル」となるオープン市場向け(以下、メーカー版)と、移動体通信事業者(MNO)であるソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け(以下、SoftBank版)が販売される。なお、型番はメーカー版が「22081212R」、SoftBank版が「A201XM」で、内蔵ストレージと携帯電話ネットワークの対応周波数帯が主な違い。内蔵ストレージはメーカー版が128GB、SoftBank版が256GBとなっている。

販路や価格、製品については先に伝えたレポート記事を参考にしていただきたが、今回はソフトバンクとシャオミが8日に共同で開催した「新商品に関する発表会」の質疑応答で“神ジューデン”と名付けされた超急速充電対応スマホのシリーズ化や“神ジューデン”の定義について語られる場面があったので紹介する。

続きを読む

超急速充電「神ジューデン」スマホが登場!シャオミのフラッグシップモデル「Xiaomi 12T Pro」を写真と動画で紹介【レポート】


120W超急速充電に対応した「Xiaomi 12T Pro」をチェック!

既報通り、ソフトバンクおよびXiaomi Japan(以下、シャオミ)は8日、新たに5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 12T Pro(シャオミ・トゥエルブティー・プロ)」(Xiaomi Communications製)を日本市場にて2022年12月16日(金)に発売すると発表した。

日本ではいわゆる「SIMフリーモデル」となるオープン市場向け(以下、メーカー版)と、移動体通信事業者(MNO)であるソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け(以下、SoftBank版)が販売される。なお、型番はメーカー版が「22081212R」、SoftBank版が「A201XM」となっており、主な違いは内蔵ストレージと携帯電話ネットワークの対応周波数帯となっており、内蔵ストレージはメーカー版がが128GB、SoftBank版が256GBとなっている。

メーカー版はシャオミの公式Webサイト「Mi.com」をはじめ、Amazon.co.jpやECカレント、NTTぷらら、ソフトバンクセレクション、murauchi.com、楽天市場、楽天ブックス、エクスプライスといったWebストアのほか、家電量販店ではエディオンやケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmio、OCN モバイル ONEで取り扱われ、価格(金額はすべて税込)はオープンながらメーカー希望小売価格は109,800円となっている。

一方、SoftBank版はソフトバンクショップや家電量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで取り扱われ、価格はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では143,280円となっており、48回払いで「新トクするサポート」を利用して24カ月目以降に返却した場合の実質負担額は2,985円/月×24回(総額71,640円)からとなる。

この他、ソフトバンクオンラインショップなどでは、他社からの乗り換え(MNP)での購入において「【オンライン限定】web割」が適用され、21,600円割り引かれる。なお、ソフトバンクでは国内のMNOではXiaomi 12T Proを“独占販売”するとしており、特徴的な機能である120W超急速充電を「神ジューデン」と名付け、テレビCMをはじめとして広く訴求していく構えだ。

今回はそんなソフトバンクとシャオミが8日に共同で開催した「新商品に関する発表会」の展示会場にて実際にXiaomi 12T Proをタッチ&トライして試すことができたため、外観や基本機能、カメラ機能などを中心に写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

各種割引で4957円に!ハイレゾ対応でインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS AIR3 DELUXE HS」を試す【レビュー】


SOUNDPEATSのハイスペイヤホン「AIR3 DELUXE HS」を試す

ワイヤレスオーディオやスマートウォッチなどのウェアラブル製品を手がける「SOUNDPEATS(サウンドピーツ)」が左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「AIR3 DELUXE HS(エアスリー・デラックス・エイチエス)」を2022年10月22日(土)に発売した。

同社の公式Webサイトや大手Webストア「Amazon.co.jp」のほか、SOUNDPEATSの取扱店で販売されており、価格は(金額はすべて税込)公式WebサイトやAmazon.co.jpでは7,180円となっている。

またAmazon.co.jpにて開催される「ブラックフライデーセール」で20%OFFの5,744円となり、さらに500円OFFクーポンが提供されるほか、当ブログメディアの読者向けに5%OFFになるプロモーションコード「SMAXJPSP」も提供いただいた。各割引ともに2022年11月25日(金)0時から12月1日(木)23時59分までで、すべてを併用すると4,957円で購入可能となる。

なお、500円OFFクーポンは商品ページで「¥500 OFFクーポンの適用」にチェックを入れて「カートに入れる」を押し、5%OFFプロモーションコードは購入手続き時に「ギフトカード、種類別商品券、またはプロモーションコードを追加する」に入力して「適用」を押すことで利用できる。

今回はこのAIR3 DELUXE HSをメーカーよりご提供いただいたので、パッケージや同梱品、外観に加え、特徴や使用感、アプリ操作などを写真や動画を交えながらレビューしていく。

続きを読む

小さくなって専用アプリ対応で戻ってきた!低音重視で低価格な完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free 2S」を試す【レビュー】


EarFunの最新モデル「EarFun Free 2S」を試す

EarFunテクノロジーが展開するオーディオブランド「EarFun(イヤーファン)」シリーズにおいて左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free 2S(イヤーファン フリー ツーエス)」(型番:TW101)が2022年10月17日(月)に発売された。EarFunの公式Webサイトおよび大手Webストア「Amazon.co.jp」などで販売されており、価格(金額はすべて税込)は5,990円。

またAmazon.co.jpにおいては2022年11月25日(金)から12月1日(木)までの「ブラックフライデーセール」の期間中は1,498円OFFの4,492円で販売される予定となっているほか、さらに当ブログメディアの読者向けに12月1日まで使える200円OFFクーポン「BLACKFDDE」も提供してもらったので、ブラックフライデーセールと併用することで4,292円で購入できるとのこと。

今回、このEarFun Free 2Sをメーカーからご提供いただいたので、パッケージや同梱品、外観をはじめ、実際に試してみた模様を写真や動画を交えながら紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。