S-MAX

2106bpm(つとむびーぴーえむ)

NTTドコモの5G対応ノートPC「ThinkPad X1 Nano」を写真や動画で紹介!13インチで939g&13.87mmの軽量薄型モバイルPC【レポート】


5Gに対応したノートPC「ThinkPad X1 Nano」をチェック!

既報通り、NTTドコモは6日、オンラインにて「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催し、5G(第5世代移動通信システム)に対応した薄型軽量の13.0型クラムシェルノートパソコン(PC)「ThinkPad X1 Nano(シンクパッド エックスワン ナノ)」(Lenovo製)を2021年10月6日(水)に発売すると発表した。

ThinkPad X1 Nanoは、昨年12月にレノボ・ジャパンから発表された製品で、5G非対応モデルと5G対応モデルをラインナップしている。このうち5G対応モデルを今回、NTTドコモでも取り扱うことになった。NTTドコモ向けに特別なカスタマイズはされておらず、メーカー製品という扱いのため、製品サポートはNTTドコモでは提供せず、レノボ・ジャパンから提供される。

一方、NTTドコモが取り扱うことでドコモショップや量販店などのNTTドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で販売される。

そのため、NTTドコモのスマートフォン(スマホ)やタブレット製品と同様、契約とセットで購入することもできる。本体の支払い方法も一括払いおよび分割払いを選択できる他に「いつでもカエドキプログラム」に加入して購入することも可能だ。なお、いつでもカエドキプログラムの対象機種となっているので単体での購入もできる。

対応する料金プランは「ギガプラン」(5Gギガホ プレミア、5Gギガライト、ギガホ プレミア、ギガライト、5Gギガホ、ギガホの総称)をはじめ、「5Gデータプラス」「5Gギガホ プレミア」「5Gギガライト」「ahamo(アハモ)」。5Gデータプラスにおいては、同一契約名義で「ギガプラン」契約回線がある場合のみ申込みができ月額1,100円で利用可能。

ドコモオンラインショップにおける販売価格(金額はすべて税込)は239,976円。いつでもカエドキプログラム加入、24回払いで購入して23カ月目に本体を返却する場合は24回目の支払額(残価)が96,360円と設定されているため、分割支払金が6,244円/月×23回となり、実質負担金は143,616円となる。

さらに早期利用特典は1,200円/月となっており、例えば1年使って12カ月目に本体を返却した場合の実質負担金は130,412円となる。

いつでもカエドキプログラムに加入せずに分割支払いを選択すると、分割12回の場合は19,998円/月×12回、分割24回の場合は9,999円/月×24回、分割36回の場合は6,666円/月×36回となる。

そんなThinkPad X1 Nanoについて、NTTドコモの記者説明会の後に開催されたメディア向けタッチ&トライ会場および事前の説明会で実機を試すことができたので、写真を交えながらレポートする。

続きを読む

NTTドコモが5G対応ノートPC「ThinkPad X1 Nano」を発売!価格は23万9976円。いつでもカエドキプログラムで実質負担額14万3616円などに


NTTドコモが5G対応PC「ThinkPad X1 Nano」を発売

NTTドコモは6日、オンラインにて「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催し、5G(第5世代移動通信システム)に対応したノートパソコン(PC)「ThinkPad X1 Nano(シンクパッド エックスワン ナノ)」(Lenovo製)を2021年10月6日(水)に発売すると発表した。

販売チャネルは全国のドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で、ドコモオンラインショップにおける販売価格(金額はすべて税込)は239,976円。

また「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、24回払いで購入して23カ月目に本体を返却する場合には24回目の支払額(残価)が96,360円と設定されているため、分割支払金は6,244円/月×23回となり、実質負担金は143,616円となる。

さらに早期利用特典は1,200円/月となっているため、例えば、1年使って12カ月目に本体を返却する場合には実質負担金は130,412円となる。その他、いつでもカエドキプログラムに加入せず分割支払いを選択すると分割12回の場合は19,998円/月×12回、分割24回の場合は9,999円/月×24回、分割36回の場合は6,666円/月×36回となる。

続きを読む

モトローラの薄型軽量5Gスマホ「motorola edge 20 fusion」を写真と動画で紹介!1億800万画素カメラや10億有機EL、5000mAhバッテリーなど【レポート】


ミッドハイで低価格帯の5Gスマホ「motorola edge20 fusion」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は19日、日本では初めて投入するミドルハイレンジモデルに位置付けられているスマートフォン(スマホ)「motorola edge(モトローラ エッジ)」シリーズにおいて、Motorola Mobility(以下、Motorola)史上で最薄・最軽量の5G対応スマホ「motorola edge 20(モトローラ エッジトゥエンティ)」(モデル名 :XT2143-1)と5000mAh大容量バッテリーを搭載した5G対応スマホ「motorola edge 20 fusion (モトローラ エッジトゥエンティ フュージョン)」(モデル名:XT2139-2)を2021年10月22日(金)に発売すると発表した。

ともにメーカーモデルとしてSIMフリー製品となっており、すでにモトローラ公式オンラインストア「Moto ストア」( https://store.motorola.co.jp/ )などにて10月19日(火)より予約を受け付けている。販売価格(金額はすべて税込)はオープンながらMoto ストアではmotorola edge 20が54,800円、motorola edge 20 fusionが43,800円となる。

Moto ストアの他に大手Webストア「Amazon.co.jp」や「ひかりTVショッピング」、「楽天市場」などのECサイト、「エディオン」や「ケーズデンキ」、「ジョーシン」、「ノジマ」、「ビックカメラ」、「ヤマダデンキ」、「ヨドバシカメラ」などの家電量販店、「IIJmio」や「イオンモバイル」、「QTmobile」、「OCN モバイル ONE(goo Simseller)」、「NifMo」、「Fiimo」などの仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われる。

本記事ではモトローラが事前に開催したメディア向け説明会にて、motorola edge 20 fusionの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

モトローラ史上、最薄最軽量の5Gスマホ「motorola edge 20」を写真と動画で紹介!10億色有機ELや光学3倍対応1億800万画素カメラなど【レポート】


コストパフォーマンスが高いミッドハイな5Gスマホ「motorola edge 20」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は19日、日本では初めて投入するミドルハイレンジモデルに位置付けられているスマートフォン(スマホ)「motorola edge(モトローラ エッジ)」シリーズにおいて、Motorola Mobility(以下、Motorola)史上で最薄・最軽量の5G対応スマホ「motorola edge 20(モトローラ エッジトゥエンティ)」(モデル名 :XT2143-1)と5000mAh大容量バッテリーを搭載した5G対応スマホ「motorola edge 20 fusion (モトローラ エッジトゥエンティ フュージョン)」(モデル名:XT2139-2)を2021年10月22日(金)に発売すると発表した。

ともにメーカーモデルとしてSIMフリー製品となっており、すでにモトローラ公式オンラインストア「Moto ストア」( https://store.motorola.co.jp/ )などにて10月19日(火)より予約を受け付けている。販売価格(金額はすべて税込)はオープンながらMoto ストアではmotorola edge 20が54,800円、motorola edge 20 fusionが43,800円となる。

また販路はMoto ストア以外にも大手Webストア「Amazon.co.jp」や家電量販店、ECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われる予定で、MVNOでは「IIJmio」や「OCN モバイル ONE」(販売は「gooSimseller」)などが取り扱うことを案内しており、gooSimsellerでは各種割引などを敵意用した場合にmotorola edge 20を16,692円から、motorola edge 20 fusionを9,069円からという価格で販売するとしている。

本記事ではモトローラが事前に開催したメディア向け説明会にてmotorola edge 20およびmotorola edge 20 fusionの実機を試すことができたので、まずはMotorola史上最薄最軽量な5Gスマホであるmotorola edge 20を写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

Zepp HealthがAmazfitのスマートウォッチ「GTR 3 Pro」「GTR 3」「GTS 3」を10月12日に発売!独自開発「Zepp OS」搭載の高性能機【レポート】


Amazfitブランドのスマートウォッチ「GTR 3 Pro」や「GTR 3」、「GTS 3」が10月12日発売!

スマートウェアラブル製品などをグローバル展開するZepp Health(ゼップ ヘルス)は12日、Amazfit(アマズフィット)の新たな主力製品として独自開発したウェアラブル向けOS「Zepp OS(ゼップ オーエス)」を採用した最新のスマートウォッチ「GTR 3 Pro(ジーティアール スリー プロ)」および「GTR 3(ジーティアール スリー)」、「GTS 3(ジーティエス スリー)」を2021年10月12日(火)に発売すると発表した。

販路はAmazfit公式オンラインストア(https://www.amazfit.jp/)や大手Webストア「Amazon.co.jp」、量販店、ECサイトなどで、価格(金額はすべて税込)はGTR 3 Proが39,800円、GTR 3が34,800円、GTS 3が28,800円。なお、ウォッチ部分がスクエア形状のGTS 3はオンラインのみで取り扱われる。

本記事では同日にメディア向けに開催された「『Amazfit』新ブランド戦略発表会」においてAmazfitの戦略紹介や新製品の特長などが紹介されたので、その様子をレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。