S-MAX

S-MAX編集部

新プレミアムスマホ「Galaxy S24 Ultra」を写真と動画で紹介!メーカー版「SM-S928Q」とドコモ版「SC-52E」、au版「SCG26」が発売【レビュー】


新プレミアムスマホ「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品をレポート!

既報通り、サムスン電子ジャパンは3日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を日本市場にて2024年4月11日(木)に発売すると発表しました。日本向け製品は両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、Galaxy S24 Ultraは内蔵メモリー(RAM)が12GBで5Gのミリ波(mmWave)に対応していますが、Galaxy S24は8GB RAMでミリ波に非対応となっており、両機種ともFMラジオには非対応です。

また日本ではオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy S24(型番:SM-S921Q)」および「Galaxy S24 Ultra(型番:SM-S928Q)」に加え、NTTドコモ向け「Galaxy S24 SC-51E」および「Galaxy S24 Ultra SC-52E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向け「Galaxy S24 Ultra(型番:SCG25)」および「Galaxy S24(型番:SCG26)」が販売されます。

各社から販売されるモデルの内蔵ストレージおよび価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではGalaxy S24 SM-S921Qの256GBが124,700円、512GBが139,000円、Galaxy S24 Ultra SM-S928Qの256GBモデルが189,700円、512GBが204,100円、1TBが233,000円、NTTドコモ版ではGalaxy S24 SC-51Eの256GBが145,970円、Galaxy S24 Ultra SC-52Eの256GBが218,460円、512GBが232,804円、1TBが261,580円、au版ではGalaxy S24 SCG25の256GBが144,800円、512GBが157,800円、Galaxy S24 Ultra SCG26の256GBが224,800円、512GBが237,800円、1TBが259,800円。

なお、NTTドコモではGalaxy S24 Ultra SC-52Eの512GBと1TBが公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定、auではGalaxy S24 SCG25の512GBおよびGalaxy S24 Ultra SCG26の512GBと1TGが公式Webストア「au Online Shop」限定での販売となっており、メーカー版は公式Webストア「Samsungオンラインショップ」のみでの販売となります。その他、各種の割引や販売施策、キャンペーンなどが実施され、詳細は『新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版やau版、メーカー版がともに4月11日に発売。予約受付中 - S-MAX』をご確認ください。

本記事では同日に都内にて開催された「Samsung国内新製品発表会」の展示会場にて実際にGalaxy S24 Ultraの日本向け製品をタッチ&トライしてきましたので、外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介していきます。

続きを読む

おサイフケータイ対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」を写真や動画で紹介!メーカー版「CPH2541」とSoftBank版「A302OP」が販売中【レポート】


ミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」をフォト&ムービーレポート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が昨年9月に5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(オッポ リノテン プロ ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表し、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」が販売されています。

オープン市場向けはオウガ・ジャパンの直営の公式Webストア「OPPO 公式オンラインショップ」や「OPPO 公式楽天市場店」、「OPPO 公式Yahoo!ショッピング店」に加え、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて販売され、SoftBank版はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながらメーカー版が希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップなどでは86,800円で、すでに多少値下げされて7万円台となっており、SoftBank版が発売当初は80,640円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:2,443円/月)でしたが、今年2月に大幅に値下げされて31,824円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:409円/月)となっています。

またSoftBankでは販売施策「新トクするサポート」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残債が免除されて実施負担額917円/月×24回(総額22,008円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップなどではキャンペーン「オンラインショップ割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,984円割引となるため、MNPなら実施負担額1円/月×24回(総額24円)で購入可能です。

その他、OPPO Reno10 Pro 5Gを購入の上、2024年7月31日(水)23:59までにキャンペーンに申し込んだ場合に動画配信サービス「YouTube Premium」を3カ月無料で利用できる「YouTube Premium 初回3ヶ月無料キャンペーン」を実施しています。ただし、申込はYouTube PremiumまたはYouTube Music Premium、YouTube Red、Google Play Musicのいずれかの定期購入や無料お試しを行ったことがない場合が対象となります。

今回はかなり遅くなりましたが、昨年9月にオウガ・ジャパンが実施した「OPPO 2023 新製品発表会」における展示会場にてOPPO Reno10 Pro 5Gの実機をタッチ&トライしたほか、その後にも製品版を手に入れて試してきたのでまずは外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

5G&FeliCa対応フォルダブルスマホ「nubia Flip 5G(NX724J)」を写真や動画で紹介!価格を抑えて8万円を切るミッドハイモデル【レポート】


5GやFeliCaに対応したSIMフリーフォルダブルスマホ「nubia Flip 5G」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、ZTEジャパンは14日、都内にて「ZTEジャパン/nubiaブランド日本本格展開・事業戦略及び新製品発表会」を開催し、ZTE傘下のNubia Technologyが展開する「nubia(ヌビア)」ブランドが日本本格上陸をするとして新たに日本市場にて5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「nubia Flip 5G(ヌビア フリップ ファイブジー)」(型番:NX724J)を発売すると発表しました。

発売時期は2024年3月22日(金)より順次となっており、販路は現時点では量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、発表時点では量販店ではエディオンやコジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ECサイトではAmazon.co.jpやエディオンネットショップ、コジマネット、Joshin webショップ、sofmap.com、ビックカメラ.com、ヨドバシ.com、MVNOではIIJmio(インターネットイニシアティブ)やHISモバイル(H.I.S.Mobile)、ピカラモバイル(STNet)とのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格が79,800円で、一部の量販店やECサイトなどでは79,800円の1%(798ポイント)還元の実質79,002円となっているほか、Amazon.co.jpでは77,382円の1%(774ポイント)還元の実質76,608円となっています。本記事では新製品発表会における展示会場にて実際にnubia Flip 5Gをタッチ&トライしてきたので写真や動画を交えて外観や特徴などを紹介していきます。

続きを読む

約3万円と低価格な5GやFeliCaに対応したエントリースマホ「nubia Ivy(Z6561J)」を写真や動画で紹介!ヌビアが日本本格上陸【レポート】


低価格な5GやFeliCaに対応したエントリースマホ「nubia Ivy」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、ZTEジャパンは14日、都内にて「ZTEジャパン/nubiaブランド日本本格展開・事業戦略及び新製品発表会」を開催し、ZTE傘下のNubia Technologyが展開する「nubia(ヌビア)」ブランドが日本本格上陸をするとして新たに日本市場にて5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「nubia Ivy(ヌビア アイヴィ―)」(型番:Z6561J)を発売すると発表しました。

発売時期は2024年3月22日(金)より順次となっており、販路は現時点では量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などで、発表時点では量販店ではエディオンやコジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ECサイトではAmazon.co.jpやエディオンネットショップ、コジマネット、Joshin webショップ、sofmap.com、ビックカメラ.com、ヨドバシ.com、MVNOではIIJmio(インターネットイニシアティブ)やHISモバイル(H.I.S.Mobile)とのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格が31,880円で、一部の量販店やECサイトなどでは31,880円の1%(319ポイント)還元の実質31,561円となっているほか、Amazon.co.jpでは31,910円の1%(319ポイント)還元の実質31,591円となっています。本記事では新製品発表会における展示会場にて実際にnubia Ivyをタッチ&トライしてきたので写真や動画を交えて外観や特徴などを紹介していきます。

続きを読む

モトローラの新エントリースマホ「moto g53j 5G」とワイモバイル版「moto g53y 5G」を写真と動画で紹介!違いもチェック【レポート】


モトローラのFeliCa対応な日本独自スマホ第2弾「moto g53j 5G」と「moto g53y 5G」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は7日、都内にて「モトローラ・モビリティ・ジャパン新製品記者発表会」を開催し、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおいておサイフケータイ(FeliCa)に対応した日本独自モデルの5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「moto g53j 5G(モデル名:XT2335-5)」(Motorola Mobility製)を発表しました。

発売日は2023年6月16日(金)で、オープン市場向けメーカー版(いわゆるSIMフリーモデル)として販売されます。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では34,800円で、販路はMOTO STORE以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われ、一部の量販店やECサイトでは34,800円の10%(3,480ポイント)還元で実質31,320円となっています。

またMVNOではオプテージが提供している携帯電話サービス「mineo」では通常価格32,208円、インターネットイニシアティブが提供している携帯電話サービス「IIJmio」では通常価格31,000円でともに6月22日に発売され、IIJmioではキャンペーンによって7月3日(月)21:59までは特別価格14,800円からとなるほか、IIJmioモバイルサービスを利用している場合を対象に5,000円分の「選べるe-GIFT」をプレゼントするとのこと。

さらにモトローラではmoto g53j 5Gの発売を記念してキャンペーンWebページ( https://motorola-mobility.jp/moto-care/cp/ )にてエントリーの上でmoto g53j 5Gを購入し、購入日(アクティベーション日)から14日以内端末保証サービス「moto care月額プラン」に申し込んだ場合を対象にmoto care月額プランの料金が最大12カ月分(申込月含む)が無料になるキャンペーンを2023年8月31日(木)まで実施します。

一方、ソフトバンクおよびモトローラは7日、すでに紹介しているように携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の新商品としてmoto g53j 5Gとほぼ同製品となる5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「moto g53y 5G(モデル名:XT2335-4)」(Motorola Mobility製)を発表しました。こちらは発売日が2023年6月29日(木)で、発売に先立って6月23日(金)に予約受付を開始する予定です。

販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などで、価格(金額はすべて税込)はワイモバイルオンラインストアなどの直営店では21,996円(分割なら611円/月×36回または917円/月×24回)となっており、ワイモバイルオンラインストアでは新規契約や他社から乗り換え(MNP)、機種変更において割引が実施されています。

moto g53j 5Gとmoto g53y 5Gの違いは内蔵メモリー(RAM)の容量と本体色のみとなっており、RAMはmoto g53j 5Gが8GB、moto g53y 5Gが4GB、本体色はmoto g53j 5Gがインクブラックおよびアーティックシルバーの2色展開、moto g53y 5Gがインクブラックおよびアーティックシルバー、ペールピンクの3色展開で、その他の仕様については携帯電話ネットワークの対応周波数帯を含めて同じとなっています。

今回はそんなmoto g53j 5Gとmoto g53y 5Gについて発表会の展示会場にて実際にタッチ&トライしてきましたので、外観や基本機能などを中心に写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、ソフトバンクではmoto g53y 5Gは同社が日本国内の通信事業者として独占販売となるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。