S-MAX

S-MAX編集部

写真で見る「AQUOS zero6」。大画面6.4インチ有機EL搭載で世界最軽量146gの5GスマホがauやSoftBank、楽天モバイルから発売【レポート】


世界最軽量5Gスマホ「SHARP AQUOS zero6」を写真でチェック!

既報通り、シャープが「2021〜2022年冬春モデル」として大画面かつ多機能な5Gスマートフォン(スマホ)としては世界最軽量となる「AQUOS zero6」を発表しました。すでに10月8日にau版「AQUOS zero6 SHG04」とSoftBank版「AQUOS zero6 A102SH」が発売され、10月14日からは楽天モバイル版「AQUOS zero6 SH-RM18」も販売開始されています。

価格(金額はすべて税込)はauの公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では本体価格71,585円で、スマホトクするプログラム適用時は負担額39,905円となるほか、キャンペーンによって機種変更では5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となっています。

またSoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店なら本体価格74,880円で、トクするサポート+適用時は負担額37,440円となるほか、【オンライン限定】web割によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円割引となります。一方、楽天モバイルでは本体価格69,800円で、同社が移動体通信事業者(MNO)として提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」とセットだと最大20,000ポイントが還元されます。

その他、auとSoftBankでは「AQUOS zero6 デビューキャンペーン」が実施されており、発売日から2021年11月30日(火)までに購入して発売日から2021年12月7日(火)までに応募すると、auでは抽選で1000人にau PAY残高へ10,000円(不課税)相当を還元、SoftBankではもれなく5,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。

本記事ではそんなAQUOS zero6の特徴についてシャープが「2021 秋冬 スマートフォンAQUOS新製品 オンライン発表会」に合わせて実施したタッチ&トライにて実際に試してきたので写真とともに紹介したいと思います。

続きを読む

Appleの新型スマホ「iPhone 13 Pro」の新色シエラブルーを購入!開封して外観やパッケージを写真で紹介。iPhone 12 Proとも比較【レビュー】


新スマホ「Apple iPhone 13 Pro」を紹介!iPhone 12 Proとの違いは?

既報通り、Appleの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 13」シリーズが9月24日に発売された。iPhone 13シリーズは昨年発売された「iPhone 12」シリーズと同様にベースモデルのiPhone 13に加え、小型機「iPhone 13 mini」、上位機「iPhone 13 Pro」、そしてその大画面機となる「iPhone 13 Pro Max」の4機種がラインナップされています。

筆者もこのうちのiPhone 13 Proの新色「シエラブルー」(256GB)をさっそく入手しました。Apple公式オンラインストアにて購入し、注文時に決済方法として「Apple Pay」を選んだところ、カード会社から不正利用疑いとなったりして戸惑いましたが、注文完了後はスームズに発送され、発売日に届きました。

そこで今回はiPhone 13 Proのパッケージや実機の外観、昨年購入した前機種「iPhone 12 Pro」との違いについて見ていきたいと思います。

続きを読む

防水&FeliCa対応!開くとタブレットスタイルの2つ折りスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」の実機を写真で紹介。NTTドコモとauから発売【レポート】


横開きフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」をフォトレポート!

サムスン電子製の折り畳めるディスプレイ搭載した2つ折りの最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」が10月上旬にNTTドコモとauから発売される。新たにNTTドコモからも販売されるほか、両機種ともに防水(IPX8)とおサイフケータイ(FeliCa)に対応したという点でも注目だ。

この記事ではこのうちの開くとタブレットサイズの大画面モデルに変形するGalaxy Z Fold3 5Gについて実機を触れる機会があったため、写真を交えてその特徴を紹介していく。なお、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などの直営店における価格(金額はすべて税込)もすでに案内されており、NTTドコモ版「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」は237,600円、au版「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」は237,565円となっている。

ともに残価設定方式の「いつでもカエドキプログラム」および「スマホトクするプログラム」の対象となっており、Galaxy Z Fold3 5G SC-55Bは6,198円/月×23回+95,040円(早期利用特典1,200円/月)で実質負担額129,354円から、Galaxy Z Fold3 5G SCG11は6,875円/月×23回+79,440円で実質負担額158,125円となる。

またNTTドコモでは「5G WELCOME割」で他社から乗り換え(MNP)なら22,000円が割り引かれ、auでは「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円、MNPなら22,000円、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円(au Online Shopでは5,500円相当がau PAY残高でキャッシュバック)が割り引かれる。

その他、Galaxy Z Flip3 5Gの発売を記念してサムスン電子ジャパンでは購入・応募した人全員にもれなくSペンが収納できる手帳型ケース「Flip Cover with Pen」と完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190)」(Phantom White)、「microSDカードリーダー」をプレゼントする予約・購入キャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/2021z-fold3-z-flip3/ )を実施する。

続きを読む

実機を写真で紹介!防水&FeliCa対応の縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G」の特徴をチェック。NTTドコモとauから発売【レポート】


縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G」を写真でチェック!

サムスン電子製の折り畳めるディスプレイ搭載したフォルダブルスマートフォン(スマホ)の最新モデルのうち、閉じた状態でコンパクトに持ち歩ける縦折りの「Galaxy Z Flip3 5G」は一般的な大画面スマホを二つ折りしたような形状が特徴だ。

もう一方の開くとタブレットサイズの大画面で使える横開きのフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」とともに防水とおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、NTTドコモとauから10月上旬より販売され、すでに各機種ともに事前予約受付を実施している。

この記事では縦折りのGalaxy Z Flip3 5Gについて実機を触れる機会があったため、写真を交えてその特徴を紹介していく。なお、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などの直営店における価格(金額はすべて税込)もすでに案内されており、NTTドコモ版「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」は148,896円、au版「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」は148,925円となっている。

ともに残価設定方式の「いつでもカエドキプログラム」および「スマホトクするプログラム」の対象となっており、Galaxy Z Flip3 5G SC-54Bは3,833円/月×23回+60,720円(早期利用特典800円/月)で実質負担額79,359円から、Galaxy Z Flip3 5G SCG12は4,315円/月×23回+49,680円で実質負担額99,245円となる。

またNTTドコモでは「5G WELCOME割」で他社から乗り換え(MNP)なら22,000円が割り引かれ、auでは「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円、MNPなら22,000円、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円(au Online Shopでは5,500円相当がau PAY残高でキャッシュバック)が割り引かれる。

その他、Galaxy Z Flip3 5Gの発売を記念してサムスン電子ジャパンでは購入・応募した人全員にもれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190)」(Phantom White)と「microSDカードリーダー」をプレゼントする予約・購入キャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/2021z-fold3-z-flip3/ )を実施する。

続きを読む

LINEが使い放題の携帯電話サービス「LINEMO」の契約方法やプラン変更を紹介!月額990円からミニプラン追加で注目度上昇【ハウツー】


月20GBのスマホプランに加えて月3GBのミニプランが追加!LINEMOの契約方法を見ていこう

携帯電話サービス「LINEMO」( https://www.linemo.jp )はソフトバンクによるオンライン専用の新ブランドとして今年3月に提供が開始され、当初は「ahamo」の対抗サービスとして月間高速データ通信容量20GBの「スマホプラン」を月額2,728円で提供していたが、現在は月額990円で月3GBの「ミニプラン」を追加した。

その特徴はソフトバンク傘下となったコミュニケーションサービス「LINE」のトークや通話、ビデオ通話が高速データ通信量としてカウントされない“カウントフリー”という点だ。LINE中心に使いつつ、スマホを安価に持ちたい人に向けのサービスと言える。

今回はミニプランの追加で注目度が俄然増したこのLINEMOについてサービスの契約方法から、気になるプラン変更などの使い勝手を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。