S-MAX

S-MAX編集部

NTTドコモの新料金プラン「ahamo」を実際にオンライン契約してみた!乗り換え手順と“ahamo SIM”の入手方法を紹介【ハウツー】


docomoの新料金プラン「ahamo」を契約してみた!各申込別に手順を紹介

既報通り、NTTドコモが新料金プラン「ahamo」の申込受付および提供を先月26日から開始し、乗り換えや契約を考えている人も多いだろう。月額2,970円(税込)で通信量20GBと低料金で、スマートフォン(スマホ)の利用に慣れており、キャリアメールやサポートの利用も少ない人にはぴったりなプランだ。

一方、申し込みやサポートは少なくとも現時点ではオンラインのみとなっており、これまでドコモショップなどの店頭で申し込みや各種手続きをしてきた人にとって自分ひとりで手続きを進めるのは心許ないという人もいるだろう。

実際に乗り換えるとなると、どのような手続きが必要か、日数なども気になるところ。そこで、今回は実際にahamoを契約してみたので、その手順を紹介する。またスマホ好きが気になる、ahamo用のSIMで利用できる契約パターンも紹介していく。

なお、同社では近く店頭でも有償でahamoの取り扱いを行う計画だというなので、本当にオンライン契約が心配な場合は少し待ってみるのも良いかもしれないが、有償であることを考えると、少しでも安く済ませないならオンラインで申し込むことをオススメしたい。

続きを読む

NTTドコモとauから発売!新スマホ「Galaxy S21 5G」や「Galaxy S21+ 5G」、「Galaxy S21 Ultra 5G」を写真で紹介【レポート】


docomoとauから発売される「Galaxy S21 5G」と「Galaxy S21+ 5G」、「Galaxy S21 Ultra 5G」をフォトレポート!

サムスン電子ジャパンは8日、都内にて「Galaxy S21 Series 5G 記者発表会」を開催し、同社のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S21 5G」および「Galaxy S21+ 5G」、「Galaxy S21 Ultra 5G」(ともにSamsung Electronics製)を日本市場に投入すると発表した。

日本市場ではNTTドコモから「Galaxy S21 5G SC-51B」および「Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」、auから「Galaxy S21 5G SCG09」および「Galaxy S21+ 5G SCG10」としてともに2021年4月22日(木)に発売される。また合わせてNTTドコモとauでは4月8日より各機種の事前予約受付を開始している。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などの直営店ではGalaxy S21 5G SC-51Bが99,792円、Galaxy S21 Ultra 5G SC-52Bが151,272円、Galaxy S21 5G SCG09が118,540円、Galaxy S21+ 5G SCG10が138,730円となっており、それぞれ「スマホおかえしプログラム」や「かえトクプログラム」を利用した際の実質負担額は66,528円、100,848円、66,700円、79,810円となる。

またNTTドコモでは「5G WELCOME割」によって他社から乗り換え(MNP)なら22,000円が割り引かれ、auでは「5G機種変更おトク割」によって機種変更なら5,500円割引、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約なら11,000円割引(auワイド学割対象プラン加入の場合には22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となっている。

さらに各機種ともに発売記念キャンペーンがサムスン電子ジャパンによって実施され、それぞれの期間中に予約・購入して応募するともれなくGalaxy S21 5Gには「Galaxy Buds+(型番:SM-R175)」(White)、Galaxy S21+ 5GとGalaxy S21 Ultra 5Gには「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190N)」(Violet)の完全ワイヤレスイヤホンがプレゼントされる。

本記事ではそんな各機種についてGalaxy S21 Series 5G 記者発表会の実機展示にて実際にタッチ&トライしてきたのでまずは外観を中心に写真を紹介してく。

続きを読む

使って納得!格安SIM「y.u mobile」はパケット繰り越し「永久不滅ギガ」と快適通信でお得に使える。初めてでも安心の実質6か月無料お試し


y.u mobileがシングルプランとシェアプランの新料金をスタート!

今年1月に「格安SIM」と呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)の中ではいち早くY.U-mobile社が新料金プランを発表し、同社が提供している携帯電話サービス「y.u mobile」( https://www.yumobile.jp/ )では3月1日より新料金プランを提供しています。

y.u mobileの新料金プランは既存の「シングルプラン」と「シェアプラン」をバージョンアップし、それぞれ月間高速データ通信容量が5GBと20GBとなっており、音声通話SIMではシングルプランが月額1,639円(金額はすべて税込)、シェアプランが最大4人で通信容量を共有できて月額4,378〜6,578円となっています。

今回、実際にy.u mobileを試してみたので、サービスの特徴やどれくらい速度が出るのかなどを中心に紹介したいと思います。なお、2021年5月31日(月)12:00まで音声通話SIMの申し込みで「10,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施しており、シングルプランなら6か月分の月額基本料が実質無料で使えます。

続きを読む

縦折りでコンパクトに持ち運べるフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G」を写真で紹介!日本ではau版「SCG04」が独占販売に【レポート】


au向け新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G SCG04」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」のうちの5Gに対応した縦折りフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip 5G SCG04」(サムスン電子製)を2020年11月4日(水)に発売する。

今年7月にサムスン電子から発表された5Gに対応した縦折りのフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G」のau版で、同じくauから発売された「Galaxy Z Flip SCV47」の5G対応製品として新たにチップセット(SoC)がQualcomm製「Snapdargon 865 5G mobile platform」となっている。

なお、Galaxy Z Flip SCV47と同様に海外版と同じハードウェアを採用しているため、防水や防塵、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグ、フルセグには対応しておらず、5GはNR方式におけるSAおよびNSAをサポートし、Sub6によってauでは下り最大3.4Gbpsおよび上り最大183Mbpsに対応する。またGalaxy FoldやGalaxy Z Flipなどと同様に日本ではau独占販売となる。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では185,835円で、かえトクプログラムの特典利用時の実質負担額は4,845円/月×23回(総額111,435円)となっている。

今回は発表会が行われた9月25日にコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」にて行われた内覧会および新製品タッチ&トライイベントでGalaxy Z Flip 5G SCG04を試してきたので外観を中心に写真を交えて紹介していく。

続きを読む

価格を抑えた新ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A51 5G」を写真で紹介!au版「SCG07」は防水・防塵やおサイフケータイに対応【レポート】


au向け新スマホ「Galaxy A51 5G SCG07」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」として5G対応のミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A51 5G SCG07」(サムスン電子製)を発表した。

今年4月にサムスン電子が発表したQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 765G 5G mobile platform」を搭載することによって価格を抑えた5G対応モデル「Galaxy A51 5G」のau版で、日本市場向けにニーズの高い防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G NR方式のSub6によって下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsで利用可能となっている。

同じくSnapdragon 765Gを搭載したミッドハイレンジクラスの5Gや防水、おサイフケータイに対応したスマホとしてはすでに販売されている「AQUOS zero5G basic DX SHG02」や「Pixel 5」が販売されており、ともに本体価格が8万円前後となっている。

一方、防水やおサイフケータイには対応しない「Mi 10 Lite 5G XIG01」が4万円台となっており、海外ではキャリア版で割引ありながらもGalaxy A51 5Gは実質負担額3万円を切る価格で販売されていることもあり、AQUOS zero5G basic DX SHG02やPixel 5よりも安い価格が期待される。

発売時期は2020年11月中旬を予定し、発売に先立ってすでに9月26日からauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されている。なお、価格は現時点で未定となっている。

今回は発表会が行われた9月25日にコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」にて行われた内覧会および新製品タッチ&トライイベントでGalaxy A51 5G SCG07を試してきたので外観を中心に写真を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。