S-MAX

S-MAX編集部

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S22」を写真と動画で紹介!NTTドコモ版「SC-51C」とau版「SCG13」が発売【レポート】


最新のハイエンドフラッグシップスマホ「Galaxy S22」をフォトレビュー!

既報通り、サムスン電子ジャパンは7日、日本市場向けに最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22(ギャラクシー エストゥエンティツー)」(Samsung Electronics製)を2022年4月21日(木)に発売すると発表した。

日本ではNTTドコモ向け「Galaxy S22 SC-51C」と、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向け「Galaxy S22 SCG13」が販売され、それぞれドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などで取り扱われる。

価格(金額はすべて税込)はGalaxy S22 SC-51Cがドコモオンラインショップなどで127,512円、Galaxy S22 SCG13がau Online Shopなどの直営店で125,030円となっており、いずれも残価設定方式の販売施策「いつでもカエドキプログラム」および「スマホトクするプログラム」対象機種となっているため、23ヶ月目に返却して特典を適用した場合の実質負担額はNTTドコモ版が3,191円/月×23回(総額73,392円)、au版が3,130円/月×23回(総額71,990円)となる。

またNTTドコモでは「5G WELCOME割」によって新規契約や機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)では5,500円割引(ドコモオンラインショップでは新規契約のみ5,000ポイント還元)、auでは機種変更では「5G機種変更おトク割」で故障紛失サポートに加入すると16,500円割引(au Online Shopでは16,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、MNPなら22,000円割引となる。

今回はそんなGalaxy S22についてサムスン電子ジャパンが7日に「Galaxy Harajuku(ギャラクシー原宿)」(東京・渋谷区)で開催した「Galaxy新製品発表会」のタッチ&トライ会場で実機を試すことができたので、その模様を写真や関連動画を交えながらレポートする。

続きを読む

新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+」と「Galaxy Tab S8 Ultra」を写真と動画で紹介!Tab Sシリーズは7年ぶり【レポート】


新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+」と「Galaxy Tab S8 Ultra」をフォトレビュー!

既報通り、サムスン電子ジャパンは7日、都内およびオンラインにて「Galaxy新製品発表会」を開催し、最新フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+(ギャラクシー タブ エスエイトプラス」および「Galaxy Tab S8 Ultra(ギャラクシー タブ エスエイト ウルトラ」(ともにSamsung Electronics製)の日本向け製品を発表した。

両機種ともにWi-Fiモデル「Galaxy Tab S8+(型番:SM-X800)」および「Galaxy Tab S8 Ultra(型番:SM-X900)」が販売され、販路は旗艦店「Galaxy Harajuku」や総合Webストア「Amazon.co.jp」、一部の量販店のオンラインストアとなっている。またGalaxy Tab S8+については発売に先立ってすでに4月7日(木)より予約受付が実施されている。

価格はオープンながらGalaxy Tab S8+がAmazon.co.jpでは115,500円の1%(1,155ポイント)還元で実質114,345円となっており、Galaxy Tab S8 Ultraについては現時点では未定となっている。なお、日本向け製品は両機種ともに本体色はグラファイトの1色で、内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージはGalaxy Tab S8+が8GB RAM+128GBストレージ、Galaxy Tab S8 Ultraが12GB RAM+256GBストレージとなる。

また発売を記念して『Galaxy Tab S8+」予約期間購入キャンペーン』をGalaxy HarajukuおよびAmazon.co.jp、ヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comにて実施し、予約・購入して応募した場合にもれなくGalaxy Tab S8+専用の純正アクセサリー「Book Cover Keyboard」がもらえるとのこと。購入・応募期間は2022年5月31日(火)23:59までだ。

本記事ではGalaxy新製品発表会のタッチ&トライ会場やGalaxy POP-UP STUDIOでGalaxy Tab S8+およびGalaxy Tab S8 Ultraの実機を試すことができたので、その模様を写真や関連動画を交えながらレポートする。なお、新製品発表会における展示機は少なくともGalaxy Tab S8 Ultraについては海外向けのWi-Fi+Cellularモデルとなっていたため、背面のロゴが「SAMSUNG」となっているなど、日本向け製品とは一部異っていた。

続きを読む

最新ミッドハイレンジスマホ「Galaxy M23 5G」を写真と動画で紹介!限定品以外では日本初のメーカー版SIMフリーモデル【レポート】


Galaxyでは日本国内初のSIMフリースマホに!Galaxy M23 5Gをフォトレビュー

既報通り、サムスン電子ジャパンは7日、都内およびオンラインにて「Galaxy新製品発表会」を開催し、最新ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy M23 5G(ギャラクシー エムトゥエンティースリー ファイブジー)」(Samsung Electronics製)の日本向け製品「Galaxy M23 5G(型番:SM-M236Q/DS)」を発表した。

オープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)として販売され、価格はオープンながらAmazon.co.jpでは40,982円(税込)の410ポイント還元で実質40,565円となっており、販路は旗艦店「Galaxy Harajuku」や総合Webストア「Amazon.co.jp」、一部の量販店のオンラインストアとなっている。

発売日は2022年4月21日(木)を予定し、発売に先立って4月7日(木)より予約受付が実施されており、発売を記念して『Galaxy M23 5G」予約期間購入キャンペーン』( https://www.galaxymobile.jp/explore/event/2022m23/ )をGalaxy HarajukuおよびAmazon.co.jpにて実施し、予約・購入して応募した場合にもれなくmicroSDXCカード(256GB)がプレゼントされる。

なお、Galaxy M23 5Gは数量限定特別版「Galaxy Z Fold2 Thom Browne Edition」や「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」などの数量限定特別仕様モデルを除いた通常製品のオープン市場向けメーカー版としてはGalaxy国内初となるほか、Amazon.co.jpにおけるGalaxyの国内正規品としては初の取り扱いとなる。

本記事ではGalaxy新製品発表会のタッチ&トライ会場でGalaxy M23 5Gの実機を試すことができたので、その模様を写真や関連動画を交えながらレポートする。

続きを読む

約3万円と手頃な新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」をひと足先に開封して外観や同梱品、基本機能などを写真と動画で紹介【レビュー】


5G対応の新エントリースマホ「OPPO A55s 5G」のメーカー版「CPH2309」をファーストインプレッション!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が5G対応の新しいエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A55s 5G(オッポ エーゴーゴーエス ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しました。日本市場においてオープンマーケット向けメーカー版「CPH2309」や携帯電話サービス「SoftBank」からソフトバンク版
A102OP」がともに2021年11月26日(金)に発売されます。

価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではオープンながら希望小売価格および「OPPO公式楽天市場店」や「OPPO公式PayPayモール店」といった公式Webストアでは33,800円となっており、
ソフトバンク版では公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で27,360円となっています。

なお、SoftBankでは48回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると最大24回分の残債が免除される「新トクするサポート」の特典を利用した場合の実質負担額は570円/月×24回(総額13,680円)からなるほか、ソフトバンクオンラインショップおよび「ソフトバンク 電話店」、「ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト」では「【オンライン限定】web割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,600円が割り引かれます。

またメーカー版およびSoftBank版ともにすでに予約受付が実施されています。なお、メーカー版およびSoftBank版はそれぞれ購入時よりSIMロックのかかっていないSIMフリー製品で、メーカー版は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)としてIIJmioなど、移動体通信事業者(MNO)として楽天モバイルが販売します。

主な販路における価格についてはすでに紹介している通りです。本記事ではオウガ・ジャパンよりOPPO A55s 5Gのメーカー版であるCPH2309をお借りしたので、まずは開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

TOYOTA「次世代モビリティ実証実験」がMIYASHITA PARKで実施してたので乗車体験をしてきた!ショッピングモールなどを想定【レポート】


トヨタ自動車の屋内向け次世代モビリティを試乗してみた!

東京・渋谷にある複合施設「MIYASHITA PARK」(旧:宮下公園)を11月2日に通りがかった際に「次世代モビリティ実証実験」が行われていたので体験してみました。主に屋内向けを想定した屋根のないキャリーワゴンのような自動運転車による実験でした。

なお、いつまでやってるのか、いつやってるのかを含めて詳細は聞き忘れてしましましたが、主催はトヨタ自動車と三井不動産、後援に渋谷区となっており、トヨタ自動車が力を入れている未来のモビリティ戦略の一環かと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。