S-MAX

S-MAX編集部

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SO-52B」を写真や動画で紹介!価格は5万1480円とライバル機よりお高い?【レポート】


docomo 5Gスマホ「Xperia 10 III SO-52B」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)を6月18日に発売した。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では51,480円だ。

また他社から乗り換え(MNP)の場合に「5G WELCOME割」によって22,000円が割り引かれて29,480円となる。なお、スマホおかえしプログラムは対象外となっている。さらに購入キャンペーンも実施されて2021年7月31日(土)までにソニー製純正カバーとともに購入して応募すると、dポイント3,000ポイントがプレゼントされる。

加えて2021年9月21日(火)までに購入・応募すると音楽配信サービス「Deezer」または「Nuggs.net」、「mora qualitas」のいずれかが3ヶ月無料で使えるキャンペーンも実施されている。今回はそんなXperia 10 III SO-52Bを実際に試したので、まずは外観を中心に写真や動画を交えて紹介する。

なお、同機はソニーの最新ミッドレンジスマホ「Xperia 10 III」のNTTドコモ版で、Xperia 10 IIIは日本では他にもau版「Xperia 10 III SOG04」が同じく6月18日に発売され、さらにY!mobile版「Xperia 10 III(型番:A102SO)」が7月2日に発売される予定で、これらの日本向け製品はおサイフケータイ(FeliCa)に対応している。

続きを読む

NTTドコモの新料金プラン「ahamo」を契約前から解約まで絶対知っておくべき7つのTipsを紹介!オンライン専用だけでない違い【ハウツー】


ahamoを契約前から契約後まで絶対知っておくべき事柄をまとめてチェック!

NTTドコモが今年3月に提供を開始したオンライン専用の新料金プラン「ahamo」( https://ahamo.com )。月間高速データ通信容量20GBと1回5分までの国内宛通話(一部除く)が回数制限なく無料で行えて月額2,970円(金額はすべて税込)と、これまでの料金プランよりも安いことで注目を集めている。

そんなahamoをこれから契約する人は多いと思われるが、実際にどういったサービスなのか詳細部分まで確認する方法が意外と少ない。そこで本記事では、NTTドコモの既存プランとの比較案内だけでは見えてこないahamoの本当に知りたい細かい機能や、ahamoロゴのSIMを入手できるパターンについても見ていこう。

なお、まだahamoの基本的なサービス内容を知らない場合は同社の公式Webサイト内に掲載されている「ギガプランとahamoを比較する」のページ( https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/compare/ )を見るとわかりやすいのでまずは確認してみて欲しい。その上で、より細かい内容について触れていく。

続きを読む

NTTドコモのスタンダードスマホ「Xperia Ace II SO-41B」を写真と動画で紹介!2万2千円でMNPなら5500円の低価格が魅力【レポート】


docomoスマホ「Xperia Ace II SO-41B」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが「2021年夏モデル」として4Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia Ace II SO-41B」(ソニー製)を5月28日に発売しました。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など直営店では本体価格が22,000円。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「端末購入割引」によって16,500円OFFの5,500円となっており、安価に購入できる「Xperia」シリーズとして注目を集めています。今回はそんなXperia Ace II SO-41Bを実際に試してみましたので、まずは外観を中心に写真や動画を交えて紹介します。

なお、発売に合わせて購入キャンペーンも実施され、購入した人にもれなく「簡単ガイドブック」(なくなり次第終了)をプレゼントするほか、Xperia Ace II SO-41Bと純正カバーを購入して2021年7月31日(土)までにプリインストールされている専用アプリで必要事項を入力して応募するとdポイント3,000ポイントをプレゼントしています。

続きを読む

写真で見る「AQUOS R6」。1インチセンサーのライカ監修カメラと高輝度&省電力の6.6インチOLEDが魅力【レポート】


シャープの新フラッグシップスマホ「AQUOS R6」を写真でチェック!

既報通り、シャープは「2021年夏モデル」として発売予定の5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6」を発表した。すでにNTTドコモから「AQUOS R6 SH-51B」として6月中旬以降に発売、ソフトバンクも「AQUOS R6」を6月中旬以降に発売する。

最大の特徴はやはりドイツのカメラメーカーである「Leica Camera」(以下、ライカ)監修の1インチセンサー採用の約2020万画素CMOSリアカメラだ。スマホが搭載するカメラセンサー中では最大サイズで、カメラの機能や画質、高感度撮影性能を一新した。

またシャープが自社開発する約6.6インチで1〜240Hz可変駆動のWUXGA+(1260×2730ドット)OLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」も搭載。画面の動作に応じた滑らかかつ省電力な動作に加え、スマホでは最大となるピーク輝度2000nitによってHDRコンテンツを明るく立体的に表示できる。

本記事ではシャープが発表会当日に実施した体験会にて実際にAQUOS R6の実機に触れることができたので外観を中心に写真や動画を交えて紹介していく。なお、NTTドコモではすでにドコモショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施中だ。

続きを読む

写真で見るソニー製スタンダードスマホ「Xperia 10 III」。人気ミドルクラスの座を奪えるか?NTTドコモやauから6月中旬以降に発売【レポート】


ソニーの新スタンダードスマホ「Xperia 10 III」。日本ではdocomoやauから発売

既報通り、ソニーが初夏以降に発売する新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III」を発表した。日本ではNTTドコモ向け「Xperia 10 III SO-52B」およびau向け「Xperia 10 III SOG04」がすでに発表されており、ともに販売開始時期は6月中旬以降を予定しており、ともに日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応している。

Xperia 10 IIIは昨年発売された「Xperia 10 II」に続くコストパフォーマンスの高いミッドレンジモデルで、新たにチップセット(SoC)がQualcomm製「Snapdragon 690 5G Mobile Platform」を採用して5Gに対応した。これにより、最大通信速度がNTTドコモでは下り2.1Gbpsおよび上り218Mbps、auでは下り2.1Gbpsおよび上り183Mbpsとなった。

また本体カラーはブルーおよびホワイト、ブラック、ピンクに加え、NTTドコモでは公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定カラーのイエローも販売される。今回はソニーが開催した説明会においてXperia 10 IIIの特徴を発表スライドと操作はできなかったが、実機の写真から見ていこうと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。