S-MAX

S-MAX編集部

カメラ強化の5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau・UQ、楽天モバイルから発売【レポート】


a>
新スタンダードスマホ「AQUOS sense7」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、シャープが新しい5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」を発表しました。AQUOS sense7はNTTドコモから「AQUOS sense7 SH-53C」KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」から「AQUOS sense7 SHG10」、楽天モバイルから「AQUOS sense7(型番:SH-M24)」が発売されます。

販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auやUQ mobileではauショップやau Style、UQスポット、量販店などのau取扱店およびUQ mobile取扱店、公式Webストア「au Online Shop」および「UQ mobileオンラインショップ」など、楽天モバイルでは楽天モバイルショップや量販店などの楽天モバイル取扱店および同社の公式Webサイト(スマホなど向けアプリ「my 楽天モバイル」を含む)、「楽天モバイル公式 楽天市場店」などとなります。

各社が取り扱う製品はともに内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージは同じで、SIMもnanoSIMカード(4FF)およびeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しており、本体カラーはauやUQ mobile、楽天モバイルではライトカッパーおよびブルー、ブラックの3色展開、NTTドコモではこれらの3色に追加してドコモオンラインショップ限定カラーのラベンダーを加えた4色展開です。

発売日はNTTドコモではドコモオンラインショップ限定カラーのラベンダーのみが11月4日(金)で、他の通常カラーは11月11日(金)となっており、auおよびUQ mobileでは11月11日、楽天モバイルではオンラインでは11月4日、店舗では11月7日(月)となっています。なお、ドコモオンラインショップでは通常カラーについて発売に先立って11月8日(火)10時より購入手続きが開始されます。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモではドコモオンラインショップなどの直営店にて54,230円(1,898円/月×23回+10,560円)となっており、残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,898円/月×23回(総額43,670円)とのこと。

またauではau Online Shopなどの直営店にて59,500円(1,460円/月×23回+25,920円)で、価設定方式の購入施策「スマホトクするプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,460円/月×23回(総額33,580円)となるほか、キャンペーンで機種変更でなら5,500円割引、新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでも割引適用後の販売価格が新規契約で増量オプションII加入時なら48,500円、加入なしで52,900円、MNPで増量オプションII加入時なら37,500円、加入なし41,900円となり、機種変更およびauからの番号移行では割引なしの59,500円となっています。なお、割引は料金プラン「くりこしプラン +5G」に加入時に適用されます。

さらに楽天モバイルでは49,980円(分割払いの場合は2,082円/月×24回または1,041円/月×48回)で、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )とセットで購入した場合には楽天ポイントで最大8,000ポイントが還元されます。

そんなNTTドコモやau、UQ mobile、楽天モバイルから発売されるAQUOS sense7についてシャープが実施した体験会にて実際に実機を試す機会があったので外観や基本機能、特徴などを写真や動画を交えて紹介していきます。なお、シャープではAQUOS sense7については日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー製品」)も販売を検討するとしており、楽天モバイル版はメーカー版に付けられる型番となっているため、今後、メーカー版が発売される可能性は高そうです。

続きを読む

防水&FeliCa対応で小型・高性能な5G対応フラッグシップスマホ「ASUS Zenfone 9」を写真や動画で紹介!ジンバル対応カメラも注目【レポート】


エイスースの新フラッグシップスマホ「Zenfone 9」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は2日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 9(型番:AI2202)」(ASUSTeK Computer製)のメーカー版(いわゆる「SIMフリー製品」)を日本のオープン市場にて2022年11月4日(金)に発売すると発表しました。また発売に先立ってすでに予約販売を実施しています。

日本で販売されるモデルは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージの違いによって3つあり、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「ASUS Store」では8GB RAM+128GBストレージモデルが99,800円、8GB RAM+256GBストレージモデルが112,800円、16GB RAM+256GBストレージモデルが129,800円となっています。

また本体色は8GB RAM+128GBストレージモデルがミッドナイトブラック(型番:ZF9-BK8S128)およびムーンライトホワイト(型番:ZF9-WH8S128)、スターリーブルー(型番:ZF9-BL8S128)、サンセットレッド(型番:ZF9-RD8S128)の4色、8GB RAM+256GBストレージモデルがミッドナイトブラック(型番:ZF9-BK8S256)およびムーンライトホワイト(型番:ZF9-WH8S256)が2色、16GB RAM+256GBストレージモデルがミッドナイトブラック(型番:ZF9-BK16S256)の1色が用意されています。

販路はASUS Store以外にもAmazon.co.jpやビックカメラ、エディオン、ひかりTVショッピング、Joshin、コジマ、ノジマ、ソフマップ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店やECサイトに加え、仮想移動体通信事業者(MVNO)として「IIJmio」や「NifMo」、「LinksMate」にて販売されます。なお、Zenfone 9は昨年発売された前機種「Zenfone 8」と同様に防水・防塵に対応しているほか、日本向け製品では同じくZenfone 8に続いて日本でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

また合わせてZenfone 9専用別売アクセサリーとして便利なケースおよびスマートスタンド、カードホルダーといったアクセサリー3点がセットになった「Zenfone 9 Connex Accessories Set」(ブラック「型番:ZF9_CONNEX_BK」とホワイト「型番:ZF9_CONNEX_WH」)、バックパックにZenfone 9を固定できる「Zenfone 9 Smart Backpack Mount」(ブラック「型番:ZF9_MOUNT」)が販売され、希望小売価格およびASUS Storeでの価格はそれぞれ5,280円と9,980円となっています。

さらにASUS StoreではZenfone 9の発売を記念して購入で30日間の返品保証キャンペーンおよびZenfone 9本体と専用アクセサリーを同時購入で10%OFFで購入いただける割引キャンペーンに加え、同社の既存スマホ利用者限定でZenfone 9を10%OFFで購入できる買い替えキャンペーンを開催するとのこと。詳細はキャンペーンWebページ( https://jp.store.asus.com/store/asusjp/html/pbPage.zenfone/ )をご確認ください。

その他、Zenfone 9の日本向け製品のみの特典として今秋リリースの注目スマホゲーム「ゆるキャン△つなげるみんなのオールインワン︕︕」(以下、ゆるキャン△)とコラボした限定壁紙をプリインストールしているほか、Zenfone 9やゆるキャン△グッズが当たるコラボキャンペーンも開催予定です。キャンペーンの詳細は順次、ASUS Japan公式Twitterアカウント( @ASUSJapan )にて告知するとしています。

本記事ではエイスースが事前に開催した内覧会にてZenfone 9の日本向け製品についてプレゼンテーションで説明を受けた後に実際に実機をタッチ&トライできたので、外観や基本機能を中心に写真や動画を交えて紹介していきます。

続きを読む

カメラと動画視聴が強化された5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7 plus」を写真と動画で紹介!ソフトバンク独占販売【レポート】


新スタンダードスマホ「AQUOS sense7 plus」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向け新商品として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7 plus(型番:A208SH)」(シャープ製)を2022年10月7日(金)に発売しました。販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」など。

価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では69,840円となっており、48回払いで「新トクするサポート」が利用して24ヶ月目以降に返却した場合の実質負担額は1,455円/月×24回(総額34,920円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップなどでは他社から乗り換え(MNP)にてキャンペーン「【オンライン限定】web割」にて21,600円割引となります。

さらに2022年12月31日(土)までにを購入し、2023年1月9日(月)までに専用Webページから応募するともれなく全員に5,000円相当のPayPayポイントをプレゼントするキャンペーン( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/sense7pluscp/softbank/ )が実施されています。

そんなソフトバンクの独占販売となるAQUOS sense7 plusについてシャープが実施した体験会にて実際に実機を試す機会があったので外観や基本機能、特徴などを写真や動画を交えて紹介していきます。なお、AQUOS sense7 plusはソフトバンクの独占販売となっています。

続きを読む

新エントリースマホ「Galaxy A23 5G」を写真で紹介!NTTドコモ版「SC-56C」やau・UQ・J:COM版「SCG18」が本日発売【レポート】


5G対応スマホ「Galaxy A23 5G」をフォトレポート!

既報通り、サムスン電子ジャパンが「Galaxy」ブランドにおける新しいエントリースマートフォン(スマホ)「Galaxy A23 5G」(Samsung Electronics製)を日本市場にて発売すると発表しました。Galaxy A23 5Gは海外でも発表されていますが、日本向け製品は大きく仕様が異なっており、日本国内でニーズの高い防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

また日本ではGalaxy A23 5Gを移動体通信事業者(MNO)のNTTドコモやKDDI、沖縄セルラー電話、仮想移動体通信事業者(MVNO)のJCOMが取り扱うと発表していり、NTTドコモから「Galaxy A23 5G SC-56C」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」と「UQ mobile」、JCOMの携帯電話サービス「J:COM MOBILE」から「Galaxy A23 5G SCG18」がともに2022年10月27日(木)に発売されます。

各社ともに発売に先立って事前予約受付を実施しており、販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auおよびUQ mobileではau Styleやauショップ、UQスポット、量販店などのau取扱店・UQ mobile取扱店および公式Webストア「au Online Shop」と「UQ mobileオンラインショップ」など、JCOMではジェイコムショップなどのJ:COM MOBILE取扱店および公式Webサイト( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )となっています。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモではドコモオンラインショップなどの直営店なら33,440円(937円/月×23回+11,880円)となっており、残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は937円/月×23回(総額21,560円)となります。なお、早期利用特典は200円/月とのこと。

またauではau Online Shopなどの直営店なら36,960円で、スマホトクするプログラム(残価14,880円)適用時の実質負担額は960円/月×23回(総額22,080円)となり、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引、MNPなら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでは本体価格が36,960円で、割引適用後の販売価格が増量オプションIIに加入した場合に新規契約で25,960円、他社から乗り換え(MNP)で14,960円、増量オプションIIに加入しない場合に新規契約で30,360円、MNPで19,360円となり、機種変更やauや「povo」からの番号移行では割引なしの36,960円となっています。なお、povo2.0の対応機種にもすでに追加されています。

さらにJ:COM MOBILEでは31,680円(税込)となるとのこと。分割払いでは800円/月×36回または1,200円/月×24回となっています。なお、本体色はNTTドコモやau、UQ mobileではブラックおよびレッド、ホワイトの3色展開ですが、J:COM MOBILEではホワイトとブラックの2色が販売されます。今回はそんなGalaxy A23 5Gの日本向け製品について外観を中心に写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、4GやVoLTEに対応した子ども向け「キッズケータイ KY-41C」を発表!通話や+メッセージ、防犯ブザー、居場所確認などに対応



NTTドコモは6日、同社が今年9月以降に発売する「2022-2023冬春モデル」として新たに4GやVoLTEに対応した子ども向け「キッズケータイ KY-41C」(京セラ製)を発表しています。2023年2月以降発売予定。ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて販売されます。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。