S-MAX

かけ放題

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて1回60分までの国内通話が何回でもかけられる月額1650円のかけ放題オプションを12月2日より提供


1回60分までのJ:COM MOBILEのかけ放題オプションとNetflixとがセットになったJ:COM TV フレックスを発表!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は17日、NTTドコモやauから回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において2020年12月2日(水)より月額1,500円(金額はすべて税別、税込では月額1,650円)で60分までの国内通話なら何度でも無料となる「かけ放題(60分/回)」の提供を開始すると発表しています。

またケーブルテレビ(TV)サービス「J:COM TV」における新サービスプランとして動画配信サービス「Netflix」と専門チャンネル27チャンネル上がセットになった「J:COM TV フレックス」を月額5,160円にて12月2日より提供開始すると発表しています。なお、Netflixと専門チャンネルがセットになったサービスプランは国内初とのこと。

さらにJ:COMサービスのイメージキャラクターとして映画やドラマなどで幅広く活躍している女優・吉高由里子さんを新たに起用し、新TV CM「J:COM モバイル『サンドバッグ』篇」を2020年11月20日(金)より放映開始するとし、すでに公式YouTubeチャンネルで新CMやそのメイキング映像などが公開されています。

新CMではスマートフォン(スマホ)の料金が安くなり、浮いたお金で運動不足解消やストレス発散のためにサンドバッグを購入したご機嫌な女性を演じる吉高由里子さんが「料金ずーっとキューッパ(980円)!」の決め台詞と共に渾身のストレートで料金プランをキュートかつパワフルにアピールし、新しいものに挑戦する前向きでワクワクする世界観を表現しているということです。

続きを読む

携帯電話サービス「楽天モバイル」にて時間制限のない通話定額オプション「楽天でんわ かけ放題」が2月末で終了!利用者は2018年末まで解除料やMNP転出料を免除


楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイルが2月末に終了!

楽天がNTTドコモに回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において提供している時間制限のない定額通話サービス「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」を2018年2月28日(水)23:59に終了するとお知らせしています。

現在、楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイルを契約中の場合にはサービス終了時点で解約となり従量課金の「楽天でんわ by 楽天モバイル」(月額基本料0円、通話料30秒10円)に切り替わるとのこと。

楽天モバイルでは5分まで回数制限なく通話できる「楽天でんわ 5分かけ放題 by 楽天モバイル」は継続して提供するため、通話定額が必要な場合には楽天でんわ かけ放題のサービス終了までに「メンバーズステーション」からプラン変更の申し込めば3月から利用できるとしています。

なお、楽天でんわ かけ放題のサービス終了前に通話を開始し、3月1日(木)0:00以降に通話を終了した場合にも時間超過した分は3月1日以降のプランによって通話料がかかり、従量課金の楽天でんわの場合には30秒10円がかかるとのこと。

さらに楽天では2018年1月31日時点で楽天でんわ かけ放題を契約している場合には楽天モバイルの契約解除料および他社への乗り換え(MNP)における転出手数料を2018年2月1日(木)0:00から2018年12月31日(月)23:59まで免除するということです(金額はすべて税別)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。