S-MAX

カウントフリー

ソフトバンク、オンライン専用の携帯電話サービス「LINEMO」にて月3GB+LINEギガフリーで月額990円の新料金「ミニプラン」を提供開始


LINEMOに早くも新料金「ミニプラン」が追加!LINEモバイルからの移行もしやすく

ソフトバンクは15日、オンライン専用の携帯電話サービス「LINEMO」( https://www.linemo.jp )において新たに月額990円(金額はすべて税込)の料金プラン「ミニプラン」を発表しています。2021年7月15日(木)より申込および提供を開始しています。

ミニプランは月間高速データ通信容量3GBまでですが、コミュニケーションサービス「LINE」がカウントフリーとなって使い放題となる「LINEギガフリー」に対応し、より気軽に利用したい人向けの3G・4G・5G対応の料金プランとなっています。

LINE以外の通信については月3GBを超えた場合には最大300Kbpsに制限され、別途、データ量の追加購入(550円/1GB)を行えば速度制限は解除されます。また通話料は通常22円/30秒、SMS送信料は3.3円/通からが別途かかり、1回5分までの国内通話が無料になる「通話準定額」(月額550円)が無料または国内通話が無料になる「通話定額」(月額1,650円)が用意されています。

なお、加入から1年間は通話定額オプションが月額550円OFFになって通話準定額が無料または通話定額が月額1,100円になる「通話オプション割引キャンペーン」は対象ですが、「LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン」や「10,000円相当あげちゃうキャンペーン」は対象外とのこと。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて最大1.5Mbpsですべてがカウントフリーになるオプション「パケット放題 Plus」が6月1日より提供開始


mineoにて最大1.5Mbpsでパケット消費なく使えるオプション「パケット放題 Plus」が6月1日より提供!

オプテージは26日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )においてすべてのコンテンツが最大1.5Mbpsの通信速度で使い放題になる「パケット放題 Plus」を2021年6月1日(火)9:00より提供開始すると発表しています。

パケット放題 Plusに加入すると、データ容量を消費せずすべてのコンテンツを利用できる「mineoスイッチ」がONの通信速度を通常最大200kbpsのところ最大1.5Mbpsに増速するとのこと。これにより、容量超過後だけでなく、好きなタイミングで容量消費なしの最大1.5Mbpsの通信に切り替えることが可能となります。

料金は10GB以上のコースの場合は無料、10GB未満のコースの場合は月額385円(金額はすべて税込)。またサービス開始に併せてパケット放題 Plusのオプション料金が最大3カ月無料になるキャンペーンを実施します。なお、混雑回避のために速度制限(3日間で10GB以上利用時)はあるとのこと。

続きを読む

BIGLOBEモバイルが月1GB・3GB・6GBの音声通話SIMの料金改定!最大25%値下げ。エンタメフリーオプションも4月から月額308円に値下げ


BIGLOBEモバイルが月1GB・3GB・6GBの音声通話SIMを値下げ!

KDDIグループのビッグローブは19日、同社がNTTドコモおよびauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」( http://join.biglobe.ne.jp/mobile/ )において音声通話SIMの月間高速データ通信容量が1GBおよび3GB、6GBの月額基本使用料を2021年2月19日(金)より改定すると発表しています。

改定によって月額基本使用料は月1GBが税抜1,160円(税込1,276円)から税抜980円(税込1,078円)に、月3GBが税抜1,600円(税込1,760円)から税抜1,200円(税込1,320円)に、月6GBが税抜2,150円(税込2,365円)から税抜1,700円(税込1,870円)になり、月1GBは約15%、月3GBは約25%、月6GBは約20%の値下げとなります。

またそれぞれビッグローブ光利用時/BIGLOBE家族割適用時に月額税抜200円(税込220円)が割り引かれて月1GBが税抜780円(税込858円)、月3GBが税抜1,000円(税込1,100円)、月6GBが税抜1,500円(税込1,650円)となります。また同社では月12GB以上を利用している場合についても改定を検討しており、近く発表するとしています。

さらに新料金でも現在実施している割引キャンペーンも引き続き提供するため、例えば、音声通話SIMの3GBプランなら初月無料かつ契約月翌月から6ヶ月間は税抜800円が割り引かれて月額税抜400円(税込440円)で使え、特典による割引適用が終了した後も通常の月額税抜1,200円(税込1,320円)と非常にお得に利用できるということです。

加えて、BIGLOBEモバイルの人気な対象の動画・音楽配信&SNSサービスがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」の月額オプション料も4月より現在の税抜480円(税込528円)から約40%OFFの税抜280円(税込308円)に値下げされるとのこと。その他、法人向け料金プランについても2021年4月より新料金の受付を開始予定で、内容については順次発表されます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:「音楽」復活の日。かつて凋落の一途かと思われていた音楽への支出が増えている背景を通信業界視点で考察する【コラム】


音楽聴取の変遷について考えてみた!

みなさんは、最後にCDで音楽を聴いたのはいつか思い出せますか? 筆者は思い出せません。パソコン(PC)にインストールしたiTunesに5000曲以上も音楽を詰め込み、毎日のように大好きな音楽を聴いていますが、それをCDから直接聴いたことは、もう10年近くない気がします。

2000年代後半あたりから「若者の音楽離れ」のような言葉をよく聞くようになり、本連載でも2018年3月に「本当に若者は音楽を聴かなくなったのか?」と題して考察を行ったことがありました。その時点では「若者は音楽から離れていない」、「大衆音楽から個の音楽へ変遷している」とまとめました。

あれから2年半。人々の音楽聴取の形や音楽の流行に変化はあったのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は音楽聴取スタイルの変遷を絡めつつ、通信業界の視点から見た現在の音楽事情について考察します。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEモバイル」のSNS音楽データフリーにSpotifyとAWAが追加!LINE MUSICオプションポイント還元キャンペーンも


LINEモバイルのSNS音楽データフリーにSpotifyとAWAが追加!

ソフトバンク傘下のLINEモバイルは21日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において「SNS音楽データフリーオプション」加入時のデータフリー対象として新たに音楽配信サービス「Spotify」と「AWA」を2020年7月21日(火)より追加したと発表しています。

なお、すでにSNS音楽データフリーオプションに加入している場合は7月20日よりSpotifyとAWAも自動的にデータフリー対象となるとのこと。ただし、au回線の場合は順次適用となり、7月22日中に完了予定だとしています。またSpotifyはポッドキャストの再生およびダウンロードはデータフリーの対象外。

さらに音声通話SIMで月3GB以上を契約した場合に月額基本利用料とSNS音楽データフリーオプションが合わせて最大2ヶ月間0円となる「月額基本利用料2ヶ月0円キャンペーン」および「データフリーオプション2ヶ月0円キャンペーン」も終了日未定で実施中です。

加えてSpotifyとAWAが新たにLINEモバイルのデータフリー対象に追加されたことを記念して2020年7月31日(金)までの期間限定でLINEモバイルの公式Twitterアカウント( @LINEMOBILE_JP )をフォロー&リツイートすると、ソニーのハイスペックヘッドフォンなどの“音楽を楽しむ”ことができる豪華商品が当たるTwitterキャンペーンを実施します。

その他、9月30日(水)までの期間中にLINE MUSICオプションに初めての申し込みで、LINE MUSICオプションの月額料金825円(金額はすべて税込)相当のLINEポイント825ポイントを最大2ヶ月分プレゼントする「LINE MUSICオプション ポイントバックキャンペーン」も同時開催しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。