スマホの端末保証や保険について考えてみた!

筆者が初めてモバイル機器向けの任意保険を取材したのは、2016年に開催されたゲーム展示会「東京ゲームショウ 2016」でした。

当時取材したさくら少額短期保険が提供する「モバイル保険」は、携帯電話(フィーチャーフォン)やスマートフォン(スマホ)だけではなく、ノートパソコン(PC)や携帯ゲーム機、さらにそれらの周辺機器(ヘッドホンなど)まで保険対象としたもので、同一契約で3台まで、年間最大10万円まで修理費用を補償するというものでした。

現在では他社からも数多くのモバイル機器向け保険やスマホ専用保険が登場し、スマホ市場の拡大と定着に合わせて着実にシェアと認知を広げています。スマホを落として壊してしまったり、紛失してしまったりと、毎日使う道具だけに不慮の事故や被害は常にリスクとして存在します。

もちろん、基本としてメーカー補償があるため任意保険への加入を強く勧めるものではありませんが、保険の種類や利用実態などはあらかじめ知っておくと今後の参考になるかもしれません。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はモバイル機器を対象とした保険の利便性やメリットなどを考察します。

続きを読む