S-MAX

ソニーストア

ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 1 III」のSIMフリー版「XQ-BC42」を日本で11月19日に発売!FeliCaやデュアルSIMに対応で15万9500円


SonyからSIMフリーフラッグシップスマホ「Xperia 1 III XQ-BC42」が登場!

ソニーは26日、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 III」のメーカーモデルとなるSIMフリー製品「Xperia 1 III(型番:XQ-BC42)」を日本で2021年11月19日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場推定価格が159,500円(税込)となるとしています。

販路はソニーの公式Webショップ「ソニーストア」やソニーの直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」、またAmazon.co.jpやヨドバシカメラなどの量販店やECサイトなどとなっており、発売に先立って10月26日(火)より順次予約販売の受付を開始しています。

発売されるXperia 1 IIIのメーカーモデルは今夏に発売されたNTTドコモ向け「Xperia 1 III SO-51B」やau向け「Xperia 1 III SOG03」、SoftBank向け「Xperia 1 III A101SO」といったキャリアモデルと同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、メーカーモデルではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、さらに新色「フロストグリーン」が追加されています。

またソニーではXperia 1 III XQ-BC42の発売を記念してXperia 1 III XQ-BC42を購入して応募した場合にもれなく10,000円をキャッシュバックするキャンペーン( https://xperia.sony.jp/campaign/simfree-1m3/ )を実施します。購入期間は2021年10月26日(火)〜2022年1月10日(月)、応募期間は2021年11月19日(金)10:00〜2022年1月17日(月)10:00となっています。

さらにソニーではXperia 1 III XQ-BC42向けにコンテンツ配信サービス「BRAVIA CORE for XPERIA」を提供し、プリインストールされているアプリを通してソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの最新映画から過去の名作まで楽しめるようになっています。

購入者特典として最新映画より5作品まで選んで映画クレジットと引き換えることで「BRAVIA CORE for XPERIA」アカウントに登録され楽しめるとし、色褪せない名作から話題作まで豊富な映画作品が1年間の期間中は見放題となるということです。

その他、Xperia 1 III XQ-BC42はXperiaシリーズとしては初の個装パッケージのプラスチック使用量ゼロを実現しているとのことで、ソニーグループでは2050年までに環境負荷ゼロをめざす環境計画「Road to Zero」を策定しており、この達成に向けて段階的に環境中期目標を設定しながら行動していくとしています。

続きを読む

ソニー、SIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 5 J9260」を最大5500円値下げで10万8900円と6万1600円に


ソニーがSIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 5 J9260」を値下げ!

ソニーマーケティングは16日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」においてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(型番:XQ-AS42)」および「Xperia 5(型番:J9260)」(ともにソニー製)の販売価格を最大5,500円(金額はすべて税込)値下げしたとお知らせしています。

価格はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格はこれまでXperia 5 II XQ-AS42が114,400円、Xperia 5 J9260が64,900円でしたが、改定後はXperia 5 II XQ-AS42が5,500円OFFの108,900円、Xperia 5 J9260が3,300円OFFの61,600円となっています。

なお、両機種ともにソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも販売されていますが、現時点ではヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの主要販売拠点では同様の値下げは行われていません。量販店などでは1%と還元率は低いものの、ポイントバックもあるため、今後の値下げに期待したいところ。

なお、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはXperia 5 IIが8GB RAM+256GBストレージ、Xperia 5 J9260が6GB RAM+128GBストレージで、両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、SIMフリーモデルではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応しています。

続きを読む

ソニーモバイル、公式Webショップ「Xperia Store」を「ソニーストア」に10月22日に統合!Xperia Store会員向けソニーストア割引クーポンをプレゼントするキャンペーンも実施中


Xperia Storeがソニーストアに統合へ!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は5日、同社が運営する直営Webショップ「Xperia Store」について2015年10月22日(木)9時30分にソニーマーケティングの運営する「ソニーストア」に統合するとお知らせしています。

これにより、Xperiaとつながるソニー製品を幅広く販売しているソニーストアと統合することで、ワンストップでさまざまなソニー製品を購入でき、Xperiaをより一層楽しめるようになるとのこと。

なお、Xperia Store限定商品を含む、現在、Xperia Storeで販売している商品については同日からソニーストアにて購入できるようになります。

また、Xperia Store会員の場合には、ソニーストア会員(My Sony ID)を新規登録すると、Xperia Store会員限定でソニーストアで使えるクーポンをプレゼントするということです。

続きを読む

ソニー、最新フラッグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」のWi-Fi版を6月19日に発売!価格は7万6千円前後ーー水に濡れても操作しやすく、合体キーボードなどが魅力


ソニーが「Xperia Z4 Tablet」のWi-Fiモデルを6月19日に発売!

ソニーは26日、世界最軽量10.1インチ防水タブレット「Xperia Z4 Tablet」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)のWi-Fiモデル(型番:SGP712JP)を日本国内にて2015年6月19日(金)に発売すると発表しています。

価格(すべて税抜)は市場予想として76,000円前後とされ、公式Webショップ「ソニーストア」では75,880円となっています。

また、専用のタッチパッド付き合体型Bluetoothキーボード「BKB50」(16,000円前後)やスタンド機能付きタブレットカバー「SCR32」(5,000円前後)、スクリーンプロテクター「PRT13」(2,000円前後)も合わせて販売されます。括弧内は市場予想価格。なお、Xperia Z4 Tablet本体とSCR32はホワイトとブラックの2色が用意されていますが、BKB50はブラックのみ。

さらに、ソニーストアではXperia Z4 Tablet向けオリジナルアクセサリーとしてLOWERCASEクリエイティブディレクターの梶原由景氏が監修した「HERGOPOCH(エルゴポック)」製のトートバッグ「CC-HERGOP/TB」(45,000円)とスリーブケース「CC-HERGOP/SC」(11,000円)を数量限定で発売されます。

続きを読む

ソニーストア限定で「Xperia J1 Compact」のSNOOPYモデルが販売開始!オリジナル壁紙や映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」の特別映像などがプリインストール


ゼロから始めるスマートフォン

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が仮想移動体通信事業者(MVNO)向けのSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)として発表した「Xperia J1 Compact(型番:D5788)」の「SNOOPY(スヌーピー)」モデルをWebショップ「ソニーストア」限定で販売開始しています。お届け日は2015年4月20日(月)頃と案内しています。

7種類のオリジナル壁紙や2015年12月公開映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」の特別映像、楽曲「Linus and Lucy with the band」の3点がプリインストールされています。

また、オリジナルアクセサリーとしてスヌーピーとウッドストックが刻印されたオリジナルレザーケース(税別5,500円)や液晶画面保護ガラス(税別3,980円)、クリアケース(税別3,200円)の3点が用意され、本体とあわせて購入することができます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。