S-MAX

ソニーセミコンダクタソリューションズ

ソニーがスマホなど向けイメージセンサーの新ブランド「LYTIA」の第1弾製品を発表!1型センサー「LYT900」など。型番規則も変更に


ソニーがスマホなど向けイメージセンサー「LYTIA」の第1弾製品を年度内に順次出荷!

ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、SSS)は15日、同社が開発・製造するスマートフォン(スマホ)などのモバイル用イメージセンサーの新しいプロダクトブランドとして導入した「LYTIA」における初の製品「LYT900」および「LYT800」、「LYT700」、「LYT600」、「LYT500」を発表しています。

LYTIAブランドの第一弾製品として展開するこれらの製品ラインナップはハイエンド向けの1型オーバーとなる1/0.98型の約5000万画素積層型CMOSイメージセンサーを中心に現在のモバイル向けとして最も使いやすい解像度帯である5000万画素クラスでラインアップされ、それぞれ2023年度内(2024年3月末まで)に順次出荷するとのこと。

また新ブランドの導入に伴って新たな「商品番号」が適用されています。なお、商品番号はSSS製のイメージセンサー(イメージング用途およびセンシング用途)を対象とし、LYTIAブランドを冠さないイメージセンサーについてはこれらの商品番号は適用外となるということです。

続きを読む

ソニーの次期フラッグシップスマホ「Xperia 1 V」が搭載する次世代カメラセンサーは世界初の2層トランジスタ画素積層型に!新ティザーも公開


次期スマホ「Xperia 1 V」が採用すると見られる「2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー」とは?

既報通り、ソニーが展開する「Xperia」ブランドにおいて新商品発表「The next ONE is coming.」を日本時間(JST)の2023年5月11日(木)13:00より実施します。詳細は明らかにされていませんが、少なくとも次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 V」が発表されることになりそうです。

また同社は新たなティザー動画を公開し、すでに公開していたティザー動画では次世代イメージセンサーを採用したカメラを搭載することが示されていましたが、新たにこの次世代イメージセンサーはソニーグループ傘下のソニーセミコンダクタソリューションズが2021年12月に発表していた「2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー」となると見られます。

これにより、従来同一基板上で形成していたフォトダイオードと画素トランジスタの層を別々の基板に形成して積層することによって従来比約2倍の飽和信号量を確保できるため、ダイナミックレンジ拡大とノイズ低減を実現して撮像特性を大幅に向上可能となっているということです。なお、香港にてすでにポスター広告がフライング掲載されているようで、外観はこれまでを踏襲していて少なくとも3色がラインナップされるようです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。