デニーズや太陽のグリル、白ヤギ珈琲店、麹町珈琲、ポッポでPayPayなどの9つのコード決済が利用可能!

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズが展開するファミリーレストラン「デニーズ」などの5ブランドの飲食店353店舗にて新たに8つのスマートフォン(スマホ)など向け決済サービスを2021年9月28日(火)より導入開始しています。

新たに導入されたのは「d払い」および「au PAY」、「LINE Pay」、「メルペイ」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「ゆうちょPay」、「Alipay」、「WeChat Pay」となっており、2020年4月に導入を開始した「PayPay」と合わせて9つのコード決済が利用可能となりました。

導入開始に合わせてメルペイでは2021年10月1日(金)から10月14日(木)まで「デニーズ商品どれでも、メルペイ決済で20%還元クーポン」を配信し、このクーポンを利用してメルペイで1,000円(税込)以上の支払いをした場合に20%相当分のポイントが翌日還元されるとのこと。ポイント還元上限は300ポイントまで。

なお、導入店舗はデニーズ以外では「太陽のグリル」および「白ヤギ珈琲店」、「麹町珈琲」、「ポッポ」となっており、ペイメントソリューション事業を展開するインコム・ジャパンが提供するPOSレジ処理のみでコード決済ができる決済システムを採用して複数サービスの導入に至ったということです。

そのため、これまでPayPayは店舗提示型(利用やスキャン方式:MPM)でしたが、新たに導入されたサービスだけでなくPayPayも含めたすべてのコード決済が利用者提示型(店舗スキャン方式:CPM)となっているということです。なお、インコム・ジャパンのPOS処理はこれまでもウエルシアホールディングスなどが採用しています。

続きを読む