S-MAX

デュアルSIM

iPhone 13シリーズでもデュアルSIM(eSIM)利用時にデータ通信SIMをモバイルデータ通信に設定すると緊急通報ができない不具合が発生


iPhone 13シリーズでもデュアルSIM(eSIM)利用時に緊急通報ができない不具合!

既報通り、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」シリーズなどにて「eSIM」を用いてデュアルSIMで利用した場合に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信ができない不具合が発生しています。

本事象についてNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイル、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が9月24日に発売された「iPhone 13」シリーズでも発生すると案内しています。なお、各社ではAndroidスマホでは該当事象の対象となる製品はないとし、IIJではiPhone固有の事象と考えられるとしています。

続きを読む

iPhoneのデュアルSIM(eSIM)利用時にデータ通信SIMをモバイルデータ通信に設定すると緊急通報ができない不具合が発生中!IIJなどが案内


iPhoneのデュアルSIM(eSIM)利用時に緊急通報ができない不具合!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は10日、eSIMに対応した一部のスマートフォン(スマホ)でデュアルSIM利用時に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信ができないことがあるとお知らせしています。

同様の内容をNTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)の4社が案内しており、対象製品は「iPhone」シリーズのみで、4社が販売するAndroidスマホでは該当事象の対象となる製品はないとのこと。IIJではiPhone固有の事象と考えられるとしています。

なお、ソフトバンクでは音声通話対応SIMを「デフォルトの音声回線」に設定している場合には電話番号の冒頭に186をつけて発信するか、音声通話対応SIMを「モバイルデータ通信」に設定すれば緊急機関(110・118・119)への発信は可能となるとし、IIJを含む他の4社でも後者の方法を紹介しています。

ただし、IIJでは緊急時にそのような操作を行うことが困難なことを踏まえ、他の緊急通報手段の確保またはeSIM利用停止も検討し、さらに緊急通報は助けを求めている人のための大切なライフラインなので安易に実験を行わないよう呼びかけています。

続きを読む

iPhoneがキャリア設定アップデートで楽天回線に正式対応!iPhone 12シリーズでは5Gも利用可能。nanoSIMとeSIMのデュアルSIM時の5GもOK


iOS 14.5やiPadOS 14.5に合わせてキャリア設定「46.1」もリリース!iPhoneが楽天回線に正式対応

既報通り、Appleは26日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 14.5(18E199)」へのソフトウェア更新を提供開始しています。iOS 14.5に更新することで最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」シリーズでは物理SIMのnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMにおいて5Gが利用できるようになっています。

また合わせてキャリア設定アップデートも提供しており、手持ちでは「ドコモ 46.1」や「KDDI 46.1」、「SoftBank 46.1」、「ワイモバイル 46.1」、「Rakuten 46.1」などとなっており、特に楽天モバイルでは先日に発表があったように同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスにおける料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )にiPhoneシリーズが正式対応しています。

これにより、楽天モバイルでは「iPhone 6s」シリーズ以降でRakuten UN-LIMIT VIが利用できるようになるほか、iPhone 12シリーズではこれまで利用できていた4Gに加えて楽天回線の5Gでも利用可能となっており、モバイル通信においてRakuten UN-LIMIT VIのSIM(nanoSIMまたはeSIM)を設定している場合に「音声通話とデータ」にて「5Gオート」や「5Gオン」が選べるようになっています。

本記事では実際にこれまで楽天回線で使えなかったiPhone 7 PlusにRakuten UN-LIMIT VIのnanoSIMを装着して動作確認をしたほか、iPhone 12 Pro Maxにて楽天回線の5GやnanoSIMとeSIMのデュアルSIM利用時における5Gをさっそく試してきましたのでその模様をレポートします。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」は5G対応だけどnanoSIMとeSIMのデュアルSIMにすると4Gに制限される仕様に【レポート】


5G対応のGoogleスマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」はデュアルSIMでは4Gまでに!

既報通り、Googleが新たに5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」を日本でも本日10月15日に発売します。販路は公式Webショップ「Google ストア」の他にSoftBankからPixel 5とPixel 4a (5G)auからPixel 5が販売されます。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 5が74,800円、Pixel 4a (5G)は60,500円、SoftBankではPixel 5が87,840円、Pixel 4a (5G)が65,520円、auのPixel 5が79,935円で、SoftBankではトクするサポート+、auではかえトクプログラムの対象となっています。

さきほどこれらのPixel 5およびPixel 4a (5G)を楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」(現在は5Gにも対応した「Rakuten UN-LIMIT V」)で使えるかどうかを紹介しましたが、その過程で両機種ともに物理SIMカード(以下、nanoSIM)とeSIMのデュアルSIMにすると4Gに制限されることが明らかとなりました。

続きを読む

ZTEの最新SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)を試す!設定や活用方法を紹介【レビュー】


ZTEのフラッグシップスマホ「AXON 7」で最近話題のDSDSを試した!

ZTE(中興通訊)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AXON 7」とその小型・廉価版「AXON 7 mini」。日本でもZTEジャパンから10月13日に正式に発売されることが案内され、すでに10月21日よりSIMフリーモデルとして販売されています。

デザインにも注力したZTEの主力「AXON」シリーズの最新作として日本市場に投入されましたが、両機種とも先に発売されているミドルレンジスマホ「BLADE V7 MAX」と同じく日本における「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」機能に対応しています。

DSDSに対応することによって、4G(LTE方式)と3G(W-CDMA方式)の2つのSIMカード(回線)を同時に1つの携帯電話で通話・通信の待ち受けが可能になります。

すでにBLADE V7 MAXでもDSDS機能を紹介していますが、今回はあらためてAXON 7とAXON 7 miniにおけるDSDSの設定方法をご紹介します。なお、記事では主にAXON 7を用いてますが、AXON 7 miniにおいても同様に設定することが可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。