ハイアールがスマホなどでも日本市場参入か?

産経新聞は19日、中国の家電メーカー大手であるハイアール(英語名:Haier、中国語名:海尔)がスマートフォン(スマホ)やタブレットの日本市場に参入することを検討していると報じています。

同日にハイアールアジア代表取締役社長兼CEOの伊藤嘉明氏が埼玉県熊谷市で新しい研究開発拠点の開所式にて取材に応じ、「ネットにより白物と黒物の垣根はなくなり、人と人がつながる橋になる」と訴えたとのこと。

そのため、現在、日本においては家電を中心に販売している製品ラインナップをスマホやタブレット、パソコン(PC)、テレビなどに広げる考えを示したということです。

続きを読む