S-MAX

ファーストインプレッション

5GやeSIM、FaliCa、防水、画面下カメラに対応した楽天モバイルスマホ「Rakuten BIG」の外観や同梱物、基本機能を写真で紹介【レビュー】


楽天モバイルのオリジナル5Gスマホ「Rakuten BIG」をファーストインプレ!

楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において9月30日に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「Rakuten BIG(型番:ZR01)」(ZTE製)。

当初はブラックとホワイトがオンラインおよび楽天モバイルショップ二子玉川店のみでの販売されていましたが、11月16日より楽天モバイルショップ全店で販売しているほか、クリムゾンレッドも11月19日より販売開始されました。

価格は税抜63,455円(税込69,800円)で、分割購入なら税抜1,321円/月×48回または税抜2,643円/月×24回で、正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」とセット購入なら最大23,000ポイントが還元されます。なお、楽天市場にて単体販売も行われており、ブラックとホワイトに続いてクリムゾンレッドも販売開始されました。

すでにRakuten BIGを用いて楽天モバイルの5Gを試していましたが、改めてRakuten BIGの外観や同梱物、基本機能を写真を交えて紹介したいと思います。なお、楽天モバイルでは今月中に5Gの最大通信速度を下り2.8Gbpsおよび上り275Mbpsに対応する予定となっていますが、Rakuten BIGはミリ波(mmWave)に対応しているものの、最大通信速度は下り2.80Gbpsおよび上り273Mbpsです。

続きを読む

小さく可愛く高性能でお手頃価格!Appleの“いいとこ取り”な5G対応スマホ「iPhone 12 mini」をファーストインプレッション【レビュー】


iPhone 12 miniを開封レビュー!

既報通り、Appleが11月13日に5Gに対応した新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」を発売しました。

この2モデルは10月23日に先行して発売されていた「iPhone 12」および「iPhone 12 Pro」のシリーズ機種であり、iPhone 12 miniはiPhone 12と同等の性能で小型化されたモデル、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proよりもさらに高性能なカメラ機能や大画面を搭載した最上位モデルという位置付けです。

今回、これらのうちのiPhone 12 mini(256GB/グリーンモデル)を購入しましたので、開封レビューやファーストインプレッション、さらに旧機種からのデータ移行などについて紹介したいと思います。


続きを読む

NTTドコモ向けシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense4 SH-41A」を購入!外観や同梱品、基本機能などを紹介【レビュー】


シャープの定番スタンダードスマホの新製品「AQUOS sense4」をレビュースタート!

NTTドコモが「2020-2021冬春モデル」として発表した4G対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense4 SH-41A」(シャープ製)。すでに同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定カラー(レッド、ブルー、イエロー)が11月6日に先行発売されました。

一方、それ以外の通常カラー(ライトカッパー、ブラック、シルバー、ライトブルー)は11月12日に発売予定です。価格は限定カラーと通常カラーで共通となっており、ドコモオンラインショップなどの直営店では37,224円(税込)で、他社から乗り換え(MNP)では16,500円が割り引かれて20,724円(分割575円/月×36回など)です。

今回は素晴らしい濃いめの“赤”が限定カラーで出るということで、赤いガジェット大好きな筆者は(当然、レッドを)さっそく購入しましたので、数回に分けてのレビューをお送りします。まずは外観や同梱品、プリインストールアプリなどを紹介していこうと思います。

続きを読む

SIMフリーのFeliCaや防水に対応したスタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」をファーストインプレッション!外観や基本機能を紹介【レビュー】


約4万円のスタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」をチェック!

いよいよ本日6月25日にオッポジャパンから新しいSIMフリーのおサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX8準拠)、防塵(IP6X準拠)などに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)が発売されます。

価格はオープンながら希望小売価格で税抜36,182円(税込39,800円)で、取扱拠点は移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)、量販店、ECサイトとなっており、楽天モバイルやUQ mobile、IIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、gooSimseller、Amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、ビックカメラグループなどにて販売されます。

各所での価格についてはすでにまとめて紹介した『FeliCa対応のSIMフリースタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」が6月25日発売!UQモバイルや楽天モバイルなどの各所の価格をまとめて紹介 - S-MAX』をご参照ください。またOPPO Reno3 AはY!mobileからも「OPPO Reno3 A A002OP」が8月以降に発売予定となっています。今回はそんなOPPO Reno3 AをUQ mobileからお借りしたので外観や基本機能を紹介します。

続きを読む

進化したLeicaトリプルカメラや画面内指紋センサーなどを搭載した次世代高性能スマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」をファーストインプレッション!外観と主な機能をチェック【レポート】


静止画も動画もAIで進化!ファーウェイのフラグシップスマホ「Mate 20 Pro」が発売

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は28日、東京・八芳園にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、新たに超広角カメラを加えたLeicaトリプルカメラを搭載するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」(Huawei Technologies製)を11月30日より順次発売すると発表した。

HUAWEI Mate 20 Proは、デュアルNPU(Neural network Processing Unit)とオクタコアCPUなどを搭載する最新ハイエンド向けチップセット(SoC)「HUAWEI Kirin 980」を搭載し、ハイパフォーマンスとAIによる使いやすさが操作性やカメラ、電池持ちなどの各所に活かされているフラッグシップモデルだ。

基本スペックとしてシステムにはAndroid 9(開発コード:Pie)をベースとした独自ユーザーインターフェース「EMUI 9.0」を採用し、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、そして外部ストレージとしてファーウェイが独自規格として立ち上げたnanoSIMカードサイズの「NMカード」を新たに採用する。

その他、画面内指紋認証や3D顔認証、防水(IPX8)、防塵(IP6X)にも対応するほか、通信面では無線LAN(Wi-Fi)がIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz対応)、BluetoothがVersion 5.0、キャリアアグリゲーション(CA)をサポートし、高音質通差サービス「VoLTE」についてはNTTドコモとソフトバンクに加え、au VoLTEにも発売後にソフトウェア更新で対応予定としている。

販路は家電量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)に加え、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて2018年12月中旬以降より取り扱うことも発表されている。価格はSoftBank版以外のSIMフリー版の市場想定価格およぼ公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では税抜111,880円(税込120,830円)となっている。

今回は発表会終了後に行われたタッチ&トライ会場で実機に触れることができたので、まずはファーストインプレッションをしていきたいと思う。詳細なレポートおよび動画は別記事で行う予定である。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。