S-MAX

フィーチャーフォン

フューチャーモデル、VoLTE対応のSIMフリーケータイ「NichePhone-S+」をMAKUAKEで先行販売開始!価格は9800円からで、5月出荷開始予定


通話特化型でVoLTEに対応したSIMフリーケータイ「NichePhone-S+」が先行販売開始!

フューチャーモデルは3日、カードサイズの薄型&小型なストレート型ケータイ「NichePhone-S(ニッチフォン・エス)」シリーズの新モデルとしてVoLTEに対応した「NichePhone-S+(ニッチフォン・エス・プラス)」を2021年3月3日(水)よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売すると発表しています。

NichePhone-Sは2017年に第1弾が登場し、その後、2018年に4Gに対応した「NichePhone-S 4G(ニッチフォン・エス・フォージー)」が発売され、これまでに累計出荷台数2万台を超えているとのこと。NichePhone-S+では新たにVoLTEに対応したほか、本体カラーに数量限定の特別色「レッド」が用意されています。

Makuakeでは目標調達額50万円のところ、すでに176人が出資して応援購入総額1,943,320円と資金調達を達成し、出荷は2021年5月に開始予定。価格(金額はすべて税込)は正規販売価格がブラックが13,800円、レッドが15,800円で、超早割でブラックは29%OFFの9,800円から、レッドは25%OFFの11,800円からとなっています。

続きを読む

KDDI、au向け4G LTE&VoLTE対応折りたたみ型フィーチャーフォン「かんたんケータイ KYF41」を発表!3月5日発売で、価格は3万3000円


auから京セラ製「かんたんケータイ KYF41」が登場!3月5日発売で予約受付中

KDDIおよび沖縄セルラー電話は26日、携帯電話サービス「au」向け4G LTEやVoLTEに対応した折りたたみ型フィーチャーフォン(以下、ケータイ)「かんたんケータイ KYF41」(京セラ製)を発表しています。発売日は2021年3月5日(金)で、発売に先立って2月26日(金)10時から事前予約受付を実施しています。

販路はauショップや量販店などのau取扱店および公式「au Online Shop」などで、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店で33,000円(分割は24回、36回、48回が可能でそれぞれ1,375円/月×24回、916円/月×36回、687円/月×48回)となっています。

またau公式アクセサリー「au +1 collection」からかんたんケータイ KYF41の発売に合わせて抗菌製品技術協議会(SIAA)に登録済みの高透明フィルム「RIKEGUARD」を使用した製品の表面上における特定ウイルスの数を減少させ、細菌の増殖を抑制する「かんたんケータイ KYF41 保護フィルム/抗菌・抗ウイルス高光沢」が発売されます。

auでは4G LTEケータイ向け新料金プラン「VKプランE(N)」を2021年2月26日(金)から提供開始し、加えて現在、auの3Gケータイにて「プランE」および「プランEシンプル」を利用中の人が4G LTEケータイに変更の上でVKプランE(N)に加入すると、月額237円(税抜)を割り引く「プランE移行割」が提供されます。

これにより、2022年3月31日(木)をもって提供を終了するau向け3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」を利用する場合は今回のVKプランE(N)およびプランE移行割に加え、100MBのデータ容量がセットとなった「ケータイシンプルプラン」や通話定額と1GBのデータ容量がセットとなった「ケータイカケホプラン」など、利用用途に応じた最適な料金プランを選べるとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、iモード公式サイトを2021年11月30日に提供終了!FOMA・iモードの2026年3月末終了に向けてカウントダウンが進む


docomoのiモード公式サイトが2021年11月30日に終了!

NTTドコモは7日、フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下、ケータイ)向けインターネット接続サービス「iモード」のメニューリストに掲載しているコンテンツである「iモード公式サイト」を2021年11月30日(火)に提供終了するとお知らせしています。

これにより、2021年12月1日(水)以降はマイメニューに登録したコンテンツも含めて利用できなくなるとしています。なお、iモードからスマートフォン(スマホ)へ機種変更する際に一部コンテンツを除いてマイメニューのコンテンツを引継ぐことが可能です。

続きを読む

JCB、Android搭載機を除くフィーチャーフォン向け「QUICPay」の12月1日までに順次終了を案内!登録済みなら有効期限まで支払いが可能


ガラケー向けQUICPayモバイルが終了を案内!キャリアアプリの終了に伴って

ジェイシービーは3日、同社が提供する非接触IC機能「FeliCa」を用いたタッチ決済「QUICPay」においておサイフケータイ機能搭載のフィーチャーフォン(従来型携帯電話)の全製品(Androidフィーチャーフォン除く)で新規登録や削除などの基本的なサービスが利用できなくなるとお知らせしています。

同社ではフェリカネットワークスやNTTドコモおよびau、ソフトバンクの移動体通信事業者(MNO)の各社が独自アプリ(iアプリ・EZアプリ・S!アプリ)でのフィーチャーフォン向けサービスを終了することに伴ってとし、利用者には不便をかけるものの、理解を賜るよう案内しています。

続きを読む

スマホに近いタッチ操作に生まれ変わったNTTドコモの子ども向け「キッズケータイ SH-03M」を写真と動画で紹介!成長に応じた漢字表示にも対応【レポート】


フィーチャーフォンからスマホへのスムーズな乗り換えに!docomoの「キッズケータイ SH-03M」を写真と動画でチェック

既報通り、NTTドコモが昨年10月に発表した「2019-2020冬春モデル」のうちの約3.4インチQHD(540×960ドット)TFT液晶を搭載した子ども向けケータイ「キッズケータイ SH-03M」(シャープ製)を1月17日(金)に発売しました。

キッズケータイ SH-03Mは2017年3月に発売された「キッズケータイ F-03J」以来、約3年ぶりに登場の「キッズケータイ」シリーズとなります。価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では14,256円(分割396円/月×36回)となっています。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。

最大の特長は発話キー・終話キーなどの物理キーが前面から廃止され、スマートフォン(スマホ)と同様に画面がタッチパネルとなり、超小型のスマホのような操作系になったことです。従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を持つ人が大幅に減り、キッズケータイを持つ子どもたちも成長すればスマホを持つことになるので将来、スムーズに“スマホデビュー”できるようにタッチパネル操作に変わりました。また新たに4G LTEやVoLTEにも対応しています。

今回はそんなキッズケータイ SH-03Mの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については『NTTドコモが「キッズケータイ SH-03M」を発表!今冬発売で、シリーズ初のLTEやVoLTE、タッチ操作などに対応。防水・防塵・耐衝撃で安心・安全に - S-MAX』も合わせてご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。