S-MAX

モトローラ

モトローラ、FeliCa対応エントリースマホ「moto g53j 5G」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「moto g53j 5G」がAndroid 14に!

Lenovo傘下のMotorola Mobility(以下、Motorola)の日本法人であるモトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が販売する5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「moto g53j 5G(型番:XT2335-5)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 14」を含むソフトウェア更新が2024年3月20日(水)より順次提供開始しています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線にてネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新後のビルド番号は「U1TPJ34.29-83」、Androidセキュリティパッチレベルが「2024年2月1日」となっており、更新ファイルサイズは約2.08GBと大きいため、Wi-Fiでの更新が推奨されます。更新内容はAndroid 14へのOSバージョンアップとなっており、合わせてMotorola Mobilityの公式Webページ『Android 14の新機能| Motorola Support JP』ご確認ください。

続きを読む

約2万円で快適動作な究極のエントリースマホ「moto g24」を試す!5GやFeliCaに非対応ながらもカメラやSNSなどの基本機能はしっかり使える【レビュー】


エントリースマホ「moto g24」をレビュー!

為替相場の変動による円高の影響や部材・流通などのコスト高などによって昨今ではスマートフォン(スマホ)がかなり高価格になってきており、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどの移動体通信事業者(MNO)における返却プログラムなどを利用しないと気軽に買うことができなくなっています。

スマホを大まかに価格帯で分けると、割引なしで購入する場合には20万円前後のハイエンドモデル、10万円前後のミドルレンジモデル、そして、数万円で購入できるエントリーモデルがあり、少しでも出費を抑えたいならエントリーモデルを選択することになります。

一方、スマホを活用する機会の多い人は少しでも快適な操作を求めたいと思いますので、必然的にミドルレンジ以上を選択したいところです。そういった中でスマホをしっかりと活用している人でもある程度納得できる動作ができるエントリーモデルのスマホが登場しました。

それがモトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)から2024年3月22日(金)に発売される「moto g24(型番:XT2423-2)」(Motorola Mobility製)です。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では20,800円と非常に安価となっており、販路はMOTO STORE以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われ、ポイント還元などを含めれば2万円を切る価格で手に入ります。

さらにMVNOの「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)では通常価格が19,800円(分割では826円/月×24回)で、2024年3月31日(日)までの期間限定ながらも「シェアNo.1記念キャンペーン【スマホ大特価セール】」によって他社から乗り換え(MNP)なら特別価格110円(分割では6円/月×24回)となっています。今回、そんなmoto g24をモトローラよりお借りして実際に試してみたのでその模様を紹介します。

続きを読む

モトローラが体験型ポップアップストア「motorola razr 40 sakura POP-UP」を原宿にオープン!来場者にはドリンクやスイーツの配布も【レポート】


桜をモチーフにしたモトローラのポップアップストアがオープン!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が展開する折りたたみタイプのスマートフォン(スマホ)「motorola razr 40(モトローラ・レーザー・フォーティ)」および「motorola razr 40s(モトローラ・レーザー・フォーティエス)」(いずれもMotorola Mobility製)を体験できるポップアップストア「motorola razr 40 sakura POP-UP」を2024年3月16日(土)と17日(日)の2日間限定でオープンしている。

またオープンに先立ち、motorola razr 40 sakura POP-UPのメディア向けプレビューを3月15日(金)に開催し、同社代表取締役社長の仲田正一氏やポップアップストアの空間プロデュースを務めたフローリストの前田有紀氏がポップアップストアやmotorola razr 40について語った。今回はメディア向けプレビューに参加してきたので、ポップアップストアやmotorola razr 40の魅力を含めて写真や動画を交えて紹介する。

続きを読む

モトローラ、4G対応エントリースマホ「moto g24」を日本向けに発表!FeliCaは非対応で価格は2万800円。3月22日発売で予約受付中


4G対応エントリースマホ「moto g24」が登場!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は12日、オールラウンドな機能を追求する「moto g」ファミリーにおける新商品として低価格な4G対応エントリースマートフォン(スマホ)「moto g24(型番:XT2423-2)」(Motorola Mobility製)を発表しています。発売日は2024年3月22日(金)を予定し、発売に先立って3月12日(火)より順次予約受付を開始しています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「MOTO STORE」では20,800円で、販路はMOTO STORE以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われ、ヨドバシカメラやビックカメラなどでは価格が20,800円の10%(2,080ポイント)還元で実質18,720円となっており、MVNOではすでに取り扱いを発表している「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)では19,800円(分割では826円/月×24回)となっています。

またIIJmioでは2024年3月31日(日)までの期間限定で「シェアNo.1記念キャンペーン【スマホ大特価セール】」によって他社から乗り換え(MNP)なら特別価格110円(分割では6円/月×24回)となるとのこと。なお、moto g24は日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となっており、本体色はマットチャコール(SKU:PB1A0000JP)とアイスグリーン(SKU:PB1A0001JP)の2色が販売されます。

続きを読む

モトローラがフォルダブルスマホの体験型ポップアップストアを東京・原宿に3月16・17日にオープン!Sakura モクテル・チーズケーキポップが無料提供


モトローラが体験型ポップアップストア「motorola razr 40 sakura POP-UP」を期間限定オープン!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は1日、同社が展開するフォルダブルスマートフォン(スマホ)「motorola razr」シリーズのうちの価格を抑えたミッドレンジモデル「motorola razr 40(型番:XT2323-4)」および「motorola razr 40s(型番:A303MO)」(ともにMotorola Mobility製)の体験型ポップアップストア「motorola razr 40 sakura POP-UP」を2024年3月16日(土)および3月17日(日)の2日間限定で原宿TWビルにオープンすると発表しています。

両製品はこれまで多くの人から好評となっており、新生活が開始する4月へ向けてより多くの人にその機能を体感してもらうためにポップアップストアをオープンするとのこと。ポップアップストアではフローリストの前田有紀氏が桜で彩るフォトジェニックな会場となっており、来場者へ「Sakura モクテル」と「Sakura チーズケーキポップ」が無料(なくなり次第終了)で提供され、フォトジェニックな空間やフード・ドリンクを楽しみながらmotorola razr 40・40sを体験可能だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。