S-MAX

中国移動

Apple、世界最大の携帯電話会社「中国移動(China Mobile)」からiPhoneが発売されると正式発表!2014年1月17日からiPhone 5sとiPhone 5cを販売


中国移動からiPhoneが発売!

Apple(アップル)は22日(現地時間)、中国最大手の移動体通信事業者であるChina Mobile(中国移動通信)と中国での「iPhoneシリーズ」の販売について数年契約を締結したと発表しています。

この契約によって、最新スマートフォン「iPhone 5s」および「iPhone 5c」を2014年1月17日(金)から販売開始されます。また、クリスマスとなる12月25日(水)からChina Mobileの公式サイトで予約を受け付けるとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、中国移動および韓国KTとの3社事業協力活動を強化!日中韓における「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現へ


NTTドコモがChina MobileとKTとの協力活動を2017年1月まで延長!

NTTドコモは4日、中国の通信事業者China Mobile Communications(以下、中国移動)および韓国の通信事業者KT(以下、KT)と2011年1月に締結した3社間の事業協力契約に基づき、各種事業協力活動を進めてきましたが、当該契約を2017年1月まで3年間延長することに合意したと発表しています。

これまで、NTTドコモでは、中国移動およびKTとの緊密な事業協力活動を通じて、NFC国際ローミングの共通仕様策定やコンテンツ等の相互提供など、各種サービスの開発や連携を推進してきましたが、今回の契約延長によって、今後、、日中韓における「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現をめざし、その第一段階として、KTのユーザーを対象とし、NTTドコモのLTEネットワークへの「LTE国際ローミングインサービス」の提供を2013年12月2日に開始しています。

NTTドコモは中国移動およびKTと幅広い分野でサービス開発や連携を行い、日中韓におけるユーザーの利便性向上に努めていくとしています。

続きを読む

NTTドコモ、中国移動のモバイルマーケット内において中国市場向けゲーム配信サービス「dゲーム(d遊戯)」を3月26日から提供開始


中国向けdゲームを開始!

NTTドコモは25日、中国の携帯電話事業者Chine Mobile Communication(中国移動)が運営する中国最大級の有料アプリ配信マーケット「モバイルマーケット」内において、中国市場向けゲーム配信サービス「dゲーム」(中国語名:DOCOMO d遊戯[ドコモ・ディー・ヨウシー])を現地時間の2013年3月26日(火)から開始することを発表しています。

提供先の中国移動は、中国第1位かつ7億人超の契約者を有する世界最大の携帯電話事業者。NTTドコモがdゲームを海外提供するのは、今回がはじめてとなります。

続きを読む

NTTドコモ、中国移動や韓国KTと公衆無線LANサービス(Wi-Fi)およびNFCの国際ローミングで協業

d0cb6605.png

ドコモが中国移動およびKTとWi-Fi/NFCで協業!

NTTドコモは25日、中国の携帯電話事業者China Mobile Communications(チャイナモバイル、中国移動)および韓国の携帯電話事業者KTとともに3社で日中韓におけるWi-Fiサービスについて協業することを発表しています。25日から開催されている世界最大級の携帯電話・通信機器関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC2013)」において3社共同でブース出展を行なっているとのことです。

また、同3社は、NFCサービスにおけるローミングを共通仕様を策定したことも発表されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。