S-MAX

保証

ソフトバンク、携帯電話サービス「LINEMO」にてiPhone向け「持込端末保証 with AppleCare Services」を提供開始!月額950円から


ラインモにてiPhone向け「持込端末保証 with AppleCare Services」が提供開始!

ソフトバンクは3日、Appleの協力の下でオンライン専用の携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp )を新規契約して対象のiPhoneを利用する場合を対象にApple公式の修理サービスとテクニカルサポートが受けられる「持込端末保証 with AppleCare Services」の提供を2022年3月3日(木)から開始するとお知らせしています。

これにより、持込端末保証 with AppleCare Servicesに加入した場合にはiPhoneの購入日に関わらず、故障や破損時に保証を受けることができるため、iPhoneを安心して使えるようになります。なお、LINEMOの契約時に申し込む必要があり、回線が開通した日から起算して14日間が申込可能期間となります。

利用料はiPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone Xは月額1,250円、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone XR、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 7、iPhone SE(第2世代)、iPhone SEは月額950円(金額はすべて税込)。

続きを読む

ワイモバイルのSIM単体契約向けにiPhoneの保証サービス「持込端末保証 with AppleCare Services」が提供開始!初代SE以降が対象


Y!mobileのSIM単体契約向けにiPhoneの保証サービスが提供開始!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は24日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてSIM単体を新規契約して対象のiPhoneを利用する人向けにApple公式の修理サービスとテクニカルサポートが受けられる保証サービス「持込端末保証 with AppleCare Services」を2022年1月25日(火)より提供開始すると発表しています。

これにより、iPhoneの購入日に関わらず、故障や破損時に保証を受けることができるため、SIM単体契約後もiPhoneを安心して使えます。対象のiPhoneは初代「iPhone SE」以降で、Appleの協力の下で提供されるとのこと。利用料(金額はすべて税込)は月額950円からで、自然故障(バッテリー交換含む)は無料ですが、それ以外は画面修理が3,700円などの修理時に別途費用がかかります。

なお、申し込みはSIM(USIMカード・eSIM)を単体契約するときに行う必要がありますが、公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」で単体契約した場合には利用開始日または契約日の10日後のいずれか早い方の当日を含む14日間までに限り申し込むことができるということです。

続きを読む

オウガ・ジャパン、故障・全損・水没に対応した「OPPO Careプレミアム保証サービス」を提供開始!Find X3 ProやReno5 A、A55s、A54が対象


OPPO Careプレミアム保証サービスが提供開始!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は18日、同社が販売するスマートデバイスブランド「OPPO」においてより多くの利用者が安心して製品を使うために新たに故障・全損・水没にも対応した「OPPO Careプレミアム保証サービス」を2021年11月18日(木)より提供すると発表しています。

対象製品はオープンマーケット市場向けのメーカー版(SIMフリー版)であるスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X3 Pro(型番:CPH2173)」および「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」、「OPPO A55s 5G(型番:CPH2309)」、「OPPO A54 5G(型番:CPH2303)」の4製品で、料金は1年プランではOPPO Find X3 Proは11,000円、OPPO Reno5 Aは6,800円、OPPO A55s 5GとOPPO A54 5Gは4,800円(金額はすべて税込)「。

またサービス開始を記念して11月18日より対象期間内にメーカー版のOPPO Reno5 A CPH2199を購入した場合限定で「OPPO Careプレミアム保証サービス」が1年プランであれば無料、2年プランであれば半額となる「OPPO Careプレミアム保証サービスお得キャンペーン」( https://www.oppojapan.com/oppocarepremium_campaign/ )を実施しています。期間は2021年12月31日(金)まで、申込期限は2022年1月7日(金)23:59まで。

さらに中古販売業者「イオシス」にてOPPO Reno5 Aを購入した場合を対象に旧機種の買取価格を3,000円アップする「買取金額3,000円UPキャンペーン」( https://k-tai-iosys.com/campaign/oppo/ )を開始しています。期間は12月31日まで、申込期限は2021年12月31日(金)23:59まで。なお、宅配買取限定とのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホ保険、入ってますか?通信事業者の端末保証や保険会社によるモバイル機器向け保険について考える【コラム】


スマホの端末保証や保険について考えてみた!

筆者が初めてモバイル機器向けの任意保険を取材したのは、2016年に開催されたゲーム展示会「東京ゲームショウ 2016」でした。

当時取材したさくら少額短期保険が提供する「モバイル保険」は、携帯電話(フィーチャーフォン)やスマートフォン(スマホ)だけではなく、ノートパソコン(PC)や携帯ゲーム機、さらにそれらの周辺機器(ヘッドホンなど)まで保険対象としたもので、同一契約で3台まで、年間最大10万円まで修理費用を補償するというものでした。

現在では他社からも数多くのモバイル機器向け保険やスマホ専用保険が登場し、スマホ市場の拡大と定着に合わせて着実にシェアと認知を広げています。スマホを落として壊してしまったり、紛失してしまったりと、毎日使う道具だけに不慮の事故や被害は常にリスクとして存在します。

もちろん、基本としてメーカー補償があるため任意保険への加入を強く勧めるものではありませんが、保険の種類や利用実態などはあらかじめ知っておくと今後の参考になるかもしれません。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はモバイル機器を対象とした保険の利便性やメリットなどを考察します。

続きを読む

Apple、新タブレット「12.9インチiPad Pro(第5世代)」と「11インチiPad Pro(第3世代)」のApple Care+や保証対象外修理価格を案内


12.9インチiPad Pro(第5世代)と11インチiPad Pro(第3世代)の保証外修理価格をチェック!

既報通り、日本でもNTTドコモやau、SoftBank、Appleなどにて4月30日に予約が開始された新しいタブレット「12.9インチiPad Pro(第5世代)」および「11インチiPad Pro(第3世代)」。なお、日本では従来通り、Wi-Fi+CellularモデルはAppleや量販店、NTTドコモ、au、SoftBank、Wi-FiモデルはAppleやSoftBank、量販店などから販売され、発売時期は5月下旬を予定しています。

新たにチップセット(SoC)がパソコン「Mac」シリーズに先に採用されていた「Apple M1」となってより高性能になっているほか、12.9インチiPad Pro(第5世代)はディスプレイにミニLEDを採用した高輝度かつ低省電力を実現したIPS液晶「Liquid Retina XDR」を搭載するなど、さらにパワフルに進化しています。

価格は以前に紹介した通りですが、保証サービス「Apple Care+ for iPad」は12.9インチiPad Pro(第5世代)が18,480円(金額はすべて税込)、11インチiPad Pro(第3世代)が16,280円であることが案内されており、現在は購入時にまとめて支払う場合は一括払いのみですが、購入日から30日以内に一括払いまたは月額払いで加入できます

またAppleの公式WebサイトにはApple Care+ for iPadに加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。そこで今回はiPadシリーズにおけるその保証対象外修理価格についてまとめて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。