S-MAX

入力デバイス

秋吉 健のArcaic Singularity:コントロール・デバイス・ジェネレーションズ(後編)。スマホ革命から現実とメタバースが融合する未来を考える【コラム】


入力デバイスとメタバースの未来について考えてみた!

Facebookは10月28日(現地時間)、同社の社名を「Meta(メタ)」へと変更することを発表しました。同社が掲げるメタバース事業を強調する目的があると見られています。

みなさんは、この「メタバース」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。おそらく先週のニュース番組などで初めて聞いたという人も少なくないと思います。

メタバースとは、簡単に言ってしまえば仮想現実空間(バーチャル空間)のことです。オンライン上に構築されたその空間に人々が集い、コミュニティを形成し、レクリエーションから会議、ディベート、商業活動など、さまざまな活動を行えるようにするものです。

メタバースという発想はとくに新しいものではなく、インターネット黎明期より存在していたものです。そしてその発想はオンラインゲームやその入力デバイスの歴史、そしてスマートフォン(スマホ)とも深い関わりを持ちます。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。前回のコラムではゲームの表現力の進化と入力デバイスの変遷について解説しました。今回は後編としてスマホがもたらしたゲームおよび入力デバイスの変革、そしてゲームとメタバースとの密接な関係について解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コントロール・デバイス・ジェネレーションズ(前編)。ゲームが切り開いてきた表現方法と入力デバイスの歴史を紐解く【コラム】


ゲームの入力デバイスの歴史を紐解いてみた!

任天堂が「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を10月8日に発売しました。画面が若干大型化し、OLEDによって発色が良くなったと言われる一方で、筆者としてはジョイコン部分ももう少し改良してほしかったと感じていたりもします。

筆者は自他ともに認めるヘヴィゲーマーで、毎日スマートフォン(スマホ)向けゲーム(以下、スマホゲーム)やオンラインゲームを楽しんでいますが、ヘヴィゲーマーゆえに入力デバイスへのこだわりや思い入れも強くあります。

スマホゲームが一般に普及した現在、ゲームの入力デバイスは過去にないほどの多様化と進化を見せています。画面上に触れて操作するタッチパネルもまた、入力デバイスの1つのかたちです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はゲームの入力デバイスに焦点を当てた上でコラムを前編と後編に分け、その歴史を紐解きながらゲームと入力デバイスの深い関わりについて解説していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。